2017年02月06日

No.253 プレイステーション『ツインビー対戦ぱずるだま』


ラブプラスやときめきメモリアルなど、
コナミの人気タイトルでもお馴染の対戦ぱずるだま。

今作は、プレイステーションで発売された、
ツインビーシリーズ初のパズルゲームであり、
コンシューマーとしては、スーパーファミコンで発売された
『ツヨシしっかりしなさい 対戦ぱずるだま』に続く作品となります。

01123.gif

ぱずるだまは、こんなゲーム


ぷよぷよタイプの落ち物パズルで、
2個1組で落ちてくる『大ベル』を同色3個以上つなげて消していくというもの。
フィールドの一番上まで“ベル”がたまると負けとなり、
逆に相手のフィールドを一番上まで“ベル”で埋めれば勝ちとなります。

『大ベル』を連鎖して消す事で、“こうげきベル”として『小ベル』
対戦相手のフィールドへ送り込む事ができ、
連鎖の応酬が勝敗を決していくといっても過言ではありません。

ただ、この『小ベル』は、
隣接する『大ベル』を消す事で、“大ベル化”する為、
これを利用して大連鎖に持ち込む事も同時に可能となっています。
つまり、危機的状況に追い込まれていても、
一発逆転といった展開も簡単に起こす事ができるわけです。

攻撃パターンもいろいろ


相手のフィールドへ送り込む『小ベル』の攻撃パターンは
キャラによっても異なりますが、
性能差は見て分かるぐらいに違いがあります。
大連鎖に持ち込まれやすい攻撃パターンと、
し難い攻撃パターンはハッキリ分かれるので、初心者同士の対戦ならば、
キャラ決めの段階で勝負はついていると言えなくもないです。
(ストーリーモードのボスなんかの攻撃パターンが良い例)

対人戦の際は、性能差が無いようなキャラ同士で戦う事をお勧めいたしますが、
逆に言えば、ハンデも付けやすいので、
上級者と初心者が対戦する際にはちょうどいいかもしれません。

キャラによっては、初心者でも大連鎖を起しやすいので、
その辺りはバランスと相談しながらって感じですかね。
あとキャラ抜きにしても、ハンデの設定もできるので、
対人戦時にはそこも相手の強さに合せてあげるといいかも。

ちなみに、攻撃パターンのエディット機能が搭載されているので、
自分好みな攻撃パターンの生成も可能ですぞ。

01123s2.gif
送るベルがバラバラなメローラ姫とかは、なかなかの強キャラ。

ツインビーが好きならこのぱずるだま?


このゲーム、ツインビーのキャラクターで遊ぶ対戦ぱずるだまとなっていますが、
アーケード版の初代『対戦ぱずるだま』も収録されているので、
1本で2度おいしいソフトであります。
反面、ロード時間が長く、全体的に快適とはいかないかもしれません。

ただ、ツインビーが他のシリーズの作品と比べ馴染みやすいって事と、
攻撃パターンが生成できるエディット機能が付いているという事で、
このぱずるだまがシリーズで一番好きだっていう知り合いがいました。
ロード時間が許容できれば、案外一番だっていう人も多いかもしれませんね。

特にこれが出た当時は、ツインビー人気も今以上だったようで、
ウインビー国民的アイドル化計画なる企画が進行中だったり、
ラジオ番組で色々やってたりとかしてたみたいですから。

私なんぞは、そんな企画があった事も、ラジオ番組の存在自体も知らなくて、
世間がシューティングのツインビー以外の所で
そんなに盛り上がっていた事実に驚いたもんですわ。

まぁそんなわけなので、単純にぱずるだまだけを求めるなら
他の作品の方がいいかもしれないけど、
ツインビーファンの人には、たまらないかもしれない作品です。

ところで、プレイ中の画面真ん中で踊るシナモン博士。
あれは、集中力かき乱されますね。……されません?

twinbeegg.gif
「ジジイwうぜー( ゚д゚)」

01123s3.gif
アーケード版の初代『対戦ぱずるだま』も収録。

『ツインビー対戦ぱずるだま』評価:☆☆☆
発売・コナミ
ジャンル・落ち物パズル
発売日・1994年12月9日
定価・5,800


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 22:40 | Comment(3) | TrackBack(0) | プレイステーション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パズル玉はときメモのイメージですね。
ツインビーのパズル玉があるなんて知りませんでした
オリジナルも遊べるなら買おうかな
Posted by 名無し at 2017年02月11日 19:36
二条ジョウさん、こんにちは。
これのアーケード版をやり込んだWildCatです。懐かしいです。
初代PS版ぱずるだまも持ってましたが、ロードが長かった印象があります(笑)

ウインビー国民的アイドル計画・・・そんなのもありました(遠い目...("= =) トオイメ目
確か声優は国府田まりこさんだったような……

ぱずるだまはときメモ版もありましたね。なんだかんだでこのシリーズは遊び倒してましたよ。
Posted by WildCat at 2017年02月12日 08:20
>名無しさん

私もときメモのイメージの方が強いですね〜。
一番やったのもときメモ版のやつかもしれませんw
オリジナルがあそべるのもそうですが、中古でも数百円レベルで買えるので、コスパも良いですよ。

>WildCatさん

どうもこんばんは。
初代のこれはやはりロード時間が長いですね。
全シリーズをやった事があるわけではないのですが、私がやった中では一番長く感じました。。。
それにしても、アーケード版をやりこんだ人だったとはさすがです。
ウィンビー国民的アイドル化計画も、当時は全然知らなかったのですが、よもやシューティングの影でこのような壮大なプロジェクトが進行していたとはビックリしましたねw
Posted by 二条ジョウ at 2017年02月16日 00:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック