2015年01月14日

No.228 プレイステーション『あずまんがドンジャラ大王』


あずまんが大王のキャラクターがドンジャラで対戦するキャラゲー!

それ以上でもそれ以下でもございません。

01076.gif

実は、あずまんがを初めてまともに見たのは、ここ2〜3年の事なんですけど、
ゲーム自体は前から持っていたので、完全に順番が逆になってしまいました。
でも、ドンジャラゲーとして買っていたので、その辺はモーマンタイ!
つまり、ファンじゃなくても楽しめるゲームであると。

まあ、ドンジャラのルールが破綻していなければ、楽しめないわけがありません。
勿論、原作やアニメを知っていればなお面白いです。

ぶっちゃけ、ストーリーはあってないようなものですが、
あずまんが独特のまったりとした雰囲気や、ほのぼのとした展開は、
原作やアニメを忠実に再現しているといえます。
ドンジャラの対戦では、3Dポリゴンのキャラクターが、
牌を捨てたりしてコミカルに動き回ります
し、
そのリアクションは見ていてとても楽しいものがありますよ。

01076s2.gif 01076s3.gif

まずドンジャラとは、麻雀のルールを単純化し、
キャラクターなどの牌を用いて遊ぶテーブルゲームの事
を指します。

基本は、同じ絵柄の牌を3つ1組、
それを3組揃えてドンジャラする(上がる)ように、手牌9枚で役を作っていきます


このゲームでは牌があずまんがのキャラなので、
役もこの作品に関係した組み合わせからなり、
例えば、ゆかり・ちよ・大阪で、恐怖のドライブ
智・大阪・神楽ボンクラーズという役になります。
ちなみにこのボンクラーズの役は、
3人が取ったテストの点数が103点という事から、
原作に準じて103点の得点が付くというこだわりっぷり。
原作やアニメを見ていると、役も何となく分かるし、
こういう細かい所はちょっと感心してしまいますね。

で、そんな役は全部で16種類
役に絡む事が多い牌とそうでない牌の差もある為、
若干バランスは悪いかもしれません。
また前述したように、
3Dポリゴンのキャラクターがコミカルに動き回るのは良いのですが、
一つ一つの行動にその動作が絡んでくるので、非常にテンポは悪いです。
役の数がもう少し多ければ、バランスと合わせて
多少はテンポも良くなったのではないかと思う次第です。
というか、それを抜きにしても、もう少し欲しかった……。

01076s4.gif

とにかく、このように役を揃えて点数を取っていき、
ストーリーモードなら1対戦5ラウンドを5戦、
フリー対戦なら5ラウンドを自由に戦っていく事になります。

ストーリーモードをクリアすると、
使用したキャラによって新しいキャラクターが解放されるのに加え、
CGなども取得できるので、やり込み要素も完備していますね。
運の要素も絡みますが、そこまで難しいゲームじゃないですし、
あずまんが大王好きの人なら、手軽に楽しめるかと。

予約特典で、あずまんが仕様のドンジャラ牌が一つ貰えたそうですが、
私もソレ、欲しかったなぁ……。

『あずまんがドンジャラ大王』評価:☆☆☆
発売・バンダイ
ジャンル・テーブル
発売日・2002年4月18日
定価・4,800


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 23:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | プレイステーション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は、アニメから入ってゲームソフトを買いました。(^-^)
そして、あずまんが大王のDVDを買ってしまうほどのハマりっぷり。(笑)

私も役は感心しました。
役の牌の並びを見てるだけでも楽しくなってきます。(^-^)
Posted by Game-PaPa at 2015年02月05日 19:51
>Game-PaPaさん

おお、あずまんがにどっぷりハマった口だったのですね!
それならば、ゲームもより楽しめますよね。
私もアニメを見て以降は、また違った角度から楽しむことが出来ましたよ♪
Posted by 二条ジョウ at 2015年02月12日 00:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック