2010年09月15日

No.138 プレイステーション2『桜坂消防隊』


仲間と協力しながら、消火活動や人命救助を行い
尚且つ、連続放火事件の真相を究明していくと言う
謎解き要素も含まれたアクション・アドベンチャー。

それが桜坂消防隊!

プレイヤーは、桜坂消防署の若き消防士、本条大地となって
桜坂で起こる連続放火事件に関わっていきます。

00691.gif

火災現場での消火活動はまさに命がけなんだよ!

……って、なんだか分かった気になっちゃう様なそんなゲーム。
四方八方から襲い掛かってくる炎を相手に
仲間と共同して鎮火していく……、そんな姿を見ていると
ゲームとは言え、いやはや本当に大変な仕事なんだな〜と思ってしまいます。

ゲームは、ストーリーに沿って進行していくステージクリア型です。
火災現場での消火活動、生存者の救助、遺留品の回収を行うアクションパート
ステージクリア後に救助者からの証言や仲間達の会話
遺留品の鑑定などを行うアドベンチャーパート
に分かれます。

遺留品や救助者の情報によってシナリオが分岐していくマルチ仕様なので
救助者の証言や証拠品が不十分だったりすると、事件の真相は闇に消えてしまいます。
また、遺留品などをうまく回収できたとしても
証拠品として提出できる数は決まっている上に、事件に関係の無い物まであるので
自分自身で推理しながら選別する事が求められます。
これがまたアクションパート以上に一筋縄ではいきません。
そもそも、救助や遺留品の回収などは火災現場で行うので
消火にモタついていたらロストしちゃう可能性だってあるわけですから。
ただ、このゲームは、何も考えずに進めていくだけでもクリアする事が可能です。
最初のうちは消火活動を純粋に楽しむだけでも面白いかもしれません。

00692.gif00693.gif

で、肝心のアクションパートですが
なにも主人公1人が荒れ狂う炎の中で消火活動したり
遺留品を回収したりするわけではありません。
出だしでもちょっと触れましたが、仲間と協力し進めていくのです。
主人公と行動を共にする隊員に加え、救助隊医療班
そして、応援を要請すればポンプ車消防ヘリなども協力してくれます。

基本、1人でできる事には限界があります。
と言うより、今作はチームワークアクションを売りにしているので
嫌でもチームの協力が必要になってきます。
各フロアの火災が起きているエリアには延焼率と言う概念があって
100パーセントになると「ロスト」状態になって消火不能になります。
一部屋一部屋を自分の力だけで消していくのには無理がある為
俺はこっち、お前はあっちと、的確に指示を出していく必要があるのです。
協力しないと動かせない障害物や、早く鎮火しないとヤバイ!って時には
迷わず、救援したり救援に向かわせるように指示するってワケ。

まあ、この指示をちゃんと聞いてくれれば言うこと無しですが
たまに指示を無視したりするヤカラがいるんですよね。
指示を出したのに同じ部屋でウロチョロしてたり
そうかと思えば、いつの間にやらくたばってたりとか……。
くたばった時にはこちらが助けに行かなければいけないし
ホント、チームワークアクションって言う事を思い知らされます。
ただ、ステージによっては隊員が三人の時もあるので
自分は動かないで、そいつに倒れた奴を救助させるって手もありますけど
最悪なのは、その助けに行った隊員もくたばった時なんですけどね!

00694.gif
ちんたら消火活動してたら、遠くの方で爆発音が!!
延焼率が100パーセントになるとロスト状態になるのです。
そして、部屋にいた要救助者も、証拠品も二度と……。

00696.gif
仲間に指示を出して、消火活動に当たります!
指揮官が優秀な部隊は、それだけ多くの人命を救う事ができるわけですね!

00695.gif
仲間が倒れたので指示を出して救助させようとしたのですが
みんな無視するので自ら仲間を助けました!
現場ではこうした理不尽な事も起きますが楽しいものです。

なお、ステージによって、チームのメンバーや人数が違うように
装備する放水ホースにも違いがあります。
基本のホースインパルスとか言うホースに分かれるのですが
基本のホースは、集中的に狭い範囲を狙うストレート放水
威力は弱いけど広範囲で消火できる噴霧放水の切り替えができ
インパルスは威力は強いけど充填に時間がかかるなどの違いがあります。
ストーリーモードでは装備を自由に変えることはできませんが
フリーモードやコンビモード、それにサバイバルモードでは
装備以外にもステージなどを自由に設定して遊ぶ事ができます。

また、ストーリーモードでは1人でもくもくと遊ぶ事になりますが
友達同士で遊べるコンビモードやサバイバルモードはかなり面白いです。
特に、協力して遊べるコンビモードは病み付きになったぐらいでした。

全体的に良くできているゲームです。
チームアクションなので指示を出したりするのが
多少メンドーだったり、ちょっと煩わしさもありますケド。
とは言え、そこが今作の魅力。
普通のアクションゲームに飽きて
ちょっと目新しいゲームをやってみたい方にはお勧めできる一本です。
今だと、中古で1000円は切るんじゃないでしょうかね?
私も1980円ぐらいで買ったんですけど値段以上に楽しめたゲームでした。
絶体絶命都市風なゲームが好きな人にもお勧めです。

『桜坂消防隊』評価:☆☆☆☆☆
発売・アイレムソフトウェアエンジニアリング
ジャンル・チームワーク・レスキューアクション
発売日・2004年6月10日
定価・6,800

posted by 二条ジョウ at 21:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | プレイステーション2 | 更新情報をチェックする
2010年01月23日

No.124 プレイステーション2『SEGA AGES 2500シリーズVol.18 ドラゴンフォース』


個人的にドラゴンフォースは
当時サターンで死ぬほどやり込んだゲームです。
キャラ全員を2回ぐらいはクリアしてますし、縛りプレイにも挑戦しました。
私にしては珍しく、それはもうカスカスになるまで遊びつくしたんですよ。

今回はサターンを出すのがメンドイのでPS2版の紹介ですが
ハッキリ言って遜色はありませんのでご安心をば。

00566.gif

ドラゴンフォースは
リアルタイムで進行していくシミュレーションRPGです。
全八ヶ国の中から自分が統治する国の君主を選び
レジェンドラ大陸を平定していきます。

簡単に言えば、「信長の野望」とか「三国志」みたいな
国取りゲームだと思っていただければよいです。
そこに武将を育てていくRPG的な要素が加わっているものだと。

ただ、信長とかだと、内政が重視されていますが
ドラゴンフォースの場合は、内政でできることは限られています。
アイテム探しと城の増築、あと褒美を与えたり、武将や捕虜と会見したりするぐらい。
内政モードはほんとシンプルなので、頭を使う必要がありません。

00568.gif

ドラゴンフォースの大まかな内容としては
先にもあげた内政と、リアルタイムで進行するフィールドモード
そして敵と戦う戦闘モードからなっており
フィールドモード上で敵と接触したり
敵城を攻めることで戦闘モードへと移行します。

ドラゴンフォースの最大のウリであるのがこの戦闘モード。
最大100対100の兵士がリアルタイムで戦う様は見ていて圧巻です。
兵士のタイプも10種類におよび
敵との相性に応じて兵種を使い分けながら
武将技の使い所を考えたり、陣形を駆使したりして戦います。

この戦闘によって武将を鍛え、育てていくのですが
終盤ぐらいになると、配下武将が軽く100人を超えるので育てるのだけでも一苦労です。
しかも、キャラがそれぞれ魅力的な個性を持っているので
メインキャラではないにしろ、蔑ろにする事がためらわれてしまいます。
ここが辛い所です。
お気に入りのキャラを育てていくか
バランスよく育てていくかは好き好きですが
メンドクセー場合は、ある程度メインキャラで育てていくのが一番良かったりします。

なお、自国以外の君主も、攻略していくと全員が配下に加わります。
最終的に、この星竜の八戦士と呼ばれる君主達と共に、邪神と戦うので
終盤は、この八戦士が嫌でもメインで使うことになってしまいますけどね。

00569.gif00567.gif

とにかく、分かりやすいシステム、内政の煩わしさがない
戦闘モードは己の戦術を駆使できるので飽きもこず
そしてキャラの魅力とどれをとっても一級品です。
しかも、PS2版はグラフィックも一新され
よりビジュアル面での強化もされており、言う事ありません。
勿論、サターンオリジナル版でのプレイも可能ですし、まさに至福のひと時です。

まぁ、終盤に向かうにつれ、多少、内政とかがかったるくもなってきますが
極端な話、無視する事もできるので大丈夫!

個人的に、このゲームが一番好きな理由は
純粋に領土を広げていく、その楽しさです。
領土を広げていくと、勢力図もそれに反映されて見ることができ、

「ふむ。我が軍は今コレだけの領土を占領したのじゃな」

みたいな、感覚が楽しめるのです。

分かりやすく言うと、地理の時間に
地図帳を塗り潰して領地を広げていく真似事をして遊んだあの感覚です。
誰もが一度はやったことがあるのではないかと。
これが授業中の暇つぶしには持ってこいなんですよね。
まぁ、分かる人には分かるし、分からない人には分からないかと思います。
そんな感じの楽しさがドラゴンフォースで味わえるわけです。

ちなみに、こんだけ絶賛しといて言うのもなんですが
2はいまだ未プレイだったりします。
サーセンw

『SEGA AGES 2500シリーズVol.18 ドラゴンフォース』評価:☆☆☆☆☆
発売・セガ
ジャンル・シミュレーションRPG
発売日・2005年8月18日
定価・2,500

posted by 二条ジョウ at 13:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | プレイステーション2 | 更新情報をチェックする
2009年05月10日

No.116 プレイステーション2『SIMPLE2000シリーズ Vol.1 THE テーブルゲーム』


シンプルシリーズって、それ単体目的では買わないんですが、
アレとついでに……、みたいな感覚でつい買っちゃうんですよね。
お値段的にも手ごろだし。

で、その結果、いつの間にやらシンプルシリーズだらけになっちゃって、
もうせっかくだからこのシリーズ全部集めちゃえ。
……みたいな感覚に陥っちゃうわけですよ。
私もその1人でした。

……まぁ、私の場合、
クソゲばっか連続で当たっちゃったもので、
20本ぐらい購入して目が覚めたわけですが。。。

で、そんなシンプルシリーズのPS2第1弾目の作品が、
「SIMPLE2000シリーズ Vol.1 THE テーブルゲーム」です。

00475.gif

おいちょかぶ、花合わせ、こいこい、ポーカー、ブラックジャック、大富豪、
リバーシ、囲碁、五目並べ、麻雀、将棋、
11種類のゲームが遊べるお得なソフト。

この手のゲームは思考ルーチンさえしっかりしていれば、
それなりには遊べるものですので、
SIMPLE2000シリーズの中では良作の一つと言っていいでしょう。
ルールが分からなくても遊び方が学べる講座など、
初心者でも安心して遊べる作りはSIMPLEシリーズと言えどもぬかりはありません。

しかし、それだけに終わらないのがこの「THE テーブルゲーム」。
異世界にワープしてしまったガールフレンドを
取り戻す事が目的であるストーリーモードでは、
大局場やトーナメントで稼いだお金でお城を建築したり、
コレクション感覚で集めるトロフィーなど、
無駄にやり込める点もまたぬかりはありません。
何気に「THEテーブルゲーム 世界編」へとストーリーが続いたりします。

まぁ、11種類も入って2000円なら買って損はないと思います。

00476.gif00477.gif

『SIMPLE2000シリーズ Vol.1 THE テーブルゲーム』評価:☆☆☆
発売・ディースリー・パブリッシャー
ジャンル・テーブル
発売日・2001年5月31日
定価・2,000

posted by 二条ジョウ at 14:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | プレイステーション2 | 更新情報をチェックする
2008年05月18日

No.102 プレイステーション2『鉄拳4』


友人と格ゲーで対戦をして泣きをみないために、
せっかくアーバンチャンピオンで修行を積んだというのに
未だ勝負する機会が訪れていません。
(詳しくはこちら)

あれから1年以上経ったと言う事もあり私の力量もそれ相応に上がっている筈です。
後は決戦を迎えるだけだと言うのに奴らめ臆したのでしょうか?
そんな訳でアーバンチャンピオンをこの1年間で50時間以上もプレイした私が、
そろそろ我慢の限界と言う事もあり訓練の成果を肌で感じるために一路ゲーセンへ。
何か色んな格ゲーがありましたが、少なくてもアーバンチャンピオンはないみたいです。
しかし、全ての道はゲームに通じていると誰かが言ったように、
アーバンチャンピオンでの訓練も同じ格ゲーと言うカテゴリである以上、
成果は充分に期待できると確信した次第であります。

とりあえず、
・ザキングオブファイターズ'98 アルティメットマッチ
・アルカナハート2
・メルティブラッド アクトカデンツァ


をプレイ。
しかし何がいけなかったのか見事に玉砕。
アーバンチャンピオンでの訓練もむなしく一歩も及びませんでした。
つか、言っておくけど、
私アーバンだけをひたすらプレイしていた訳じゃないんだよ。
この1年色んな格ゲーをやったさ。
新規に購入したのだって10本以上はある。
その中にはアルカナだってKOFだって入っていたのにだよ!!

……じゃあ、何で力が及ばなかったんだろうな。
あっ!
私がヘタッピだからかw

と言う訳で、
今日はヘタッピな私が修行の為に用いた格ゲーの中から、
PS2の『鉄拳4』を紹介したいと思います。

00373.gif

鉄拳シリーズは私プレステの1以来ですが、
アレはそんなにプレイしたって訳じゃないから、
この4をプレイした時は結構新鮮な気持ちになれました。
まぁ、新鮮もクソも格ゲー自体そんなにやらない(最近は変わりつつあるけど)ので、
他の格ゲーをプレイしてもそんな気持ちになったんじゃないかなって思います。
ただ、バーチャは学生時代良くやってたけど。
あと格ゲーでもドラゴンボールとか、
いわゆるキャラゲーって呼ばれる物もね。

とりあえずこのゲーム、率直に言うと結構ハマッタ。
前作未プレイなので前のと比較して紹介できないけど、
少なくても1以来な私にとっては非常に好感触でした。
まず何といってもグラフィックが綺麗。
アーバンばかりプレイしていたせいもあるかも知れないけど、
それにしたって度肝を抜かれましたよ。
言うなれば、PC-6001のスペースハリアーと、
アーケードのスペハリ位の差はあったんじゃないでしょうかね。
いや、それ以上か。
とにかくたまげた。

私はゲーセンでの決戦に備え、
アーケードモードやトレーニングモードばかりプレイしていましたが、
勿論、このゲームにはストーリーモードもございます。
他にもチームバトルや、サバイバル、それに格闘と言うよりは
アクション風味なTEKKEN FORCEモードなどの要素も充分に楽しめるものがありました。

ストーリーモード
三島財閥の後継者を賭けた「The King of iron tournament 4」が開催。
個々のキャラクターにストーリーがあり、それぞれトーナメントを勝ち抜いていく。
アーケードモード
アーケードモードが楽しめる。
VSバトルモード
プレイヤー同士が対戦できるモード。
チームバトルモード
チームを編成して勝ち抜き戦を行うモード。
サバイバルモード
CPUを連続で何人倒せるかを競う読んで字の如しのモード。
TEKKEN FORCEモード
マップを進み、大挙して襲ってくる敵を倒していく。
通常のモードとは異なり、ゴールを目指すアクションモード。
00376.gif
↑はTEKKEN FORCEモードでの1シーン

ちなみに使えるキャラクターも多いので、それはそれでうれしいのですが、
私が使えるようなキャラがイネーのが困りモノです。
みんなコンボが決まらんし。
大抵キャラ決めする時は、
使いやすさよりも気に入ったキャラでプレイする事になるのですが、
今回はそうもいきませんでした。
本当ならこいつ↓
00375.gif
00374.gif
(左側)
を使いたいんだけど、どうも私には合わないよう……。
はぁ、格闘って難しいね……。
それはそうとバーチャで対戦することになるのに、
本当に鉄拳で特訓して通用するのかね……。
あと今更ながら、アーバンで特訓した意味ってあるのかしら?

『鉄拳4』評価:☆☆☆
発売・ナムコ
ジャンル・対戦格闘
発売日・2002年3月28日
定価・6,800

posted by 二条ジョウ at 00:51 | Comment(6) | TrackBack(0) | プレイステーション2 | 更新情報をチェックする
2008年04月16日

No.99 プレイステーション2『しばいみち』


00346.gif

USB対応のマイクを使って、お芝居を楽しむゲーム。
いわゆるアフレコってやつを体感できます。
用意されたお芝居は全部で16本あり、
ラブコメやら時代劇やら、バラエティー豊かなお話がテンコ盛りです。
また、どれも聞いたことのあるようなお話なので、
内容を理解しやすく、役に徹する事ができます。
勿論、好きなお話から選んでプレイすることも可能です。

00348.gif00349.gif
こういった物語がテンコ盛り!

プレイヤーは、画面に表示されたセリフに合わせてしゃべればO.Kなのですが、
カツゼツが悪かったり声が小さかったりすると、
芝居のうまさを表すハートのメーターが下がってしまうので、
ただしゃべれば良いという訳にもいきません。
勿論、演技力もそうですし、マイクの使い方一つとってもとても重要なことです。
ハートのメーターが一番下まで到達してしまうと、
強制的に芝居は終了してしまうので気が抜けません。

しかし、そんな技術面の事はまずはおいて置いて、
とりあえず勢いでやってみるのもいいかと思います。
何だかんだで結局楽しくプレイする事が一番であって、
技術面ばかり考えてもしょうがないですからね。
それよりも、恥ずかしがらないでやる事が大事かな〜と思います。

仕事の都合上いつも深夜にゲームをプレイする事になるので、
このゲームをオモイッキリプレイする機会が少なくあまりやりこんでいませんが、
それでも前に友人らとプレイした時には結構盛り上がりました。
友達同士で配役を決めてプレイできるモードもあるので、
機会があれば是非プレイしてみてください。
誰かのプレイを見ているだけでも楽しいので、
自分はちょっとって言う人でも芝居の楽しさを実感できるかと思います。

00347.gif
注※ ↑必須ナリ。

『しばいみち』評価:☆☆☆☆
発売・ソニー・コンピュータエンタテインメント
ジャンル・おしばいバラエティ
発売日・2003年2月13日
定価・5,800

posted by 二条ジョウ at 01:33 | Comment(5) | TrackBack(0) | プレイステーション2 | 更新情報をチェックする