2014年03月30日

No.213 セガサターン『バーチャファイター』


今作は、アーケードから移植の3D対戦格闘ゲームで
セガサターンのローンチタイトルとして発売されました。

十年早いんだよ!!

……ってセリフも懐かしいです。

ちなみに当時、セガマニアの友人と対戦して負けた日には、
必ず言われるのがコレでした。

今言われたら、

「もう10年どころか20年経ったんだよ(アーケード版は)ボケッ!!」

って言い返してやりますがね!

……そういえば、今年でセガサターン発売20周年ですね。
月日が経つのがホント早いですな。

01055.gif

3D格闘ゲームとして世に放たれ、人々の度肝を抜いてから僅か1年。
次世代機であるサターンのローンチタイトルとして発売された今作は、
間違いなく初期の傑作であり、
本体売り上げの牽引に一役買ったキラータイトルでありました。

最先端のゲームが、殆どアーケード版と遜色のない移植で
次世代機であるサターンに登場したわけですから
これからセガの時代が到来する事を信じて疑わなかった諸兄も多い事でありましょう。

それほど当時としては画期的なゲームだったわけです。

私は続編のバーチャファイター2を人並み程度にやり込んだぐらいで
無印の方は、そこまでやっていたわけではありませんが
発売当時、こういったゲームが家庭用機でできる事に
ゲームが進化した事をヒシヒシと感じました。
実際は、ドット欠けなどがあって、完全なる移植とはいきませんでしたが
それでも、私にセガサターンというハードの存在を意識させる、
その一因となった事は間違いありません。

2D格闘ゲーム時代には見られなかった滑らかな動きと、
実在する武術を取り入れた事によるリアルで奥深いゲーム性は、
他の追従を許さない圧倒的な存在感を放っていましたね。

また、十字キーと3つのボタンで操作するシンプルさは、
これまでの格闘ゲームに比べると、大胆ともいえる変化を見せ付けてくれました。
少ないボタン操作でも、これらをうまく組み合わせる事で
多彩な技やコンボが発動するので初心者にもとっつき易く、
また複雑化していた格ゲーに慣れ親しんだゲーマー達にも、
一石を投じる操作性を体現して見せたわけです。
他にも、リングアウトによる決着などといった特徴もあげられ、
これまでの格ゲー以上に戦略性が求められるようにもなりました。

後の3D格闘ゲームの礎となったといっても過言ではなく
バーチャファイターは、まさに格ゲーの転換期となった作品といえます。

01055s2.gif

今作で使用できるキャラクターは8人ですが、
裏技で最終ボスであるデュラルが使えるようになります。
私の基本使用キャラはアキラでしたが、デュラルも良く使っていましたね。

ちなみにセガマニアの友人は、私よりもずっとバーチャにハマっていて
その技を真似てリアルファイトをしかけてくる事がありました。
無印バーチャの頃は、アキラとかラウの技が多かったですね。
いやはや、当時はソレがめちゃくちゃうざかったわけですが
よくバーチャが嫌いにならなかったものだと、今更ながらに思った今日この頃でした。

あっ裏技ですが、キャラの選択画面で下上右、A+左の順に押すと、
デュラルが使用可能になりますぞ。

01055s3.gif

『バーチャファイター』評価:☆☆☆
発売・セガ・エンタープライゼス
ジャンル・格闘アクション
発売日・1994年11月22日
定価・8,800


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 19:26 | Comment(6) | TrackBack(0) | セガサターン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゲームセンターで初めて見たときも衝撃的でしたが、ワンプレイ200円も衝撃的、ワンヒットで体力ゲージ6割くらい行くのも衝撃的でした

しかし20年、、、、
年を取る訳です(苦笑)
Posted by そうてん at 2014年04月02日 12:51
このゲームの為にSSを買った人も大勢いましたよね。
あまりにも衝撃的過ぎて、あの頃はゲーム業界の未来に期待しまくりでした。

しかし・・・今改めて見ると、ポリゴンがキツですね(苦笑)
Posted by 平宮 at 2014年04月02日 22:12
私が初めて買った32ビットゲーム機。(^-^)
ちなみに、バーチャファイターはリミックスの方を買いました。
あと、極上パロディウスだ DELUXE PACKも買いました。
当時は、CDの大容量に感動してました。
懐かしい〜。(*´∀`*)
Posted by Game-PaPa at 2014年04月03日 23:26
>そうてんさん

200円ですからね〜。
慣れてないとあっちゅーまにお金が消えてしまいますねw
20年、、、早いものです。

>平宮さん

確かに、ゲーム業界の未来に期待しまくりでしたね〜。
というより、サターンの未来にw

ポリゴンは、いまだと少々きついかもしれませんね。
当時はこういうのがポリゴンだと思ってましたけど、2の進化でまたびっくりしましたw

>Game-PaPaさん

リミックスの方でしたか〜。
リミックスはすぐに店頭で安くなったので、当時は体験版的なゲームかと思っていましたw
私も、32ビット機だとこれが最初のゲーム機ですね〜。
Posted by 二条ジョウ at 2014年04月09日 01:11
たしかスーパー32Xではバーチャレーシング デラックス、スターウォーズ・アーケード、カオティクス(ドット+ポリゴン)、メタルヘッド、ステラアサルト等を初めとするポリゴンゲームが数多く発売されたが、バーチャファイターも何気、サターンだけではなくこのスーパー32Xでも発売されており、この32X版バーチャファイターこそがスーパー32X最後のソフトになるとは…。ROMカセットであるため、読み込み時間はないのが良く、グラフィックスや音楽はサターン版よりも劣る所もあるが、このスーパー32X版バーチャファイターの出来も悪くはないだろう…。
Posted by マイケル村田 at 2014年04月17日 18:35
>マイケル村田さん

32Xのバーチャファイターは、サターンのバーチャより遅く発売されたんですよね。
当時は、発売されていたことも知らなかったんですけど、後に出ていたのを知ってビックリした覚えがあります。
Posted by 二条ジョウ at 2014年04月19日 22:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック