2013年09月05日

No.201 プレイステーション『SIMPLE1500シリーズ Vol.1 THE 麻雀』


1500円という低価格で発売されたSIMPLEシリーズの記念すべき第一弾。
全ての歴史はここから始ったのであります。

01038.gif

シンプルとうたっているだけに
余計な演出やら何やらは全く無いゲームです。

しかし、麻雀ゲームとしてダメというわけではありません。
昔から麻雀ゲームを提供し続けてきた老舗メーカーである
シャノアール製の思考ルーチンを採用しているだけに
むしろゲームとしてはちゃんと作られている作品と言えます。

安価な値段な上、しかも定評のあるシャノアールが味方に付いたとなれば
これが売れないわけがありません。
実際、最終的に100万本以上のヒットを飛ばした作品となったわけです。

また、このゲームを初めとした初期ラインナップ(囲碁とか将棋)の発売は
日頃、ゲームをやらないような層を取り込む事にも成功しており
プレイステーションの売り上げに一役買ったともいえるのではないでしょうか。

そういえば、うちの叔父も
麻雀だか将棋だかとセットでプレステ本体を買っていましたね。

01038s2.gif 01038s3.gif

このゲームは、四人打ち麻雀となっております。
初級、中級、上級と、コンピュータのレベルも三段階から選ぶ事ができ
また、自分のやりやすいルールで遊ぶ事ができます。
ルールの設定は10項目からなり、裏ドラを有りにするとか
一発を無しにするとか、色々いじれますぞ。

そしてルールを色々いじったら、あとはガムシャラに遊ぶだけです。
至ってシンプル!
あっ、申し訳程度に、背景とか牌の色を変えたりBGMの変更とかはできますな。

そんな感じのゲーム内容です。
先ほども言いましたが、思考ルーチンはシャノアール製のモノを採用しているので
とても快適となっており、また本格的な麻雀が楽しめます。
麻雀にうるさい人が遊んでも充分納得が出来るゲームと言えます。

なお元々SIMPLEシリーズは、ディースリー・パブリッシャーの前身だった
カルチュア・パブリッシャーズにサクセスが持ち込んだ企画だったようで
D3が独立する前の初期の作品には、サクセスのロゴが付いています。

まあ、ゲームの中身的には変わっていないので
あんま気にしなくてもいいかもしれませんね。
パッケージのイラストが初期とは後期で違うモノもあるので
中古で探すときは、好きな方を買うと良いと思いますよ。

ちなみに、もしSIMPLE1500シリーズの麻雀を買うなら
格段にパワーアップを果たしたVol.39の麻雀2の方が良い事を
コッソリと教えておきましょう。

みんなには内緒ですぞ!

『SIMPLE1500シリーズ Vol.1 THE 麻雀』評価:☆☆☆
発売・カルチュア・パブリッシャーズ
ジャンル・テーブル
発売日・1998年10月22日
定価・1,500


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 23:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | プレイステーション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
麻雀ゲームは、サターンでスーチーパイとスーパーリアル麻雀を・・・。(≧▽≦)

麻雀2の方が良い事は内緒ですね。
了解。( ̄^ ̄ゞ
Posted by Game-PaPa at 2013年09月06日 16:29
>Game-PaPaさん

まあ、シンプルにこだわらなければスーパーリアル麻雀とかの方が面白いには面白いですw
値段的なところを考えたら、中古なら100円ぐらいで買えると思うので、価格に見合う分は楽しめますけどねw
Posted by 二条ジョウ at 2013年09月11日 22:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/374026298

この記事へのトラックバック