2012年11月29日

No.185 スーパーファミコン『祇園花』


花札のうち、一般的な遊戯である、
こいこい、花合わせ、おいちょカブ三種類が楽しめるテーブルゲーム。

アーケード版の祇園花が脱衣であったのに対し
こちらはお子様でも遊べる健全仕様でありますぞ!

1009.gif

……まぁ、だからと言ってお子様が楽しめるかどうかは微妙ですが
花札で遊べるだけではなく、すごろくが遊べるモードも搭載しているので
一応、パーティーゲーム的な楽しみ方もできるゲームです。

すごろくモードは、CPUとのガチンコ勝負になるバトル
友達とかと一緒にワイワイ遊べるパーティーとに分かれます。
勿論、すごろくには花札も絡んでくる事は言うまでもありません。

バトルだと、サイコロを振り終わるたびに花札(こいこい)を行う事になり
勝つ事で再びサイコロを振る事ができます。
逆に花札の勝負で負ければ、順番がまわって来ないので
サイコロが振れず先に進む事はできません。

よほど運が悪くなければ、そこまで負け続ける事はないと思いますが
負け続けていればいつまで経っても先に進むことができないので
すごろくゲームとしてのルールは破綻しているようにも感じます。

……まあ、花札がメインのすごろくですから
それはそれで独自性があって、いいのかもしれません。

01009s2.gif

ただそんな事よりも、
すごろくゲームとしての面白さがそれほど無いので
そっちの方が辛い所です。。。

すごろくとしてのイベントと言えば
何マス進めるとか、何回休みとか、ポイントが増加するだけのイベントとか
特に盛り上がりがあるわけでもないイベントばかりですので正直飽きてきます。

ゴールを目指す事が目的なわけですが
終始花札勝負が行われますし、テンポも悪いです。
(勝負のテンポはいい)
けしてつまらないワケではありませんが、わざわざすごろくモードで遊ぶよりも
普通にフリー対戦で遊んだ方がよほど面白いですね。

01009s3.gif01009s5.gif

そもそもすごろくモードだと、ゴールする事が目的となっているせいか
コンピューターがこいこいでこいこいをしないんですよね!

だから、すぐに役ができちゃう月見や花見であがられて
こっちがサイコロを振る番になかなかならないなんて事もやはりあるわけですよ。。。
その為、こいこいとしての勝負の面白みが殆どありません。

なので、月見、花見は設定で無しにした方がいいかもしれませんね。
逆に、そういう駆け引きを楽しみたい場合はアリでもいいかもしれませんが。

ちなみに私は、こいこいをやる時、
基本、月見や花見は無しにしています。
我が父曰く、月見や花見は893のルールって事になっているので
昔から無しでやっていたんですよ。
だからそれで慣れている私には、やはり抵抗があるわけです。

まぁさすがに、

月見、花見は893のルール設定だ!

……とまでは思ってませんけどw

なお、友達とかとワイワイやって遊ぶパーティーの方ですが
こちらは、私自身が人とやった事が無いので何とも言いようがありません。

何とも言えませんが、肝心の花札を人と対戦する訳ではなく
すごろくで競っていくので
このすごろくの部分にどれぐらいの面白さがあるかによるだろうと思います。

イベントは、あってないようなモノなのに
決められたポイントを稼がないと先に進めなかったりと
それだけでも私には耐えられそうにありませんが。。。

01009s4.gif

さて、すごろくモード以外にも
大会モードやらフリー対戦なんてのもあるんですけど
実際は、それらのほうが楽しめます。

やはり、変にアレンジ的なものをやるよりも
純粋に花札をやった方が面白いです。

もちろん、モノにもよるでしょうけどね。

というか、すごろくモードの方ではなんやかんやと言いましたが
実は、花札のゲームとしては非常に優れているんですよ、コレ。

何が良いかって、こいこいにしても花合わせにしても
ゲーム的にやりやすいし見やすいのです。
次に取れる札があったら教えてくれるし
あと一枚で役が完成となる時に、それを教えてくれたりと親切な設計が良いです。

そのおかげでテンポが非常に良くなるし
時間が無い時でもサクサクと遊べるのが嬉しい限りです。

今では結構当たり前のシステムといえますが
昔のゲームだと、そんなに無かったから
初心者の入門用としても最適だったかもしれません。

あと個人的に良かったのは
花合わせにおいて、役がかなり豊富に用意されている所ですかね。

“七短”、“六短”は当たり前、
普通ではなかなか無い“クサ”などの役があるのも良いです。
特に“クサ”のルールは、なかなかゲームでは見かけないので
それがあるだけでも、ちょっとお得な感じがするゲームと言えます。

後の有名なSIMPLE1500シリーズなどの花札にも無かった役なので
古いゲームと言えどバカにはできません。
雨シマの役流しや、フケによる引き分けなど
ルール設定も事細かにできるので
本来の花合わせを遊びつくしたい人にはこちらをお勧めしますぞ。

それに、このフリー対戦や大会モードのこいこいなら
コンピューターはちゃんとこいこいしてくれますしねw

01009s6.gif

『祇園花』評価:☆☆☆☆
発売・日本物産
ジャンル・テーブル
発売日・1994年12月16日
定価・7,980


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 22:07 | Comment(4) | TrackBack(0) | スーパーファミコン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
任天堂製の花札(実物)は一応あるんですけど、ほとんど使った記憶がありません。
その点、ゲームなら細かいルールを知らなくてもよいし対戦相手を探さす必要もなく、すぐに遊べる手軽さがあります。
親切設計のゲームは遊びやすくてストレスをあまり感じさせないから良いですよね。
まぁ、すごろくモードは無かったってことでよろしいかと思います。
Posted by sergeant at 2012年11月30日 19:44
>sergeantさん

うちにも私が生まれる以前から使われていた任天堂製の花札がありますなぁ。
自分が生まれる前から任天堂製品が我が家にあったっていうのは何とも感慨深いものがあります。

ゲームは、すごろくモードを考えなければなかなかよろしいです。
勿論、すごろくモードも、人によっては楽しめるかもしれませんしね。
Posted by 二条ジョウ at 2012年12月06日 23:56
花札はサクラ大戦のミニゲームで遊んだくらいです。
それなりに楽しかったんですが、
脱衣があるとさらにヤル気がでてくるんですがね。(^m^)
Posted by Game-PaPa at 2012年12月19日 08:56
>Game-PaPaさん

私もサクラ大戦のミニゲームにはお世話になりましたw
サクラ大戦で脱衣があればもっと盛り上がったかもしれないですねw
Posted by 二条ジョウ at 2012年12月19日 23:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/304411969

この記事へのトラックバック