>  > No.264 ファミコン『エクセリオン』レビュー
2018年08月16日

No.264 ファミコン『エクセリオン』レビュー


今日のレビューは、
アーケードから移植のシューティングゲーム。
ジャレコのファミコン参入第1弾目のソフト、『エクセリオン』です!

ファミコン エクセリオン タイトル画面

独特の操作感と2種類の武器の存在が魅力のゲーム


エクセリオンは、固定画面式のシューティングゲームですが、
疑似3Dスクロールによる背景演出が独特な雰囲気を醸し出しており、
自機の動きに慣性がかかっている事と、
性能の違う2種類の武器の存在が特徴的なゲームです。

独特な操作感


自機の動きに慣性がかかっているので、
操作した時の反応はちょいクセがあります。

移動させようとボタンを押しても、
コンマ何秒かのタイムラグが生じすぐには反応しません。
また押した後も慣性の法則に沿って動き続けるので、
独特な操作感に慣れが必要なゲームであり、
先読みも必要になってくるゲームといえます。

性能の違う2種類の武器


自機であるファイターEXには、2種類の武器が装備されていて、
連射ができない代わりに弾数制限が無く、2発同時に発射する『デュアルビーム』と、
弾数制限はあるものの、強力な連射が可能な『シングルビーム』からなります。

強力なシングルビームは、ゲームスタート時に50発が撃てる状態で始まりますが、
ぶっ放しまくるとすぐに弾が無くなる為、あまりそればかりに頼るワケにもいきません。
シングルはいざという時に取って置いて、
デュアルでコツコツとって感じなプレイも必要となってくるワケです。
また、敵を撃破すると弾数が1つずつ増えていく仕組みなので、
弾数制限の無いデュアルで弾を貯めていけば、
自然とシングルの弾数も増えるって寸法です。
デュアルを使う場面とシングルを使う場面、
そういった状況に応じた武器の使い分けが必要となってくるゲームなのであります。

ちなみに弾数制限があるシングルですが、
コレで敵を撃破しても弾数は増えます。
正確には1発消費して1発増えるのでプラマイゼロって事なんですが、
言い換えれば、百発百中でヒットしつづければ、
実は弾が減らないんですなコレが。
極限まで無駄撃ちを無くして、シングルビームだけで遊んでみるのも、
やり込みプレイとしては面白そうですね。

まあ、ゲーム自体が難しいので、私には無理そうですが!!

ファミコン エクセリオン ゲーム画面
一気にシングル放出!ズババババ!

好みがハッキリ分かれるそんなゲーム


このゲームは、左を押したら左に、右を押したら右にと、
プレイヤーの操作が瞬時に反映されるゲームではありません。

多くのシューティングゲームは、操作した通りに自由に動かせるものですが、
このゲームには慣性の法則が働いている為、思うようには動かず、
それらとは対照的なゲームです。

しかし、自由に動かせない分、敵の動きを予測し操作する事になるので、
それが自分の思う通りになってくると、今度は先読みしてぶっ放す爽快感が、
同時期のシューティングには無い味を提供してくれています。

操作感が合わず好きではないという人も多いこのゲームではありますが、
個人的には、この浮遊感に慣れてきた辺りから
見違えたようにエクセリオンが面白くなってきたんですよね!
好みにもよるので何ともいえませんが、
同じ様に、マッチする人は、
独特な操作感が逆に楽しく感じるそんなゲームなのでは無いかと。

そんな風に思う私なのでした。

『エクセリオン』評価:☆☆☆☆☆
発売・ジャレコ
ジャンル・シューティング
発売日・1985年2月11日
定価・4,500


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
レビューが気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 23:30 | Comment(0) | ファミコン レビュー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]