2016年06月02日

懐かしのホビーパソコンガイドブックとかアーケードゲーム進化論とか


こんばんは。
本日は前回の記事(一部18禁画像を使用しているので閲覧の際はご注意を)
ちょっち話題にあがった本をご紹介します。

01108.jpg

前回、美少女だのギャルゲーだのといった本を紹介しましたが、
この『懐かしのホビーパソコンガイドブック』は、同じ監修者が手がける、
その名の通り、ホビーパソコンのガイドブックです。

当時のパソコンの実機写真や広告、それにゲームの画像などがテンコ盛りで、
ホビーパソコンと青春を過ごした人にとっては、
とても懐かしい気分に浸れるのではないかと思われる本です。

うちにも親が使っていたパソコンがあったので、
中には小さい頃に触れていた物もあったりするわけですが、
やはり、どこか懐かしい気分に浸れますね。
勿論、当時を知る人達と私とでは、
その懐かしさのベクトルが違うとは思いますが。

01108s4.jpg
パピコンの愛称でお馴染みPC-6001。

01108s2.jpg
MZ-700に不可能はないでお馴染みのそのMZ-700。

01108s3.jpg
色々なメーカーから発売された共通規格パソコンであるMSX。

この本を監修している人も述べていますが、
この本は、あくまで見せる事に重きを置いた本なので、
読み物としては物足りなさを感じるかもしれません。
なので、この本と対になる『ホビーパソコン興亡史』という本も
合わせて読むと良いかも知れませんね。
そちらは、こちらとは対照的に読み物としての部分に重きを置いているそうなので。

さて、ホビーパソコンとは関係はありませんが、
もう一つ、同じ監修者が手がける『アーケードゲーム進化論 シューティング編』をご紹介します。

01108s5.jpg

固定画面シューティングのスペースインベーダーに始まり、
スクロールや3Dシューティング、それにガンシューティングも掲載されています。
昔懐かしのモノから、わりと新しめのシューティングも載っていたので、
新旧両方楽しめるのが魅力ですね。
……200を越えるタイトルを扱っているので、
一つ一つの情報量としてはこれまた物足りなさがあるかもしれませんが。

01108s6.jpg
ソンソンとかスターフォースといった懐かしのレトロ系シューティング。

01108s7.jpg
新しめの所ではオトメディウスとかデススマイルズとか。

01108s8.jpg
スーファミなどに移植されたガンシュー、リーサルエンフォーサーズも。

などなど。
全ページカラーで掲載されております。

200を越えるタイトルって事ですが、
基本的に、シリーズタイトルならその最初の作品を大きく取り上げ、
シリーズの続編や外伝的な作品は、一枚画像に申し訳程度の掲載という形になっています。
R-TYPEを例にあげれば、初代R-TYPEはほぼ1ページ丸まるですが、
残りの作品は、まとめて1ページに凝縮した形なので、
思い入れのある作品が必ずしも満足のいく掲載のされ方であるとは限りません。
グラディウスしかり、ダライアスしかり、その他モロモロ。
続編タイトルにこそ思い入れがある人は、
手に取る際に注意が必要かもしれませんね。

ただまあ、この手の本はやはりパラパラと眺めているだけでも楽しめます。
物足りなさが無かったというとウソになりますが、それでも個人的には充分楽しめました。

ちなみに、このシリーズの続編である
『アーケードゲーム進化論 アクション編』も先日発売されたようなので
興味のある方は、そちらも合わせて手にとってみてはいかがでしょうか。

それでは本日はこの辺で。


〜関連記事〜
・僕たちの思い出が蘇る!ギャルゲー&美少女ゲームクロニクル!

懐かしのホビーパソコン ガイドブック (OAK MOOK)
前田尋之
オークラ出版
売り上げランキング: 162,179

アーケードゲーム進化論 シューティング編 (OAK MOOK)
前田尋之
オークラ出版 (2016-03-31)
売り上げランキング: 49,225

にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 23:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームがツキマトウ我の日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホビーパソコンガイドブック面白そうですね!
PC-6001シリーズがあったなんて知らなかったです。
僕が知っているのはやっぱりPC-9800シリーズからになりますね。
あとはFM-TOWNS、MSXぐらいでしょうか。

ただ知っているぐらいのレベルで使ったことがないんです(泣)

MSXって実はマイクロソフトとアスキーが共同で開発した規格だったなんて驚きです。
マイクロソフトがホビー系で参入したのはXboxが初ではなかったんですね。

売れ行きはどうだったか分かりませんが・・・。

Posted by にゃんた at 2016年06月19日 22:08
>にゃんたさん

MSXは他のパソコンが数十万する時代に、ゲーム機並みの低価格機がありましたからね〜。
MSX向けのゲームに力を入れていたコナミみたいなメーカーもありますし、当時の子供からしたら、一番とっつきやすいパソコンだったのではないでしょうか。

あと、マイクロソフトもそうですけど、ソニーが参入していた事とか、ソフトバンクのゲームがあった事とか、昔それもビックリしましたね〜。
Posted by 二条ジョウ at 2016年06月24日 00:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438517688

この記事へのトラックバック