2014年03月21日

No.212 LSIゲーム『ドラゴンボールZ 戦慄!生物戦士』


久しぶりのLSIゲームのレビューです。

勿論、ドラゴンボールからですけどね!!

lsi008.png

超サイヤ人孫悟空と、
完全体セルの一騎打ちバトルが楽しめるLSIゲーム!

いわゆる、セルゲームの
あのバトルが楽しめるゲームなんですな。

しかも、操作できるのは悟空だけじゃありません!
なんと、セル側でのプレイもできてしまうという優れもの。
プレイヤーは、悟空かセルどちらか好きな方を選んでバトっていき
スコアを加算させていきます。

どちらを選んだ場合でもやることは同じで、相手の攻撃を避けつつ
相手に攻撃を食らわせるのがこのゲームの大まかな内容となります。

相手の体力をゼロにし倒すか、制限時間をオーバーする事で1バトルは終了。
バトルが終了するとブレイクとなり画面サイドに孫悟飯とタイムマシンが登場します。
悟空サイドなら悟飯、セルサイドなら
タイムマシンの所まで相手より早く行く事で体力を回復する事ができます。
ここで体力を回復させないと
次のバトルでは前のままの体力で戦う事になるので、けっこうキツいです。

相手からの攻撃を受け体力が完全になくなると、
ダメージマークが1個付くのですが、これが3個になると画面上部に、
“これが限界か!?”という表示が出て
コンティニューをしない限りゲームが終了となってしまいます。
なのでハイスコアを目指すなら
ブレイク時の回復はできるだけ活用したい所ですね。

そうしてブレイクタイムを終えると、次のバトルとなり、
これを繰り返して遊んでいく事になります。

なお、攻撃はアタックキーを押しながら、アクションキーの上か下で行うのですが
上キーだと上段パンチ(キック)下キーだと下段パンチ(キック)と
何気にパターンがあるので、ボタンを押せばダメージを与えられるわけではありません。
なので、従来のLSIゲームよりちょっと難しくなってる気はします。
あと、先ほどもちょろっと出てきましたが、
このゲームにはコンティニュー機能が搭載されております。
それも含めて、この手のLSIゲームとしては、
なかなかに凝った作りになっているのが印象的です。

ただ、ゲームとしてみた場合、
従来のシリーズの方が個人的には面白いと感じた作品でした。
出てくるキャラクターも極端に少なくなってますしね……。

まあ、元々コレクションアイテムとして手に入れた物ですからそれはいいんですけど、
何故セルの回復はセルJr.じゃなくてタイムマシンなんだと。

それが疑問に残った作品でしたw

lsi008a2.png


今回の更新で、
これまで紹介したLSIゲーム(ドラゴンボール)の記事の画像を
すべて撮り直しました。



にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 22:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | LSIゲーム(ドラゴンボール) | 更新情報をチェックする
2010年10月18日

No.141 LSIゲーム『ドラゴンボールZ 修業だ悟飯!めざせ天下一』


もう何個目のLSIゲームの紹介か忘れましたが
今日も今日とてドラゴンボールからの紹介です!

lsi007.png

孫悟飯を操作して、ビーデル、トランクス、悟天の攻撃に当たらないように
うまく左右にかわして特訓するゲーム!

……とどのつまり、左右によけるだけのゲームです。

まあ、キャラ物の安いLSIゲームなんてこんなものなんですよ。
酷いのになると、背景とキャラを変えただけで
全く同じゲームが売られてたりしましたしね!

でも、このゲームの凄いところは
ただ左右によけるだけのモノではないのです。

なんと、スピードコントロールができるのです!

……実は、そんなたいした機能でもないんですが
これを知っておかないと、敵の攻撃をよけている筈なのに
いつまでたっても得点が加算されないと言う事実にテンヤワンヤしてしまいます。

アクションキー(左右によける為のキー)の他に
スピードキーって言うのがあるのですが
このキーを押した状態で敵の攻撃をよけないと得点が加算されない仕様なんです。

そして、スピードキーは、押した状態だと敵の攻撃が早くなり
放した状態だと敵の攻撃が遅くなると。
うまく、スピードをコントロールしながら得点を上げていくので
実は、結構難易度が高めなんですコレ。

LSIゲームだからって舐めてかかると泣きを見ます!

ちなみに、このゲームの値段も舐めてかかっちゃいけません!
冒頭でキャラ物の安いLSIゲームだとかなんだとか言いましたが
私が買ったのは定価の値段じゃなくて8000円!!
ちっとも安くなかったのです!

いやはや、こんな物が8000円とかアリエネーって。
でも、もっとありえないのが、最近このゲームが2000円ぐらいで売られてた事。
正直、8000円で売ってた店に殺意を覚えてしまいましたw


まあ、それはともかくとして、一応、ストーリにも触れましょうか。
ストーリーは、天下一武道会目指して
悟飯、悟天、ビーデルが修業すると言うもの
です。
LSIゲームですから、ストーリーはあってないようなもの。
でも、雰囲気的にも時期的にも
悟天と修業した反射神経の特訓(石投げ)風なゲームと言えます。

00721.gif
↑この修業。

あと、ストーリーには全く関係ないのですが
ビーデルの髪型が、パケ絵とゲーム内では違うんですよ。
パケ絵ではロング、ゲーム内ではショートとなっているのです!


まさに、一回で二度おいしい仕様!


……なんて、言うと思ったら大間違い!

ロング派からしてみれば
詐欺以外の何ものでもないじゃないですか!

まぁ私は、どっちも好きだぜ派に属しているので
別にどうだっていいんですけどね!

lsi007a.png


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 23:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | LSIゲーム(ドラゴンボール) | 更新情報をチェックする
2008年04月29日

No.101 LSIゲーム『ドラゴンボールZ 兇悪フリーザ襲来!』


別にLSIゲームはドラゴンボールしか持っていないと言う訳ではないのですが
今回も紹介するのはドラゴンボールからでございます。

lsi006.png
〜ゲーム内容(箱裏の紹介文より)〜
全宇宙支配をもくろむフリーザに、一人悟空が挑みます。
縦横無尽に攻撃を仕かけるフリーザに対し、悟空を左右に動かし応戦します。
ゲーム中にパワーアップすれば高得点に!
楽しいボーナスゲームもあります。


そんな感じです。
悟空とフリーザの対決がこのゲームで遊べると。
ただLSIゲームですから、派手な戦闘シーンは期待できません。
悟空もフリーザもエネルギー弾しか使えないので非常にショボイです。
まぁそこはハナから分かりきっている事ですので、スルーするとして
問題なのはワケのワカラン仕様があるって事。
以下その仕様。
@
ドラゴンボールに近づくと悟空が死ぬ。
A
フリーザが何故か3人以上で襲ってくる。

コレどういう事だい?
ドラゴンボールに近づいたら悟空が死ぬんですよ!
フリーザが3人兄弟(あるいはそれ以上)なんですよ!
スゲーよ。
全く凄すぎるぜ!!
私はドラゴンボールファンだから、コレをいい意味で解釈したい……、
と思っているのですが、既に脳内保管は無理!!
どうあがいても疑問が付きまとってしまう。
まぁ、Aのフリーザが3人以上って言うのは
残像拳や単に分裂しているって事で考えられるのですが
@のドラゴンボールに殺されるって言うのは
もう私のCPUでは処理が重すぎて結論に導けません。

あと、楽しいボーナスゲームが通常時と何が変わっているのかが分かりません
スコアが500点になる毎にポルンガ(ナメック星のシェンロン)がでるのですが
この時にフリーザが画面上を動き回ります。
これに悟空のエネルギー弾を当てるとボーナス得点が入るのですが
結局同じ事をするだけですので何がボーナスゲームなのやらと。
楽しいボーナスゲーム以前にやる事が同じだっつうの!

……あっ、でもフリーザの表示のされ方が少し違うか。

少しだけだけど!

とまぁ、何だかんだ言いましたが、
細かいことを抜きにすれば普通に楽しめます。
ぶっちゃけこれまで紹介してきたLSIゲームと同じぐらいに。

ただ、LSIゲーム全般に言えることなんですが
電池が切れる寸前の古い物でプレイすると
激しくショボさが倍増するので、その辺は注意です!

lsi006a.png
posted by 二条ジョウ at 01:10 | Comment(7) | TrackBack(0) | LSIゲーム(ドラゴンボール) | 更新情報をチェックする
2007年11月11日

No.82 LSIゲーム『ドラゴンボールZ 出現!ギニュー特戦隊』


そろそろLSIゲームの弾数も危うくなってきましたが、まだまだ紹介していきますよ〜。
と言う事で今回もドラゴンボールのLSIゲームから。

lsi005.png

『出現!ギニュー特戦隊』と言う題名通り、敵はあのギニュー特戦隊!

体を変えちゃうギニュー!
自称宇宙一のスピードを誇るバータ!
そして赤いマグマのジース!


……なんとも強敵ぞろいじゃないですか。

でもご安心を。
ゲーム中でギニューはボディーチェンジをしてこないし
バータのスピードも他のキャラと同じだから恐怖には値しません。
ジースに至っては液晶がカラーじゃないんで
そもそも赤いのかどうかも分からんしね。

そんな事よりも、リクームとグルドが出ていない事が重要です。
いや、あまり重要じゃないかもしれませんけど、とにかく5人そろってないんですよ!
ボッタクリもいいとこです!プンプン!
何で省かれたのかと。
せめて題名が
『出現!ギニュー特戦隊!でも今回はリクームとグルド省くからね編』
みたいな感じだったら、まだ納得できたんですがね。

ゴメンなさい嘘です。
納得しないと思いますねヨケイに!
つか、別にリクームとグルドがいなくても一向に構いやしません。

ちなみに、こちらサイドは悟飯だけです。
悟空も登場するにはするんですけど
役にたっているのかがイマイチ分からないし、何してんのかも分かりません。
なもんだから事実上悟飯1人だけと言うことになります。
勿論クリリンとベジータなんて画面上にすらでてきませんよ。

しかしながら、爽快感は今まで紹介してきたLSIゲームの中では1番だと思います。
基本的に、ギニュー特戦隊の攻撃を避けエネルギー弾を放つだけのゲームなのですが
押せば押した分だけのエネルギー弾が飛ぶので
その感覚はシューティングゲームをやっているかのような錯覚に陥ってしまいます。
スターフォースとまではいかないまでも
それに似たぐらいの爽快感が味わえる事は必至です。

……とは言え、そこはLSIゲーム。
それ以上の事は期待しないでおきましょう。
期待しすぎる事は時に残酷ですからね。

ゲーム内容というより、本体に愛着がある今回のレビューでした。

lsi005a.png
posted by 二条ジョウ at 00:18 | Comment(5) | TrackBack(0) | LSIゲーム(ドラゴンボール) | 更新情報をチェックする
2007年09月07日

No.72 LSIゲーム『ドラゴンボールZ ナメック星超決戦』


lsi004.png

LSIゲームもこれで4個目の紹介ですが、あいも変わらずドラゴンボールです。

残念ながら、こちらは箱も説明書もありません。
遠い昔に私が捨ててしまったからなのですが
何で捨ててしまったんだろうと今更ながらに後悔です。

しかもこちらは、今まで紹介してきたLSIゲームの中では
一番やりこんだゲームなので本体自体もそうとう汚いです。
家でのプレイは勿論のこと、公園、トイレ、砂場……etc。
まぁ、汚れるのも無理もないですな。

それはそうとゲームですが、『ナメック星超決戦』のタイトル通り、舞台はナメック星。
ギニュー特戦隊との戦い、そしてフリーザとの戦いを描いております。

メインの操作キャラは悟飯なのですが、今回は悟飯の他にも悟空が操作できます。
対グルド、リクーム、ジース、バータは悟飯が。
対フリーザは悟空と言う様に、戦う相手によって操作するキャラも変わっていきます。

……と言っても、悟空の出番はほんのちょっとなんですけどね。
フリーザが登場した時に元気玉を放つだけ!
ただ出番は少ないにしても
ギニューが悟空の進路を妨害してくるので難しさはアップします。

孫親子の共闘が楽しめる上にギニュー特戦隊やフリーザとも戦える!
さらにはフリーザの変身も見れる!

何とも嬉しいじゃありませんか。

まぁ、LSIゲームだって事を考えればね!
posted by 二条ジョウ at 00:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | LSIゲーム(ドラゴンボール) | 更新情報をチェックする