2011年12月22日

No.161 ゲームキューブ『ドンキーコンガ2 ヒットソングパレード』


タルコンガ対応の音ゲーである
ドンキーコンガシリーズの第2弾!
その名も『ドンキーコンガ2 ヒットソングパレード』

コンガを叩いたり手拍子をとってリズムに乗る
あのドンキーコンガがより遊びやすくなって帰ってきたのであります。

00971.gif

基本的な所は前作と変わっていないのですが
音楽に合わせて適当に叩いて遊ぶ『アドリブ広場』
1つのタルコンガを使って2人で「叩き」と「手拍子」を
分担して遊ぶコンサートの『シェア』が追加されました。

また、基本の『ストリートライブ』でも2人プレイが可能となったり
ゲーム中で手に入るポイントが集めやすくなったなど改善点も見られます。
このポイントは前作でもそうでしたが、楽曲やら音色など
ゲーム中でポイントを貯めて購入する事で遊べるようになるので
集めやすくなったのは素直に嬉しい所であります。
(ちなみに前作のセーブデータがあれば、今作で音色を引き継げます)

前作は、このポイント集めが偉い苦労しましたからね……。

特にミニゲームは、全種やるのに15000ポイントぐらい集めなきゃ
遊べなかったんですけど、今作は1回毎に50ポイント払えば
遊べるシステムに変更されたので、かなり楽になったと言えます。

まあ、毎回払うのがバカらしいと思うかもしれませんが
早くミニゲームを遊べるようになったので、個人的には嬉しい改善点でしたね。

勿論、ミニゲームも新しいモノが用意されております。

00971s2.gif
上から降って来る音符を下から順番に叩いて消す、タルタルレース

00971s3.gif
最初に出てくるリズムガイドを暗記して同じ様に叩く、リズムキーパー

以上のミニゲームが遊べます。

この様に、改善点や新しいモードも追加されたドンキーコンガ2ですが
やはり残念なのは収録曲ですかね。
ヒットソングパレードと銘打っているのに
当時のヒットソングだと思われる収録曲があまりにも少ない。
そもそも、本人が歌っていないと言うのもやはり微妙ですね。

まぁでも、前作よりは選曲の幅が広がったかなとは思います。
あと、前作の時にも言いましたが
個人的にはもう少し任天堂のゲーム曲などが
選曲に入っていても良かったのになぁと思う次第です。

ゲームとしては面白いのでそこがちょっと残念ですね。

00971s4.gif

『ドンキーコンガ2 ヒットソングパレード』評価:☆☆☆
発売・任天堂
ジャンル・リズムアクション
発売日・2004年7月1日
定価・4,286


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 23:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームキューブ | 更新情報をチェックする
2011年12月04日

No.160 ゲームキューブ『ドンキーコンガ』


専用のタルコンガを使って
リズム良く演奏するニンテンドーゲームキューブ専用の音ゲーが
このドンキーコンガシリーズ

今作はドンキーコンガシリーズの第1作目。
また初のタルコンガ対応のゲームであります。

00970.gif

開発がナムコと言う事もあって
あの『太鼓の達人』と非常に良く似たゲームです。

ただ、太鼓の達人がバチを使ってリズムを取ったのに対しこちらは
ドンキーコングと言えばタルなのでタルを叩くのは当然であり
タルを叩くのにバチとかそう言うのは一切不要なのであります。

00970s2.jpg
専用コントローラーのタルコンガ。

画面右から流れてくる4種類(左・右・両方・手拍子)の音符に合わせ
タルコンガを叩く、または手拍子を打ちリズム良く演奏するのであります。

そう!
手拍子!!
ここがドンキーコンガ最大のポイント!

なんと、このタルコンガには手拍子センサーなるモノが付いているので
手拍子でリズムを刻む事だってできるのです。

ただ手拍子をするだけなのに
これがあるのと無いのとでは雲泥の差です。

タルを叩くだけと言う行為だと
太鼓のアレより劣化している感じになっちゃいますが
手拍子がある事により、太鼓のアレとはまた違ったゲーム性を醸し出しているんですね。

スパゲッティにタバスコを入れるか
入れないかぐらいの違いかもしれませんが、味は段違いでしょう!

00970s3.gif

ゲームモードは基本のストリートライブ
次から次へと曲が流れてくるチャレンジ、2P対戦のバトル
最高4人で1つの曲を演奏するフリーセッションがあります。

また、この他にも3種類のミニゲームがあり
ただ演奏するだけじゃなく、様々な遊べる要素も満載であります。
なお、このミニゲームもそうですが
楽曲やら音色など、ゲーム中でポイントを貯めて購入する事で遊べるようになります。

00970s4.gif
3種類のミニゲーム。

さて肝心の収録曲ですが、32曲となっております。
これが少ないと見るか、多いと見るかはさておき
全体的に子供向けの選曲と言った感じです。
森のくまさんとか……。

浜崎あゆみとかそう言った曲もあるにはあるんですけど
本人が歌っていないのもいただけない。
また収録されている曲自体も一昔前の曲ですので
遊ぶ人を選ぶかもしれません。

純粋にゲームとしては面白いんですけどね。

あと個人的には、せっかくの任天堂の音ゲーなので
もう少し任天堂のゲーム曲などが選曲に入っていても良かったのになぁと思います。
本人が歌っていない曲を入れるよりも、その方がうれしかったですね。

『ドンキーコンガ』評価:☆☆☆
発売・任天堂
ジャンル・リズムアクション
発売日・2003年12月12日
定価・6,800(タルコンガ同梱)


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 00:27 | Comment(3) | TrackBack(0) | ゲームキューブ | 更新情報をチェックする