2012年08月22日

No.177 メガドライブ『スーパーサンダーブレード』


00997.gif

メガドライブのローンチタイトルの一つ。

ローンチタイトルには他にもスペースハリアーIIがありましたが
どちらも3Dタイプのシューティングゲームなので
似たようなゲームが発売日に二つ並んでしまう形となってしまいました。

同ジャンルをロンチに二つ持ってくるって言うのが
セガらしくてとてもステキです。

ちなみにこのスーパーサンダーブレードは
アーケードで話題を呼んだ体感ゲームの『サンダーブレード』を
家庭用にアレンジ移植したものです。

アーケード版とは全くの別物のようですので注意が必要ですぞ!

00997s2.gif
ワンダバワンダバ……。

ちなみに、ストーリーはこんな感じ。

ゲリラ軍と交戦し第12航空偵察大隊は壊滅!
指揮官であるランツ・ゴスワーク大尉ただひとり生き残るも
ランツ大尉自身も負傷してしまった。

でも、思考連動型操縦装置を搭載した新兵器、
『スーパーサンダーブレード』なら片腕でも操縦できるから大丈夫!

……って事で、開発局員の口車に見事乗せられたランツ大尉は
部下の弔い合戦の為、スーパーサンダーブレードを発進!

今ここに、新たなる戦いが始まるのでありました!


長かったので要約してしまいましたが
ストーリーは大体こんな感じです。

……本当は、もっとセガ臭漂う感じだったりするんですけどね!

とりあえず、ゲームは3Dタイプのシューティングって冒頭にも言いましたけど
実は、3Dと2Dの2つのタイプで構成されているゲームなんですよね。
メインは3Dなので3Dって言っちゃいましたけど。。。

通常は3Dなのですが
ボスと戦う時は見下ろし視点の2Dで
3Dステージ→中ボス→3Dステージ→2Dステージ(ボス戦)と言うのが
スーパーサンダーブレードの流れになります。

00997s3.gif 00997s4.gif
左:3D 右:2D

ゲームは3Dでも2Dでも強制スクロールですが
3Dのステージではホバリングができるので
危ないと思ったら停止状態にして障害物を回避する事ができます。

3Dのステージでは、障害物がプレイヤーの行く手を邪魔してくるので
このホバリングがうまく使えるかどうかで
生存率がグッと変わってくる事であろうと思います。

ちなみに私は最初、操作がなかなか慣れなかったので
障害物にぶつかるわ、敵の弾に当たるわでちっとも先に進めませんでした。
毎回、毎回、障害物にぶつかるので、爽快感もスピード感も皆無でしたし。。。

00997s5.gif
危機一髪のホバリング!
……プロペラが当たってますけどね!

ところで、敵はゲリラ軍って事ですけど
ロボットとか戦艦とか空母とか、相当な戦力を持っておりますな!

艦隊まで持ってるなんて
最近のゲリラはなんと恐ろしいのでしょうか!

こっちは、本当に片腕でも操縦できるのかすらも怪しい
戦闘ヘリ1機だっちゅーのに!

まあ、細かい事を気にしちゃダメダメって事ですかね。

00997s6.gif
大艦隊に立ち向かう、スーパーサンダーブレード!

00997s7.gif
ロボット兵器まで保有するゲリラ軍!

なお、セガ・マークIIIの方にもサンダーブレードが移植されているようですが
そちらの方がアーケード版を基準に移植されているとかされていないとか。

私はやった事が無いのでなんとも言えませんが。。。

……と、記事を書いている途中で思い出したんですけど
私、マークIII版のサンダーブレード、持っていたんですよ!!

しかも、新品未開封の状態で!!

00997s8.jpg

スッカリその存在を忘れていましたが
私、5年前にプレイディアと共に手に入れていたんですね。

今回の記事を書いていなければ、ずっと忘れていたまんまだったかも。。。

とりあえず、アーケードとの比較は分からないのでアレですが
メガドラとの比較のつもりで、機会があればちょっと遊んでみましょうかね。

『スーパーサンダーブレード』評価:☆☆☆
発売・セガ・エンタープライゼス
ジャンル・シューティング
発売日・1988年10月29日
定価・5,800


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 00:48 | Comment(9) | TrackBack(0) | メガドライブ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
口車に見事乗せられたランツ大尉に(爆)(≧▽≦)
スーパーサンダーブレード発進シーンのワンダバワンダバ、
帰ってきたウルトラマンのマットアロー発進シーンを思い出します。(*´∀`*)
懐かしい〜。♪
って、ゲーム中のBGMじゃないですよね。
Posted by Game-PaPa at 2012年08月23日 12:07
>Game-PaPaさん

ワンダバはゲーム中のBGMじゃないですけど、イメージ的には私も帰ってきたウルトラマンですw
マットアローとこのスーパーサンダーブレード、果たしてどちらの方が性能が上なのでしょうかねw
Posted by 二条ジョウ at 2012年08月28日 01:43
積極的にホバリングした覚えがないんですけど、そのせいか落とされてばかりでした。
雰囲気的になんとなくワンダバワンダバはありですね。
でもマークIII版のアフターバーナーはありえません・・・泣きましたから。
Posted by sergeant at 2012年08月29日 22:24
どちらかというとマーク3版がアーケード寄りのようですが、アレもあまりいい話を聞きません。

アーケード版も大柄筐体の切なさか2〜3回プレイした記憶しかないんです。

結果は即死に近かったような、、、、、
Posted by そうてん at 2012年08月30日 17:58
>sergeantさん

ホバリングに気をとられて逆にやられたり、私もしょっちゅうありました。
マーク3版、ちょっとやってみましたが、んー、ってな感じですねw

>そうてんさん

アーケード寄りなだけで、デキはそうでもなかったみたいですねw
ちょこっとやってみましたが、個人的にはメガドラの方がいいですかねw
Posted by 二条ジョウ at 2012年08月30日 23:38
たしかこのスーパーサンダーブレードのスタッフはソニックシリーズの中裕司さんが担当。この時はセガの中山社長から中裕司に「スペースハリアー2かスーパーサンダーブレードのどっちかのMD作品を開発しておくれ」と依頼。中裕司さんはスーパーサンダーブレードの方を担当しました。出来れば当時の中裕司さんは出来ればMDに回転拡大縮小機能を今からでも装備しようと言ったが、中山社長からコスト面が掛かるからという事で、この回転拡大縮小機能はソニックシリーズ、スーパーモナコGP、アウトラン、テクノソフトのサンダーフォースシリーズ他多数等、メガCDで採用したとか…。 海外ではスーパーサンダーブレードはAC版の続編だと思い込んでいたらしく…、人気が高いらしいです…。
Posted by マイケル村田 at 2013年06月26日 21:29
>マイケル村田さん

ほー、海外だとスーパーサンダーブレードを続編だとおもっていたんですねぇ。
それとメガCDになって回転拡大縮小機能が搭載されて、それをフル活用したゲームも色々ありましたね。
しかし、メガドライブに搭載しようとした意見もあったとはしりませんでした。
Posted by 二条ジョウ at 2013年07月03日 00:40
16bitゲーム機戦争、海外市場での様子(1989年〜1992年)。

16bitゲーム機トップバッターはターボグラフィックス16(海外版PCエンジン)。NECとハドソンが共同開発したPCエンジンを国内外でもシェアを狙おうとするが…、NESやマスターシステムにはイマイチ効き目がなく、敗退。 次世代機2番手にして海外での16ビットゲーム機の王者、SEGA ジェネシス(海外版メガドライブ)が登場、日本では3位になっていたメガドラだが、海外での攻撃はというと…、な、何とNESやTG16を戦闘不能状態に追い込み、海外での据え置きゲーム機の主導権をSEGAが奪った! 遂に海外ではSEGAの時代が到来! 年末商戦ではニンテンドー・クリスマスをセガ・クリスマスに変化し、1990年では欧州、アジアでもメガドライブを発売し、1991年では海外でゲームギアも発売し、北米でのゲームギアは800万台売れた。 同1991年、任天堂の16bitゲーム機「SUPER NINTENDO」の発売も間近迫るが、セガはこの隙を付いて、ジェネシスのキラータイトル「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」をテレビや雑誌等でガンガンアピール、するとどうなるかなというと、ジェネシスのソニック・ザ・ヘッジホッグが発売されると分かれば、海外でのゲームソフト会社も海外でのゲームユーザーもメガドラに移住だ! もうスーパーマリオワールドなんぞ知ったこっちゃない。という事でジェネシスのシェア防衛作戦は成功。SEGAに敗北したNECは最後の切り札としてTURBO Duo(海外版PCエンジンDuo)を電撃的に導入し、セガからのシェアを強奪作戦に入る。が、もう時すでに遅すぎた…、同時期にセガもジェネシス用のCD-ROMドライブ「SEGA CD」を装備していたのだ! で反撃を食らい、TURBO Duoは木端微塵に…。結果的にNECは1993年に海外市場から16bit戦争のリタイヤを余儀なくされ、セガと任天堂の2強時代となった。 海外史上での16bitゲーム機戦争第1回戦目はここで一旦幕引きです。
Posted by マイケル村田 at 2013年09月22日 13:28
>マイケル村田さん

海外の事情は、また日本とは違いますよね。
向こうじゃメガドラ人気は不動ですね。
Posted by 二条ジョウ at 2013年09月23日 00:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック