2013年10月27日

No.204 ファミコン『1942』


カプコンが発売したアーケードゲームを
ファミコンに移植した強制縦スクロールシューティングゲーム。

カプコンのファミコン参入第一段目のソフトでもあります。

01043.gif

今作は、太平洋戦争をテーマとしたシューティングゲームということで
当時、双胴の悪魔として称されていた、
米陸軍戦闘機、“P38 ライトニング”がプレイヤー機となっております。

そして、太平洋戦争がテーマという事ですので
敵は勿論、枢軸のドイツ……、ではなく、なんと日本!!

まさかヤンキーを操作して
皇軍戦闘機を叩き潰すゲームを作ってしまうとは……。

ああ、何と恐ろしい。

アメリカ軍VSドイツ軍だったり、
日本軍VSアメリカ軍ならまだしも、
こっちがアメリカ軍で敵が日本軍とは!!
日本のゲーム会社だというのに、
製作者はマゾか国〇なのでしょうか!?

……とはいえ、たかがゲームなので、
その辺は度量の広さを見せる事にしましょう!

そもそも兵器の名称やら何やらが完全に日本軍というわけではないですし
架空の軍が敵であると思ってもらっていいでしょう。

さすがはカプコンです。
ちゃんと逃げ道を用意していた訳ですな!

なんというチキ……、いえ、なんでもありません、スイマセン。

とりあえず、プレイヤー機であるライトニングを操り、
日本軍モドキと戦っていくのであります。

01043s2.gif

私自身がこのゲームに持った印象は、とにかく地味だと言う事。
プレイ中、ずっとピッピッピッピッ♪と、
耳に残るけれども単調なBGMと、見た目にも派手さがない演出、
そしてこのゲームのウリの一つでもある
緊急回避システムの“宙返り”でさえ地味に映りました。

ただ、私が初めてプレイしたのが、
発売から10年ぐらいは経っていたと言う事もあるので
時期的な事を踏まえれば、
そのような印象を持ってしまった事も仕方のないことといえます。

実際、空中と地上へのショットの撃ちわけが
主流だった当時のシューティングゲームにおいて
一方のショットを、救済措置的なボタンにする事で
他のゲームとの差別化をはかっていた事はむしろ斬新的であるといえます。

また、このシステムは、危機的状況に陥った際に宙返りをして
敵の攻撃を避けることができるものですが
いわゆる、“ボム”に該当する部分です。
ボムと違って、画面全体に敵へ攻撃を食らわすものではなく、
あくまで敵の攻撃を避けるための緊急回避にしかつかえませんが
ショットの撃ち分けや、余計な演出が無い分、
今でもストイックにゲームを遊びたい時に楽しむ事ができるといえます。

なお、画面上の敵を全滅させる事ができるアイテムなどは
従来にもありましたし、このゲームにも存在しております。
また、カプコンといったら“弥七”ですが
勿論このゲームでもお目見えする事ができますぞ。


太平洋戦争がテーマなので、
ステージも全て実際に戦場となった場所です。

ミッドウェイ、マーシャル、アッツ、ラバウル、レイテ、
サイパン、硫黄島、沖縄と全32ステージからなり
超大型爆撃機『亜也虎』といったボス機も存在します。

この亜也虎は、スタッフの名前から取ったもので、
後のシリーズにも登場する事になる看板的存在になっていきますが
このボス機の存在感は、地味な印象があったこのゲームでも
ひと際、目立っておりました。

というか、この存在が無ければ、
このゲームで32ステージは耐えられないかもしれませんw

……まぁそもそも、
私が32ステージまでたどり着けられるわけもないんだけどね!

01043s3.gif
超大型爆撃機『亜也虎』
あの、富嶽を連想させるボスですな。

個人的には、やはり単調で地味という印象です。
しかし、ゲームが面白くないかといわれれば、そんな事も無く
逆にストイックにショットを撃つ快感に浸れるゲームでありましたから
個人的にはずい分楽しめたゲームでした。

ただ、盛り上がる所が特に無いので、
しばしば途中で飽きる事もありましたが。。。

『1942』評価:☆☆☆
発売・カプコン
ジャンル・シューティング
発売日・1985年12月11日
定価・4,900


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 23:28 | Comment(5) | TrackBack(0) | ファミコン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちゃんと逃げ道を用意しているとはカプコンは侮れません。
飾り気のなさで地味なゲームに見えてしまいますから、やはり長丁場はキツイかも。
ストイックに打ち込めればよいのですが私は途中で心が折れました。
Posted by sergeant at 2013年10月31日 20:19
>sergeantさん

ステージ数も膨大にあるのでやはり長丁場はきついですよね。
いつか最後までいきたいものです。
・・・腕の事もありますがw
Posted by 二条ジョウ at 2013年11月03日 18:35
1942懐かしい〜。(*´∀`*)
ステージ32まで行った記憶があります。v(^-^)

ファミコン版は既に売って手元にありませんが、
PS版とPSP版のカプコレを持ってるので、
機会を見つけて遊んでみたいです。(^-^)
Posted by Game-PaPa at 2013年11月03日 19:43
どうも、かつてポケットクラブ愛好家からHN変更しまして『紅玉(こうぎょく)』に変えました。


1942は今もPSP版のカプコンアーケードクラシックスと本家AC版でプレイしてますが、FC版の1942はアーケードより動きがキツいですね…まぁ、FC版も32面までやりましたが、最近は1943と1943改、19XXがメインにやってますけど、19シリーズの原点ですからね。
Posted by 紅玉 at 2013年11月06日 20:38
>Game-PaPaさん

おお、ステージ32まで行ったのですか!
素晴らしい。
カプコレあるならあそんでみてください!

>紅玉さん

どうもお久しぶりです。
32面までいかれたんですね!
19シリーズは後のシリーズの方が好きだったんですけど、これもたまにやりたくなる作品でした。
やはり原点ですから。
Posted by 二条ジョウ at 2013年11月08日 02:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック