>  > No.162 ファミコン『サーカスチャリー』レビュー
2011年12月28日

No.162 ファミコン『サーカスチャリー』レビュー


1984年にコナミから発売されたアーケードゲームの移植。
サーカスチャーリーの名が示す通り
サーカスを舞台にした横スクロールのアクションゲームで
ファミコン版ではソフトプロからの発売となっております。

00972.gif

私がファミコン版に触れたのは、プレイステーションの
『コナミ80'sアーケードギャラリー』に入っていたアーケード版に触れてからでした。
また記憶は曖昧ですが、MSX版で遊んだ記憶が僅かながら残っているので
ファミコン版が一番最後に触れたサーカスチャーリーだったりします。
……記憶が曖昧なのでたぶんですが。

そんな曖昧なMSX版は置いといて
一番やりこんだのはプレステで触れたアーケード版でしたね。
アホみたいに遊びましたよホント。
プレステのやつだとゲームオーバーになるたびに
コナミ80's〜のタイトル画面から始まるのでめっちゃダルかったけど
ゲーム自体は面白くて楽しめたモノでした。

まあ、今回はファミコン版の紹介なので
あっちの方の話は控えますけども、とにかくサーカスチャーリーは面白い!

火の輪くぐり綱渡り玉乗り曲乗り空中ブランコからなる
全5ステージの演目を、ピエロのチャーリーを操ってクリアしていくのですが
複雑な操作方法を必要としないので、誰でも簡単に楽しむ事ができるゲームです。
十字キーの左右前進後退AボタンかBボタンジャンプをするだけですからね。

ただ、タイミングがとてもシビアなゲームでもあるので
簡単と言うわけではありません。
少しでもタイミングを見誤れば即アウト!
一瞬の判断が生死を分けるゲームとなっているわけです。

……とは言え、慣れてタイミングさえ掴んでしまえば
人によってはあっさりとクリアできてしまうゲームでもあります。
その為、慣れてしまうとつまらなく感じてしまうかもしれませんが
個人的には、そこからがまた面白いのもこのサーカースチャーリーの魅力だと思います。
サーカスは『魅せる』ものですから、いかに早く演目をこなし
得点を稼ぎながらゴールまでたどり着くか、今度はそこに熱くなれるのです。

00972s1.gif
火の輪くぐり

00972s2.gif
綱渡り

00972s3.gif
玉乗り

00972s4.gif
曲乗り

00972s5.gif
空中ブランコ

以上、五種の演目をこなしていきます。

ただ、アーケード版にあったトランポリン
おまけの水中トランポリンは無いので
そこがちょっと物足りないと言えば物足りないかも。

あとステージセレクトも無いので
やられる度に最初からと言うのも辛かったですね。
まあ、ヌルゲーマーですからw

……ちなみに5面の空中ブランコはいつまでたっても慣れません!

でも、全体的に良いゲームだと思いますよ。

『サーカスチャーリー』評価:☆☆☆☆
発売・ソフトプロ
ジャンル・アクション
発売日・1986年3月4日
定価・4,900


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 01:11 | Comment(4) | TrackBack(0) | ファミコン レビュー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タイミング命のゲームですか。
シビアすぎるのは困りものですけど、まだやったことないゲームなので興味が湧いてきましたよ。
来年も面白そうなゲームを捕獲・・・じゃなくてプレイできるようお互いに頑張りましょうぞ!
それでは、良いお年を。
Posted by sergeant at 2011年12月31日 18:30
>sergeantさん

タイミング命のゲームなのですが、なかなかに味わい深いゲームですよー。
興味があったら是非!

お互い、来年もガンバッテいきましょう!
また来年もヨロシクです。

よいお年を!
Posted by 二条ジョウ at 2011年12月31日 23:00
私も空中ブランコは苦手です。
1周目すらクリア安定しないです。
慣れてくると馬が面白いですね!
Posted by 名無しのゲーマー at 2019年06月20日 23:32
>名無しのゲーマーさん

空中ブランコはなかなか慣れないですよね。
競技の後ろの方という事もあって練習頻度も少ない事もあるんでしょうが、私も安定しません。
馬とか私も好きなのですが、これも後ろの方にあるので間が空くとやるまでが大変ですw
Posted by 二条ジョウ at 2019年06月23日 16:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック