>  > ハテゲー特集 No.3『アルデンヌ〜バトル オブ ザ バルジ〜』
2008年07月14日

ハテゲー特集 No.3『アルデンヌ〜バトル オブ ザ バルジ〜』

ファミコンの光線銃シリーズはあきらかにタイトル数が少ない。
『ワイルドガンマン』『ダックハント』『ホーガンズアレイ』の計3つである。
しかし、それじゃぁいかん!と警鐘を鳴らした1人のクリエーターが存在した。
任天道のグデーリアン=ウォッケウルフ氏である。
彼が作ったゲームは残念ながら発売間際に、
市民団体からの抗議によって陽の目を見る事はなかったが、
この度氏の協力によってβ版を入手する事に成功した。

そんな訳で本日は光線銃シリーズの第4作品目に当たる筈であった、
任天道の『アルデンヌ〜バトル オブ ザ バルジ〜』を紹介します。

00412.png

解説:
『アルデンヌ〜バトル オブ ザ バルジ〜』
1989年の作品。
光線銃専用ソフトの数があまりにも少なかった為、
当時一部のユーザーが憤慨し、任天道に火炎瓶を投げつけると言う事件が発生した。
コレによって任天道のグデーリアン=ウォッケウルフは、
事件は事件として許しがたい事ではあるけれど、
多くの人達が光線銃シリーズに期待していると言う事実を悟り開発に着手する事になる。

久しぶりの光線銃専用ソフトという事もあり、当時のゲーム雑誌では大々的に紹介され、
ファミコン伝令(現在のファミ伝)などでは毎週特集記事が組まれるなどして、
ユーザーの心を期待感で満たしたものである。

ゲーム内容は、第二次世界大戦時のバルジの戦いがテーマとなっており、
プレイヤーはアメリカ兵となってドイツ軍と戦うといったもの。
その為、銃を使って人間である敵を倒すといった行為や、
戦争を扱っているなどの理由から、子供の教育上良くないとして、
市民団体などから抗議が殺到。
発売は中止になった。

説明書より:
ようこそわがぶたいへ。
キミのにんむはバルジの戦いを戦いぬき、アメリカ軍を勝利にみちびくことである。
さぁ、銃を取れ!
キミの勇気と知恵が今ためされるのだ!

ゲーム画面:

00410.png

各ROUNDの始まる前に司令官からクリア目標が伝えられる。
全15ROUNDあるが、毎回上の様なセリフしか喋らない。
ちょっと物足りない感じ。
ちなみに、上の司令官はパットン?

00411.png

ROUND3でのシーン。
このROUNDでは歩兵10、戦車1輌を撃破するとクリアとなる。
ちなみに戦車のグラフィックがファミコンにしてはとてもよく出来ているのだが、
今回見せられなくてとても残念である。

感想:
光線銃シリーズはそもそも数が少ないので、
是非ともこのゲームは発売して欲しかった。
ゲームは普通に面白いけど、少し疲れますね。
(特にROUND5での突撃兵100人撃ちは軽く死ねる)

追記:
今回、β版を提供してくれたグデーリアン氏からメールを頂きました。
当方、英語が分からないので翻訳ツールを使って翻訳しましたが少しイミフです。
なもんで、原文もそのまま載せておきます。

私は、私がしたゲームがとても好きである人がいるので私が非常にうれしく思うと思って、います。
販売になったものに関して、私が最も高い傑作であると思われるので、中止は現在、
非常に屈辱を与えられます。
そして本当である。
おお、それは無礼です。
ところで、Dragon Questはそれを超えるかもしれない傑作でしたか?
いいえ、それは誇張です。
Ahahahahaha。
現在のゲーム産業がそうの終わりと光線銃シリーズとしてさよならの状態に3個の作品、
およびそれの危惧などで結局あります。
既に。
ボディーは前述の翻訳で重要です。

グデーリアンはWokkeulfと等しいです。


I think that I am very glad because there is a person who loves game that I made and is.
As for the thing that has become sale discontinuance, now is very mortified because it is thought that I am the highest masterpiece.
True and.
Oh, it is impolite.
By the way, was Dragon Quest a masterpiece that might exceed it?
No, it is exaggeration.
Ahahahahaha.
The current game industry is as the end of so and the ray gun series after all by three works, and misgivings about it, etc. in the state of the goodbye.
Already.
The body is important in the said translation.

Guderian = Wokkeulf


ありがとうございました。
posted by 二条ジョウ at 00:27 | Comment(8) | TrackBack(0) | ハテゲー特集 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お絵かきリレーの経験が生かされててGOOD JOB!!
できれば戦車も見たかったなぁ。
それと翻訳ツールで翻訳した内容もGOODでしたよ。
ハテゲーシリーズの更なる進化に期待大です。
Posted by se at 2008年07月14日 21:15
うぉぉぉ!!!
リクエストに答えていただいて光栄でございます!!!


市民団体の抗議、、ファミ伝、それにグデーリアン氏のメールと、翻訳文…どれも最高ですー!!!

歩兵の妙なポーズもいい感じです!!
Posted by gunchang at 2008年07月15日 00:18
段々うまくなっていってますね!今後はPSのゲームも見てみたい所ですが、どうでしょうか(笑
Posted by クリームころすけ at 2008年07月15日 16:55
おおお・・・。
ジョウさ〜ん!!!
このシリーズ、どんどん続けてくださいな〜

オモロー!!!
Posted by テリー at 2008年07月15日 22:05
だんだんレベルが上がってきているシリーズですね〜(笑)

お絵かきリレーを先取りせんばかりの画面写真にやる気を感じます。
個人的にはゲームモードの2 ARMYSが同時プレイなのか順番交代のプレイなのかが気になって仕方ありません。
Posted by そうてん at 2008年07月16日 14:50
画像も解説もそれらしくて○です(^-^)v
本当にファミコンであったような感じですね
Posted by 黒猫 at 2008年07月16日 19:15
>sergeantさん

今回戦車が見せられなくてとても残念です。
ただ、実際は書けなかったからという理由だったりもしますがw
翻訳文ネタはいつかやりたかったので気に入っていただけて幸いですw

>gunchangさん

リクエストをもらった時は正直ビビリましたが、ネタを決めなくて良かったので、意外にアイディアを決めやすくて助かったりしましたw
歩兵のポーズはジークハイルみたいなw

>クリームころすけさん

PSは無理ですwww
でもファミコン以外もやってみたいですね。
昔のマイコン系とかだったら頑張れそうな気がしますw
Posted by 二条ジョウ at 2008年07月18日 01:29
>テリーさん

ハテゲー特集はネタが出てくる限り頑張ります。
そういえば、ここググッ!や謎ゲーがトンとご無沙汰のような……w

>そうてんさん

レベルもこの辺が限界かもしれませんw
やはりキャラとか背景は書くのが難しいです。
つまり全部ですがw
それはそうと、2ARMYSモードは順番交代ルールとなっています。
まぁ嘘ゲーなんで、同時プレイモードでもアリですがw

>黒猫さん

ファミコンであったような感じに見えますか!
いや〜、ありがとうございます。
今後の励みになりますw
Posted by 二条ジョウ at 2008年07月18日 01:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック