2013年09月11日

No.202 プレイステーション『SIMPLE1500シリーズ Vol.2 THE 将棋』


THE麻雀に続き、今回もSIMPLE1500シリーズから。
THE麻雀と同日に発売した低価格が売りの
SIMPLE1500シリーズ初期ラインナップの一つ、THE将棋でございます。

01039.gif 01039s2.gif

THE麻雀同様、こちらもシンプルなゲームです。
余計な演出やモードなどは一切無く、
ただ将棋をやるだけに特化したゲームとなっています。

しかし、コンピューター将棋協会会長の小谷善行博士が監修を務めたゲームであり
1500円という低価格でシンプルなゲームながら、中身は本格仕様のゲームとなっています。

コンピュータの強さも三段階から選べる事ができるので
初心者から上級者まで幅広いユーザーが楽しむ事ができます。

……と、殆ど公式の受け売りですが
実際、将棋が好きなら普通に楽しむ事ができるゲームですね。
ゲームをやっていてテンポも良く、
コンピュータの思考の速さは、THE麻雀同様、なかなかのモノだと思います。
その辺の高い将棋ゲームを買うなら、これをやった方がいいぐらいではないでしょうか。

ただ、我が父にこれをやらした所、難易度・上級でも少々物足りなかったとの事。
なので、コンピュータのレベルは最大でも
そこまで手強いというわけでは無いのかも知れません。
また上級で接戦になってくると(上級に限らずかもしれませんが)、
コンピュータの思考時間もそれなりのものになり
お世辞にもテンポが良いとは言えなくなってくる場面もあるようです。

私は将棋が全然強くない人なので、そういった接戦にすらならず
もっぱら初級辺りで、サクサクと遊んでましたけどねw
ちなみに、そんな私でも初級はクリアできるので
やはり難易度的にはそこまで手強いといった感じではないのかもしれません。

あと、“待った”で二手分戻す事もできるので
初心者が、打つのにちょっとしくじっても安心ですぞ!

対局は一局ごとですが
この値段で将棋が楽しめるのなら
コストパフォーマンスには優れていますね(当時としては)。

何気に2P対戦もできるので、
あの当時、これとプレステを買ったおじいちゃんの中には
孫と一緒に遊んだなんていう方もそれなりにいたのではないでしょうか?

将棋は老若男女関係なく遊べますから!

なお、こちらもTHE麻雀同様、
パワーアップを果たしたVol.40のTHE将棋2が出ていたりします。

『SIMPLE1500シリーズ Vol.2 THE 将棋』評価:☆☆☆
発売・カルチュア・パブリッシャーズ
ジャンル・テーブル
発売日・1998年10月22日
定価・1,500


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | プレイステーション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック