2014年07月08日

No.220 ファミコン『マリオブラザーズ』


01065.gif

ファミコン初の二人同時プレイが可能なゲームにして
初めてマリオの名を冠したゲーム。
そして、弟ルイージが初登場した記念すべき作品でもあります。

画面左上と右上の土管から、カメやらカニやらハエやらが出てくるのを
床下から叩いてひっくり返し、それを蹴って粉砕していく固定画面アクションゲームです。

ちなみにカメは所詮カメなので、
一度叩いてひっくり返せばいいだけのザコ敵ですが、
カニは二度叩かないとひっくり返せません。
ハエは一度だけでいいのですが、
うるさい音を奏でながらフワフワとのんびり行動するので目障りな事この上ありません。
他にも床を凍らせるタケノコモドキの敵や、
土管からファイヤーボールが放たれたりとそれなりにバラエティーに飛んでおります。

決められた敵を全員倒すと面クリアとなりますが
最後の一匹は移動速度が早くなるので油断は禁物。
見た目の色も変わり、ボス化してしまうのであります。

……と、こんな感じのゲーム内容。

そして、このゲームの面白い部分は何と言っても二人同時プレイです。
それも協力してクリアを目指すというプレイではなく、
相手を潰して遊ぶ、一種の対戦ゲーム的なプレイが!!!!

恐らく多くの人が協力プレイよりも殺し合いで遊んだのではないかと思いますが、
下手をするとリアルファイトにまで発展する危険性を持った恐ろしいプレイスタイルでした。

……しかし、このプレイスタイルは邪道では無いんですよね。
アーケードのインストラクションカードには、
“協力するか”それとも“裏切るか”と書かれていて、
公式的にも対戦という遊び方を暗に示していたわけなんですよ。
なので、殺し合いをしても良いという免罪符を得て遊べていたわけです。

まぁもっとも殺し合いをする時は、
予めそういうルールにすると決めてから遊ぶのが良いと思います。
間違っても、

「協力プレイして今日は、進めよう!」

とか言ったのに、途中で裏切るみたいなやり方は、お勧めいたしません。
いくらマリオブラザーズは殺し合いをするものという暗黙のルールがあるにしても、
人によってはマジギレしますからね!

あと、普通に殺し合いをしてても、やり過ぎすると空気が悪くなるので、
これ以上はヤベーなって所で、一歩踏みとどまる勇気も
円満な人間関係を構築する上で必要なのかもしれません。

私、思うのですが、この手の友情破壊ゲームは、
同時に友情を育めるツールであると思うんですよね。
どこまでやったらヤベーのかっていう線引きが自然と身につきますし、
相手に花を持たせると言う空気を読むプレイも自然と覚えられるわけですから。

まぁ子供の頃は、そんなメンドクセー事を考えながらプレイした事は無いんですが!

ちなみに、ステージ中央にあるPOWブロック(パワー床)は、
叩くことで画面全体を揺らし、複数の敵をひっくり返したり、
逆にひっくり返っている敵を起こす事ができるので、
これを利用して相手プレイヤーを殺す事もできました。
ひっくり返っている敵を踏みつけようとした所を、
パワー床で復活させて、相手プレイヤーを殺すみたいな。

まあ、一口に殺すと言っても、色々と殺る方法はあるわけです。

ところで、やり過ぎると喧嘩になって険悪な空気になってしまうとは言ったものの、
そこまで深刻な事態になった事はありませんでしたね。
アイスクライマー(過去記事参照)の時同様、
何だかんだで、喧嘩しながらも楽しくプレイしたものです。

01065s2.gif

なお、三年前にイマしようの特別企画として行われた10番勝負では、
このマリオブラザーズで死闘を繰り広げました。
懐かしい……(´・ω・`)

〜関連記事〜
・イマしよう No.30 特別編〜第9戦 敵か味方か!?マリオブラザーズの大乱戦!〜

『マリオブラザーズ』評価:☆☆☆☆
発売・任天堂
ジャンル・アクション
発売日・1983年9月9日
定価・3,800(後に4,500)


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 00:03 | Comment(5) | TrackBack(0) | ファミコン | 更新情報をチェックする
2014年06月07日

No.218 ファミコン『熱血高校ドッジボール部』


熱血硬派なくにおくんがスポーツゲームとして帰って来た!

って事で、くにおくんシリーズの第二弾は、
不良テイストを全面に押し出していたヤンキーアクションゲーな前作とは異なり
なんと、スポーツゲー。
しかも、不良には似つかわしくない、ドッジボールであります!

893の事務所にカチコミをかけていた、くにおらしからぬ健全ぶりですな。

まぁでも、そこは不良達がやるドッジボールって言うことで、
普通のルールに則ったものではない、独自ルールが適応されておりますが。

即ち、ボールを相手に当てヒットを狙う通常ドッジではなく、
相手の体力をゼロにするまでボールをぶち当て全員を天に屠り去るといった
超ウルトラクレイジーな、チームデスマッチゲームなのであります!!

弾平ルールで育った、スーパードッジ世代な私には、
ちょっと何を言っているか良くわかりませんが、
とにかくそんな独自ルールが適応されたドッジに青春をかけ、
くにお達、熱血高校の面々は、世界各地にカチコミをかけていくのであります。

……あっ、ぜんぜん、健全なスポーツゲームじゃなかったわ(´・ω・`)

01062.gif

元々は、アーケードゲームとして、稼動していたゲームです。
私もこのゲームは、駄菓子屋に置いてあった筐体でプレイしたことがありますが
ぶっちゃけ、このゲームに関してはファミコン版の方が好きでしたね。

アーケード版だと、色々制限があってキツかったのですが、
大幅なアレンジが施されていたファミコン版は、ずいぶん遊びやすくなっていました。
くにお以外のチビは殆ど空気でしたが、キャラに個性付けもされたので
くにお一強、後くにおの盾的な内容が一転、キャラそれぞれに能力が振り分けられ、
また敵チームごとに得意とする戦法などの能力の差別化も図られており、
非常にバランスの取れたゲームへと進化を遂げています。
特にファミコン版の多彩な必殺シュートの存在は、バトルをより熱くさせてくれました。

各キャラクターはそれぞれ基本2種類ずつの必殺シュートを持っており、
ダッシュして7歩目で投げると放てるダッシュ必殺シュート
ダッシュジャンプして降下を始めた瞬間で放つ、
ダッシュジャンプ必殺シュートといった必殺シュートがあります。

個人的にくにおのダッシュジャンプ必殺シュートである、
ナッツシュートなどは特に使用頻度が高かったものです。

あと、ナイスシュートといったスピードや威力が通常より高い、
必殺シュートとは別のシュートもありますが、
とにかく多彩な技が豊富で、単純な投げ合いでは終わらない所が面白いゲームですね。

対CPUのみならず対人戦でも遊べますし、
熱血高校のメンバー一人を操作して、自分以外みんな敵というルールでぶちのめしていく
『クラブ活動』という、バトルロワイヤル的な最大4人対戦が可能なモードもあるので、
より白熱としたバトルを楽しむことも可能ですぞ。

01062s2.gif 01062s3.gif

その後、この熱血高校ドッジボール部は、ゲームボーイやPCエンジン、
それにスーパーファミコンなどにも移植され、
海外では、発売元のテクノスジャパンが倒産寸前に発売した
ネオジオ版も出回っていたらしいですね。

幻のネオジオ版、どんなデキか気になるところですなぁ。。。

ところで、テクノスジャパンが倒産した事により、
熱血高校ドッジボール部は、その後しばらく作られなくなってしまいましたが、
アトラスから2001年に発売された『爆熱ドッジボールファイターズ』
2002年に発売された『虹色ドッジボール』は、
この熱血高校ドッジボールを作ったスタッフが関わっているらしいですね。

『虹色ドッジボール』なんて、美少女育成ドッジボールになっていて、
ヤンキーゲーな雰囲気は微塵も残っていませんでしたが、
ゲームはまんま熱血高校ドッジボール部でしたね。

機会があれば、いつか紹介したいと思いますです。

『熱血高校ドッジボール部』評価:☆☆☆☆☆
発売・テクノスジャパン
ジャンル・スポーツ
発売日・1988年7月26日
定価・5,800


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 19:42 | Comment(9) | TrackBack(1) | ファミコン | 更新情報をチェックする
2014年03月02日

No.210 ファミコン『フロントライン』


歩兵の本領ここにあり!
ピストルを片手に手榴弾を投げまくりながら敵陣に突撃する、
鬼軍曹が主人公のミリタリーゲーム!

鬼軍曹って言うか、ベトコンにしか見えないですケドね!

01053.gif

ベトナム戦争が題材なのかどうかはさだかではありませんが
そんな雰囲気が漂っているフロントライン。
出てくる敵キャラも、主人公の色違いのベトコンもどきです。

そんな色違いのベトコン共を蹴散らし、前進、前進、また前進!
テケテケテケテケ♪という軍曹殿の歩く音が、
単身突撃するという勇ましさとは対照的に、どこか頼りなさを醸し出しております。
というのも、このゲームにはBGMが無いので、
このテケテケとか銃撃音や爆発音だったりが無音の中で響き
銃を撃ったり何しても、妙に物悲しい雰囲気で包まれるわけです。

また、画面上に敵が二人以上でてこなかったり
戦車や装甲車のグラフィックが完全にやっつけだったり
見た目の変化に乏しいマップに加え、
そもそも主人公の色違いベトコンもどきしか敵兵がでてこなかったりと
あまりにも派手さが無く、言ってしまえばショボイゲーム内容に
戦争とはこうも虚しいものだと、
ゲームを通して教えてくれているのではないのか
と思ってしまう程。

しかし、そんなわけがあろうハズは無いので、
ただただ、このゲームに対しての虚しさがつのるばかり……。
残念ながら、私の心には何も響いてきませんでした。

とはいえ、ゲームは普通に遊べるレベル。
こういうものだとわり切ってプレイすれば、
サクサク進むので、ものの5分足らずで全クリすることができます。

まあ、サクサクと進みすぎて5分足らずでゲームが終わるのは
そもそも内容が薄いのではないのか?

……と思ってしまいますけど、
一応、クリアすると難易度が高くなった状態で2周目が始るので
飽きていなければ、何度も楽しむ事はできます。

01053s2.gif
画面には敵が二人以上出現しないので、対処は楽。
初見でもそこまで手こずる事はないぐらいの難易度です。

ところでこのゲーム、道中に放置されている戦車や装甲車に乗る事ができるのですが
その中でも戦車はまさに無敵!
被弾し煙が吹いても、一度降りて再度乗ると、
あら不思議、戦車は無傷な状態に戻るのであります。
これを繰り返せば戦車無双も夢ではなく、
鉄牛の獅子奮迅の勢いに、いやが上にもテンションは高まります。
BGMが無いので、バックにテンションが高まるような曲、
そうですな、『軍神西住戦車長』の歌とか流せば、
気分は戦車長さんになること請け合いです。
ゲームの地味な感じもきっと払拭してくれる事でありましょう。

……たぶん。

まあ、敵陣地に突っ込む際は、戦車から降りるのは必須ですけどね!!

01053s3.gif
最後の陣地は、手榴弾でのみ破壊可能。
破壊すると、敵兵が白旗を掲げるぞ!

そんなわけで、自分自身で楽しみ方を見出して
プレイするのがよろしかろうと思います。

『フロントライン』評価:☆☆
発売・タイトー
ジャンル・アクション
発売日・1985年8月1日
定価・4,500


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 19:04 | Comment(4) | TrackBack(0) | ファミコン | 更新情報をチェックする
2013年10月27日

No.204 ファミコン『1942』


カプコンが発売したアーケードゲームを
ファミコンに移植した強制縦スクロールシューティングゲーム。

カプコンのファミコン参入第一段目のソフトでもあります。

01043.gif

今作は、太平洋戦争をテーマとしたシューティングゲームということで
当時、双胴の悪魔として称されていた、
米陸軍戦闘機、“P38 ライトニング”がプレイヤー機となっております。

そして、太平洋戦争がテーマという事ですので
敵は勿論、枢軸のドイツ……、ではなく、なんと日本!!

まさかヤンキーを操作して
皇軍戦闘機を叩き潰すゲームを作ってしまうとは……。

ああ、何と恐ろしい。

アメリカ軍VSドイツ軍だったり、
日本軍VSアメリカ軍ならまだしも、
こっちがアメリカ軍で敵が日本軍とは!!
日本のゲーム会社だというのに、
製作者はマゾか国〇なのでしょうか!?

……とはいえ、たかがゲームなので、
その辺は度量の広さを見せる事にしましょう!

そもそも兵器の名称やら何やらが完全に日本軍というわけではないですし
架空の軍が敵であると思ってもらっていいでしょう。

さすがはカプコンです。
ちゃんと逃げ道を用意していた訳ですな!

なんというチキ……、いえ、なんでもありません、スイマセン。

とりあえず、プレイヤー機であるライトニングを操り、
日本軍モドキと戦っていくのであります。

01043s2.gif

私自身がこのゲームに持った印象は、とにかく地味だと言う事。
プレイ中、ずっとピッピッピッピッ♪と、
耳に残るけれども単調なBGMと、見た目にも派手さがない演出、
そしてこのゲームのウリの一つでもある
緊急回避システムの“宙返り”でさえ地味に映りました。

ただ、私が初めてプレイしたのが、
発売から10年ぐらいは経っていたと言う事もあるので
時期的な事を踏まえれば、
そのような印象を持ってしまった事も仕方のないことといえます。

実際、空中と地上へのショットの撃ちわけが
主流だった当時のシューティングゲームにおいて
一方のショットを、救済措置的なボタンにする事で
他のゲームとの差別化をはかっていた事はむしろ斬新的であるといえます。

また、このシステムは、危機的状況に陥った際に宙返りをして
敵の攻撃を避けることができるものですが
いわゆる、“ボム”に該当する部分です。
ボムと違って、画面全体に敵へ攻撃を食らわすものではなく、
あくまで敵の攻撃を避けるための緊急回避にしかつかえませんが
ショットの撃ち分けや、余計な演出が無い分、
今でもストイックにゲームを遊びたい時に楽しむ事ができるといえます。

なお、画面上の敵を全滅させる事ができるアイテムなどは
従来にもありましたし、このゲームにも存在しております。
また、カプコンといったら“弥七”ですが
勿論このゲームでもお目見えする事ができますぞ。


太平洋戦争がテーマなので、
ステージも全て実際に戦場となった場所です。

ミッドウェイ、マーシャル、アッツ、ラバウル、レイテ、
サイパン、硫黄島、沖縄と全32ステージからなり
超大型爆撃機『亜也虎』といったボス機も存在します。

この亜也虎は、スタッフの名前から取ったもので、
後のシリーズにも登場する事になる看板的存在になっていきますが
このボス機の存在感は、地味な印象があったこのゲームでも
ひと際、目立っておりました。

というか、この存在が無ければ、
このゲームで32ステージは耐えられないかもしれませんw

……まぁそもそも、
私が32ステージまでたどり着けられるわけもないんだけどね!

01043s3.gif
超大型爆撃機『亜也虎』
あの、富嶽を連想させるボスですな。

個人的には、やはり単調で地味という印象です。
しかし、ゲームが面白くないかといわれれば、そんな事も無く
逆にストイックにショットを撃つ快感に浸れるゲームでありましたから
個人的にはずい分楽しめたゲームでした。

ただ、盛り上がる所が特に無いので、
しばしば途中で飽きる事もありましたが。。。

『1942』評価:☆☆☆
発売・カプコン
ジャンル・シューティング
発売日・1985年12月11日
定価・4,900


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 23:28 | Comment(5) | TrackBack(0) | ファミコン | 更新情報をチェックする
2012年04月17日

No.170 ファミコン『ドンキーコングJR.の算数遊び』


ファミコンでお勉強ができてしまう学習ゲーム!

……実際、本気で勉強がやりたくて
このゲームに飛びついた子供がいたかどうかは知りませんが
ファミコンを買ってもらう為の手段として
多くの子供達が飛びついたゲームであったようですね。

「ファミコンで勉強ができるんだよ!」

……ってね。

このゲームの発売日は1983年の12月12日ですが
任天堂もクリスマス商戦前にこのゲームを持ってくる辺り
やはりちゃんと考えておりますな。

ファミコンで勉強ができると言う事と
クリスマスのプレゼントと言う事で、親の財布の紐も緩くなるというものでありますからな!
まんまと親をそそのかして
見事ファミコンをゲットした人も多い事でありましょう。

00987.gif

さて、ドンキーコングJR.の算数遊びと言う事もあって
算数の問題を解いていくゲーム内容となっています。
キャラやステージは先に発売された『ドンキーコングJR.』を元に構成されており
大きく分けて2つのゲームで遊ぶ……、もとい学ぶ事ができます。

一つは、「CALCULATE A」「CALCULATE B」
中央のドンキーコングが示す数字になるように
数字や記号を取って計算していく2人用のゲーム。

AとBの違いは難易度だけで内容は一緒です。

00987s2b.gif

もう一つは、「+−×÷EXERCISE」
計算式を解いていく算数ドリルの様なゲーム。

こちらは1人用です。

00987s3b.gif

ぶっちゃけ、「CALCULATE A」と「CALCULATE B」のゲームは
勉強がどうとか言う以前に、かなり白熱します。
友達と一緒になってプレイした日には
教育用のゲームと言う事を微塵も感じさせない対戦ゲームと化すわけです。

相手より早く計算して答えを導き出す事よりも
相手の取ろうとしている数字を妨害する事に情熱を注ぐわけですから
それも当然と言えましょう。

特に当時としては、友達と対戦できる様なゲームがまだそんなに無かった事もあり
多くの子供達がこう言ったゲームを利用して友達と遊ぶ事を覚えていったんでしょうね。

それはつまり、算数だけではなく
基本にとらわれない柔軟性をもこのゲームで学ぶ事ができたと。

まあ、それは言い過ぎかもしれませんがね!

『ドンキーコングJR.の算数遊び』評価:☆☆☆
発売・任天堂
ジャンル・学習
発売日・1983年12月12日
定価・3,800(後に4,500)


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 23:40 | Comment(6) | TrackBack(0) | ファミコン | 更新情報をチェックする