2017年11月18日

2017年度総まとめ


もうこの時期かーって事で、
今日は我が極東ゲームレビュー館の開設記念日。

今日でブログを始めてから11年が経ちました!

ついこの間10周年かと思ったらもう……。
ホント月日の経つのは早いです。

まあ、そんな事は置いといて、
今年もやってきました毎年恒例の年度総まとめ!

ちなみに毎年のことですが、この1年間の総まとめは
ゲーム業界の1年間を振り返るわけでも
どんなゲームが売れたのかをまとめるわけでもありません。
あくまで個人的にやり込んだゲームをただ振り返る、そんな誰得企画でございます。

また、個人的な思い出を振り返ったりもしている自己マン企画ですが
最後までお付き合い頂けたら幸いでございます。

以上、テンプレですが、まあ、そんな感じです。

それではまず1年間の出来事(個人的な!)を振り返りたいと思いますぞ!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【1年間の出来事】

2016年11月後半
・特に無し。
12月
・親戚の葬式で受付係を任された為、急遽頭に一連の流れやマナーを叩き込む事に。
・ドリームキャスト復刻プロジェクトとして配信された、
 PS3の『スペースチャンネル5パート2』をつるべーとプレイし今更ながらにハマる。
・ファミコン『ヨッシーのたまご』のレビューを書いた日が、
 たまたま発売から25周年目の日で、色々と運命を感じた。
・丸味屋の混ぜ込みシリーズとミツカンのおむすび山シリーズがマイブームに。
 (色々買って集めてたら、親にカード集めと何かと勘違いしてんじゃないか?
 といわれる程、冷蔵庫にストックしていた)
2017年1月
・駐車場に知らない車が駐まっていて、深夜に帰宅した私が焦る事に……。
 (隣りが一個間違えて駐車していた)
2月
・『艦これ』2015年夏イベで改二になったばかりの綾波を沈めた私だったが、
 約1年半ぶりに別の綾波が改二になり事なきを得る。
・途中で視聴を止めた筈の『けものフレンズ』を観直して見事にハマる。
3月
・4年ぶりにスマホを買い換えるも、Wi-Fi周りの不具合に悩まされる事に。
 (現在はほぼ解決)
4月
・NURO光回線に変える。キャンペーン中だったのでPS4をタダで貰えた。
・疲れからDMMのブラウザゲーム『ようこそ!恋ヶ崎女学園へ』をやめる。
・2年半ぐらい音信不通だった友人から連絡がきて生きていた事を知り安心する。
 (その前に会った時も約1年程連絡が付かない状態だった)
5月
・PS4用の外付けHDDを購入しようやく容量問題が解決する。
・『バトルフィールド4』プレイ中に、
 ネットで有名(らしい)グリッチ&チート使いさんと遭遇。
 何度も地中から狙われたりしてボコられる事態に……。
・数年前から悩まされている資材置き場の騒音に対し、
 ついに堪忍袋の緒が切れる。
 なお5月後半、資材置き場の業者は撤収し長年の鬱積はついに晴れる事になった。
6月
・父親が安田記念で万馬券を当てる。二十数万円になった模様。
・口内炎の薬を生まれて始めて使い、その痛みの緩和力にほっこりする。
・『艦これ』の最苦痛任務の一つ「海上突入部隊、進発せよ!」をようやくクリアする。
7月
・ちょっとした親戚に当たる、某業界のあの人が不祥事をカマす事態に。
 一切周りに公言していなくて良かったと感じる私なのであった。
8月
・大腸憩室炎になり、数週間体調が芳しく無い状態が続く。
・DMMのブラウザゲーム『マブラヴ オルタネイティヴ ストライク・フロンティア』、
 付いていけなくなった事により引退する。
9月
・つるべー宅にてゲーム合宿を敢行する。
・オギ君とサイゼリアで食事中、隣りの席で食事をしている人らが
 話題にしていた人物が、我ら二人の中学時代の友人だった。
 何年も会っていない友人の近況を全く知らない第三者(しかも盗み聞き)で
 得られるとは思わず、つい聞き耳を立ててしまった。
 (しかもあまり良い話でも無かったって言う)
 こういう事もあるから、外で話す時は誰が聞いてるか分からないって言うのを
 常に心に留めておこうと誓った我ら二人なのであった。
10月
・つるべーの影響もあって、閃乱カグラにハマる。
11月
・近所(歩いて3分ぐらいの所)で強盗傷害事件が起きる。
・『艦これ』で初の元帥になるも数日で降格する。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

はい、こんな感じの1年でした。
いつも通りどうでもいい内容ですね。
まあ、いつもの事ですが、どうでもいい内容を除外したら、
殆ど書くことがなくなってしまうので仕方ないね!

さて、お次はランキング発表にいきたいと思いますよ!

前回は、結構バラエティに富んだ内容だったと思うんですが、
今年はどうなる事でしょうかね。
PS4とかやりまくったので、昨年以上に入ってくる事が予想されますが、
PCゲームやレトロゲーム等もやり込んでいたので全く分かりませんね!

個人的には、ランキング的に常連となっている艦これが
今年どれぐらいだったのかが気になるところです。

そんなわけで、相変わらずの自己マンランキング、
2016年11月後半〜2017年11月前半の1年間で
やり込んだゲーム達を紹介していきますぞ!

勿論、例年通り、やり込み度数は戦闘力で表しております。
ちなみにこれまでずっとやってきて今更言うのもアレですが、
戦闘力の数値が=時間では無かったりしますぞ!
殆どテキトーですんで注意!

第5位 PS4
グランド・セフト・オートV

01137.gif01137s2.gif
戦闘力280万
自由度の高さと過激な犯罪描写が特徴的な
グランド・セフト・オートシリーズのメインタイトル第7作目。
オープンワールドで展開する非日常的な体験が堪能できるゲームであり、
シリーズを通して現実ではできない事を思いっきり楽しむのが魅力の一つとなっている。
今作は、広大な都市ロスサントスを舞台に3人の主人公が登場。
密接に絡み合う3人のストーリーと、
シリーズ初となる主人公キャラを自由に切り替えての操作など新たな試みも加わった。
またオンライン要素も売りの一つであり、
ストーリー以上に無法地帯と化しているオープンワールドと、
それを形成するアップデートで常に新しい要素が楽しめる、
まさにGTAの進化系の姿となっている。


そんなわけで第5位はPS4からGTA5!
GTAは4もやっていたのですが、4がすぐ飽きたのに比べ、
5はストーリーも面白いので結構ハマってやってましたね。

グラフィックもPS3時代とそうは違わないだろーとか思ってたけど、
全然ダンチです。そう、全然段違いですわ!
リアルに描かれているロスサントスの街並みを見ているだけでも全然飽きません。
去年の年末、オンラインで友人とただ山に歩いて登るってだけを永遠やっていましたが、
それでも楽しめたほど。

後半はちょい飽きてきて他のに浮気しまくりでしたが、
それでもたまにちょくちょくやっています。
私、オンラインに関しては、
まだまだ全然やっている感が無いので、今後はその辺もやっていきたいですね。

第4位 PS4
ザ・クルー アルティメットエディション

戦闘力750万
01137s3.gif01137s4.gif
広大なアメリカ大陸を自由に走れるオープンワールドMMOレーシング。
ニューヨークを始めとする大都市は勿論、
各地の名所や街、それに自然の風景などもリアルに描かれており、
気の向くままどこまでも自由に走れるのが魅力。
他のプレイヤーと世界を共有するのが売りの一つでもある為、
常時オンライン接続が求められるゲームであり、
ゲーム上では、常に自分以外のプレイヤー(AI含む)も存在している。
一人で自由に走るも、協力してミッションにチャレンジするも、
果てはレースに興じるも、全てはプレイヤー次第。
手に入れた車輌はカスタマイズする事もできるので、
自分のスタイルに合わせた形で走らせる事も可能となっている。
なお、アルティメットエディションは、拡張パックが2つと、
シーズンパス購入者に配信された19台の車輌が始めから含まれて発売された。

第4位もPS4からです。

いや〜、アメリカ大陸は広大だわ!
時速100kmで走らせても、端から端まで1時間以上かかりますからね!
勿論、縮小はされているから実際に走らせるよりも早く着くんだろうけど、
普通に走らせたら何時間もかかりますから、やっぱりスゲー広いんですわ。

もう何十時間ってやってますが、未だに行ってない所があるし、
まだまだ新しい発見の連続です。

そういえば、この前ロズウェルに行ったら、
アラレちゃんに出て来るニコちゃん大王っぽいのとオレンジのアイツがいましたよ!
これにはビックリでしたw
コラボしてたんですかね!?

……まあ、そんなわけで楽しんでプレイしていますが、
オンライン必須で他のプレイヤーと世界を共有している事もあって、
GTA並に絡んでくるプレイヤーが多くて、気ままにドライブが楽しめないのは難点です。

私も友人と楽しんでたりもするので、
完全にオフにする必要も無いと思いますが、
次回作にはシングルプレイの要素も入れて欲しいところですね。

ちなみに、一人で走ってて知らないプレイヤーと道路ですれ違った際、
プップーってクラクションを鳴らして挨拶をくれた人がいたんですが、
ああいうのはスゲー旅してる気分になって良かったですw
オン要素が悪いわけでもないんだよなぁ。。。

あと個人的にワイパーとウィンカーが使えないっていうのも残念。
レースゲームと言っても、殆どドライブゲームみたいなものですから、
こういう細かい部分まで手が届いてくれていれば言う事なしだったんですけどね。

続編に期待かな!

第3位 ブラウザゲーム
艦隊これくしょん -艦これ-

戦闘力2千500万
01099s9.gif01137s5.gif
DMM.comで基本無料のブラウザゲームとして配信しているゲームの1つ。
第二次世界大戦で活躍した日本の艦船を中心に、
擬人化した『艦娘(かんむす)』を集めてレベルを上げ艦隊を組み
任務をこなし敵と戦うといった育成シミュレーションゲーム。
100隻を越える艦娘を初め、艦娘に装備させる
零戦21型や三式弾といった史実で登場した兵器等も充実。
新たな艦種や海外艦も増え、益々盛り上がりを見せている。

今年も入ってきました艦これ!
去年と同じく第3位です!

ちなみにまだケッコンカッコカリしてないですw
LV99になってる艦娘はもう何隻もいるんですが、
加賀さん、加古、天龍、磯風、を優先したいわけですよ!
何故かって!?
それはあーた、オキニだからに決まってるでしょ!

とにかく加賀さんは今LV98だからもうちっと。
今回のイベントには間に合わなかったけど、
次のイベントまでには間に合うかな。。。

第2位 PCゲーム
太平洋戦記3 最終決戦

戦闘力3千800万
01119s8.gif01137s6.gif
PC98時代から続く『太平洋戦記』シリーズの第三作目であり、
シリーズ集大成となる最後の作品として発売された戦略シミュレーションゲーム。
プレイヤーは大日本帝国側として、太平洋戦争を戦い抜いていく。
史実や仮想戦をもとにしたキャンペーンやショートシナリオをはじめ、
1939年のノモンハン事件の停戦交渉から始まり、
1947年の最大995ターンにも及ぶ長きに渡る長期戦が楽しめる、
壮大なロングキャンペーンも収録されている。
綿密なリサーチに基づく詳細なデータが売りであり、登場兵器は約1100種類にも及ぶ。
アップデートによりシナリオや兵器が追加、またゲーム性の改善等も行われ、
昨年、幻に終わった数々の大和型設計案を中心とした追加兵器が登場する
パワーアップキット版もダウンロード販売専用として発売された。

これも去年に引き続いてですね!
1位から2位になってしまいましたが、それでも相当やりました。

つか、こんだけやってるのにロングキャンペーン終わらねーw

んー、正直、プレイ日記とか書けば良かったレベルの濃さですよ。
プレイする際も、エクセルとか使って色々まとめたりしてますが、
情報量がホント多くて、ゲームしている時間以上にかかってたり。

今、大陸は全部制圧してニューギニアもとったところですが、
それでもまだまだ続きそうです。

去年買った『グロス・ドイッチュラント2』もいつできるか……。

第1位 PCゲーム
ハーヴェストグリーン
戦闘力4千万
01137s7.gif01137s8.gif
同人サークル『犬と猫』の製作するオリジナルゲームの第7弾。
今作では、農業を学びに来た少女ミンティが主人公の
農場経営シミュレーションゲームであり、
シリーズ共通の海洋都市イシュワルドが物語の舞台となっている。
作物を育て収穫し、それを出荷してお金を稼いだり、種を増やしたり、
また料理にしてコンクールに出したりしながら、自身の農場を大きくしていく。
200種類を越える作物に、100種類を越える素材やアイテム。
そして作物から作れる料理も200種類以上と、やり込み要素も充実している。


この1年間で一番やり込んだゲームはこちらになりました!
犬と猫の作品としては2年前の『海洋レストラン☆海猫亭』ぶりですね!
そして犬と猫では初の第1位。

2年か3年ぐらい前から順番にプレイしなおして、
ようやくハーヴェストグリーンですわ。
1年で1作ずつプレイって感じですね……。
一応、『ウィッチリングマイスター』までは
全部パッケージで持っているんですけど、
それを全部やりきるにはあと何年かかるのかと……。
新作も毎年出ていますしねw

とりあえず、海洋レストラン☆海猫亭以降は、全部未プレイだったわけなので、
こちらも初プレイとなりましたが、やっぱ経営系は面白いです。
去年、『リミットレスビット』もやったんですけど、
あれはランキングに入らなかったので、やはり経営系だとハマり度は違いますね。

早く続編もやっていきたいですわ……。

てなわけで、今年はハーヴェストグリーンが1位となりました!
ハーヴェストグリーンには後でスゲーで賞を授与したいと思います。

いやはや、今年もなかなかバラエティに富んだ感じになりましたね。
やはりPS4は少しずつ増えてきてる感じですな。
来年はどうなる事やら……。

そんなわけで、2017年度の総まとめでした。

01137s9.jpg



「今年も実りがありました」






見事1位に輝いた
ハーヴェストグリーンさん。


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 22:02 | Comment(3) | 1年間の総まとめ | 更新情報をチェックする
2016年11月18日

2016年度総まとめ 祝!ブログ開設10周年!


てことで、今日はブログ開設記念日!!
おまけにブログを始めたのが2006年の11月18日なので、
なんと今日で我が極東ゲームレビュー館は開設10周年となります。

あっ、どうも、ありがとうございます。

いやはや、10周年ですよ、10周年!(CV:天海春香)
いや〜正直、あっちゅーまに10年経ってしまいましたねw

2006年から2016年に至る10年間って、ホントあっという間だったんで、
そんなに経った感じがしないんですけど、
2006年の10年前っていう風に考えてみると、1996年なわけですよ。
で、1996年っていうと、まだ私がランドセルをしょっていた頃ですから、
1996年〜2006年の10年間って、ホント長かったなと感じるわけです。
それを思うと、感じ方は違いますが、この10年間もやはり長かったと思うわけです。

10年前といえば、私、バイトをしながら専門機関で勉学に勤しんでいた頃ですよ!
つまり学生に毛が生えた様なもんだったわけですが、
そんな頃に書いたゲームのレビューとかを見てみると、
やっぱり若けーなって自分でも感じるんですねコレが。
フレッシュさがダンチですよ、ダンチ。

つか、初期の頃のレビューにはよく思い出話なんかも散りばめて書いていましたが、
全然記憶に無いことも書いている辺り、
この10年で昔の記憶も少しずつ忘れてきるんでしょうね……。

10年前といえば、まだPS3が発売したばかりでWiiが発売前の頃です。
PS2やゲームキューブがまだまだ主力時代だったので、
ゲーム機的に見たら、2世代前って事ですね。
あの頃、PS1のゲームが新作じゃないけどTHEベスト的なゲームで
まだちびちびと出ていた頃ですし……。

そう考えると、自分の周りの事もそうですが、
世間的にもやっぱ10年って色々なことがあったんだな〜って思います。

さて、そんな10年周年の節目である今日この日でありますが、やる事は例年通り。
特に何をするって事を考えているわけでもなく、
極々通常時と変わらない更新ですw
あしからず。

……って事で、毎年恒例の1年に1回限りの年度総まとめ!
ちなみに毎年のことですが、この1年間の総まとめは
ゲーム業界の1年間を振り返るわけでも
どんなゲームが売れたのかをまとめるわけでもありません。
あくまで個人的にやり込んだゲームをただ振り返る、そんな誰得企画でございます。

また、個人的な思い出を振り返ったりもしている自己マン企画ですが
最後までお付き合い頂けたら幸いでございます。

以上、テンプレですが、今回もそんな感じです。

では、例年通りまずは、
1年間の出来事(個人的な)を振り返りたいと思いますぞ。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【1年間の出来事】

2015年11月後半
・DMMのブラウザゲーム、
 『マブラヴオルタネイティヴ ストライク・フロンティア』の事前登録を行う。
12月
・大正浪漫が感じられそうにないからと
 当時スルーしていたDC『サクラ大戦3』をプレイし見事にハマる。
・『ファイナルファンタジー5』の
 ダンシングダガーのダンシングの意味を改めて認識する。
・PS4を購入。
 同時購入は『バトルフィールド4:プレミアムエディション』。
・PS4のシェアプレイを体感し、次世代機の凄さを目の当たりにすると同時に、
 フルインストール仕様に幻滅する。
2016年1月
・新年早々、高熱にうなされる。
・バトルフィールド4のキャンペーンデータが2度消えてヘイト値がたまる。
・PS4の基本無料ゲーム『World of Tanks』を始める。
・『ナイトガンダムカードダスクエスト』のプレイとカードの入手が
 段々めんどくさく感じてきたものの抜けられない罠に陥る。
2月
・Windows10自動更新を阻止する為、対策を講じ始める。
・昔からゲームでスリープモードにするという癖が無かった為、
 PSVita『拡散性ミリオンアーサー』の長時間に及ぶキャッシュ削除で
 スタンバイモードに入っていた事を失念し、
 ゲームをやる為に電源を付けるたつもりが
 電源をOFFにするという不手際を起こしメモカをぶっ壊す。
 (ミリアサキャッシュ中のメモカ周りの事故はこれで二度目)
3月
・ファイナルファンタジー5の、アントリン戦後のファリスの茶目っ気ぶりに、
 改めて俺のファリスは素晴らしい事を悟る。
・PSVRの発表で、バーチャルリアリティに期待するゲームが、
 やれレースだのFPSだのという友人達であったが、
 一番に期待するところが満場一致でエロ。
 改めて日本の平和に感謝。
・ゲームの説明書が公式のウェブページで閲覧という形になりつつある事実に驚愕を覚え、
 紙媒体から移行したゲーム内のデータマニュアルで閲覧という方式が
 そもそも過去の産物になりつつある現実に気づいた。
・今しようでお馴染(?)のつるべーが重症心不全で緊急入院する。
4月
・つるべーが退院する。
・左手の人差し指に異物ができ始める。
5月
・艦これで昨年エサにした翔鶴を春のイベントで取り戻す。
・健康状態が芳しくないので食生活の改善を始める。
・ナイトガンダムカードダスクエストの更新が止まった為、
 カード収集とゲームの一応の終了を見る。
6月
・久々に起動したWiiに夢中になり肩を壊す。
・疲労蓄積により、長らく遊んでいたPSVita『拡散性ミリオンアーサー』をやめる。
・食生活の改善により5kgの減量に成功。
・一向に消える気配の無い左手の人差し指にできていた異物に対し、
 個人的に様々な手段を講じて除去を試みるも失敗。 
・PS4『World of Tanks』で初のMバッチを取得。
 搭乗戦車はPz.Kpfw.II。
・幼少期に友達だった子の物と思われるファミコンソフトを
 某リサイクルショップで見つける(名前が書いてあって同姓同名だった)。
 思わず懐かしくなってしまった。
7月
・再度、左手の人差し指にできていた異物に対し個人的に除去を試みるも失敗。
 結果、当初よりも悪化し、イクラぐらいの大きさの異物が形成される。
 これにより自然治癒は無理と判断し、病院へ。
 除去はしたものの、原因は不明。
・小学生の頃から利用していた地元のわんぱくこぞうがついに閉店を迎える。
 これにより、子供の頃から利用していた
 純粋なゲーム専門店その全てが近場から無くなる形となった。
8月
・無印ロックマンシリーズで唯一未クリアだった『ロックマン3』の攻略を達成。
 これにより無印シリーズは全て攻略した形になった。
・食生活の改善から約3ヶ月。10kgの減量に成功。
 体重どうこうよりウェスト周りがへこみすぎた為、
 着る物が軒並み緩くなる事態に陥る。
9月
・こち亀が連載終了を迎え、記念に最終話掲載のジャンプを買うも、
 2016年11月18日現在、未だ最終話を見る覚悟ができずに積み状態に。
・食生活の改善から約4ヶ月。15kgの減量に成功。
・腰椎椎間板ヘルニアの治療の為、
 日本屈指の名医とされる先生がいる治療院に通院を始める。
・DMMのブラウザゲーム、
 『マブラヴオルタネイティヴ ストライク・フロンティア』がようやくサービス開始。
10月
・まだ数年しか経っていないテレビ向けアプリの
 仕様変更に伴うサービス終了の頻発ぶりにストレスが溜まる。
・昔お世話になった先生が急死し、時の流れの残酷さを実感する。 
11月
・我が極東ゲームレビュー館が10周年を迎える。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

というわけで、こんな感じの1年でした。

さて、お次はランキング発表にいきたいと思いますよ!

前回は、基本無料系のゲームが色々入ってきて
その中でも艦これが特にやり込んだ1年となったわけですが、
今年はどうなる事でしょうか。

新たにPS4も購入したし、PCの方でも熱中して遊んだゲームが幾つかある上、
レトロゲームもそれなりに遊んだ1年だったので、
全く予想ができません。

開設10周年を迎えた記念の年となった今年、
栄光の1位に輝いたゲームが何なのか非常に気になるところです!

そんなわけで、相変わらずの自己マンランキング、
2015年11月後半〜2016年11月前半の1年間で
やり込んだゲーム達を紹介していきますぞ!

勿論、例年通り、やり込み度数は戦闘力で表しております。

第5位 SS
毛利元就 誓いの三矢

戦闘力100万
01119.gif01119s2.gif
歴史上の人物を題材とした光栄の英傑伝シリーズ、その第3弾。
今作は、日本の戦国時代に中国地方で活躍した毛利家にスポットが当てられている。
ゲームはストーリーに重きが置かれたシミュレーションRPGであり、
物語は一応の史実の流れに沿って進行していく。
本能寺の変後は、
毛利家が天下統一に乗り出すとした史実とは異なる物語が展開され、
歴史のIFが楽しめる作品ともなっている。


という事でセガサターンから毛利元就です!
サターンのランキング入りは、2010年のときメモ以来ですね。
久々です。

このゲームを初めてプレイしたのは中学生の頃で、
今回は二回目のプレイとなりました。
あの頃、ちょうど大河ドラマで毛利元就も放送されていたので、
大河ドラマに合わせてゲームを出す手法っていうのは、今も昔も変わりませんな。

ゲームとしては歴史物ってわりには非常にとっつき易い為、
そのワクに収めなくても普通にSRPGとして楽しめる作品だと思います。
ファイアーとかラングリ的なゲームが好きなら手にとって見るのも一興かと。

第4位 PS2
魔法先生ネギま! 1時間目 お子ちゃま先生は魔法使い!
戦闘力680万
01119s3.gif01119s4.gif
週間少年マガジンで連載していた『魔法先生ネギま!』の初ゲーム化作品。
本作は、3D化された麻帆良学園女子中等部を舞台とする
女子校体感アドベンチャーであり、
プレイヤーは主人公であるネギ・スプリングフィールドとして
自身が担任する2-Aクラスの成績最下位脱出を目指していく。
ストーリーは原作の流れに沿っているものの、
2-Aクラスを初めとした300人の女性徒達は、
プレイヤーの行動によって、様々な性格や行動パターンが形成される為、
ゲームでしか味わえない自分好みの学園を作る事も可能となっている。
またゲームの内容がコンシューマー機としてはそれなりにえっちぃ為、
当初は18歳以上対象のソフトとして発売された作品でもある。
(後に新区分として細分化された際に17歳以上対象作品に変更された)


ネギまは、数年前にアニメを観始めて、
ゲーム自体はその頃に買っていたのを今更プレイという形になりました。

言ってみればガンパレチックなゲームですね。
色々探索して、信密度を上げて、そんでバトルもあるみたいな。
勿論、全く同じってワケじゃないし、そもそもテイストはぜんぜん違いますけど。

とりあえず、スカートめくれるし、お触りもできるしで、
どこのエロゲーだって話ですけど、まあ、元々18歳以上対象のゲームなんでね!
モーマンタイ。

つか、女子校でウハウハハーレムモノって印象が付きまとうかもしれませんが、
見る人によっちゃショタゲーでもあるわけですからな。
なので主人公が一番可愛いく感じてしまう事も、もはや仕方ありません(爆)

あっ、勿論、女の子もみんな可愛いですよ。

第3位 ブラウザゲーム
艦隊これくしょん -艦これ-
戦闘力2千500万
01099s9.gif01119s5.gif
DMM.comで基本無料のブラウザゲームとして配信しているゲームの1つ。
第二次世界大戦で活躍した日本の艦船を中心に、
擬人化した『艦娘(かんむす)』を集めてレベルを上げ艦隊を組み
任務をこなし敵と戦うといった育成シミュレーションゲーム。
100隻を越える艦娘を初め、艦娘に装備させる
零戦21型や三式弾といった史実で登場した兵器等も充実している。
なお今年、android端末向けにも対応された。

昨年に続きランク入りです!
奇しくもランクが下がって3位となってしまいましたが、
それでもまだまだモチベを保ち続けている証拠でありますな。

プレイしていて、メンドクサイと感じることもありますが、
まあ、やっぱ面白いは面白いので、飽きずにやっていられるんだろうと思います。

ちなみに2013年9月からやってますけど、
未だにケッコンカッコカリすらしていないクソ提督です。

第2位 PS4
World of Tanks
戦闘力4千800万
01119s6.gif01119s7.gif
第1次大戦後〜1950年代に活躍した戦車、とりわけ二次大戦の戦車を中心に、
世界各国の戦車が入り乱れる基本無料のマルチプレイ戦車バトルゲーム。
特性が異なる5種類の車輌から操作車輌を選び、
最大で15人対15人の2チームに分かれ戦車戦を行っていく。
オンライン専用のゲームではあるものの、
PSプラス未加入者でもオンライン対戦が楽しめるゲームでもある。


PC版の頃から気になっていたのですが、
PS4でも配信されたので、こちらでやっています。
さすがPS4というべきか、そのグラフィックは圧巻です。
戦車もリアルに描かれているので、プレイしていて純粋に楽しいです。
日本軍の戦車もありますし!

ただまあ、ストレスは非常にたまるゲームですねw
心にゆとりを持ってプレイしないと、精神衛生上よろしくありません。

いつも一緒にプレイしていた友人なんかは、あまりにもボイチャでキレていたせいか、
同棲していた彼女に不快だからヤメロって言われて、
このゲームの禁止令がでたぐらいですからね!!

まぁ私が聞いても、気持ち良いものではなかったので、
第三者から見ればそれは当然の事ではありますが、
いやはやホント、客観的に見ないと分からない事ってありますよね。

私も気をつけねばw

第1位 PCゲーム
太平洋戦記3 最終決戦

戦闘力6千200万
01119s8.gif01119s9.gif
PC98時代から続く『太平洋戦記』シリーズの第三作目であり、
シリーズ集大成となる最後の作品として発売された戦略シミュレーションゲーム。
プレイヤーは大日本帝国側として、太平洋戦争を戦い抜いていく。
史実や仮想戦をもとにしたキャンペーンやショートシナリオをはじめ、
1939年のノモンハン事件の停戦交渉から始まり、
1947年の最大995ターンにも及ぶ長きに渡る長期戦が楽しめる、
壮大なロングキャンペーンも収録されている。
綿密なリサーチに基づく詳細なデータが売りであり、登場兵器は約1100種類にも及ぶ。
アップデートによりシナリオや兵器が追加、またゲーム性の改善等も行われ、
現在は、幻に終わった数々の大和型設計案を中心とした追加兵器が登場する
パワーアップキット版もダウンロード販売専用として発売されている。


去年の11月に買って、それからずっとやってたので、
かなりのめり込んで遊んだゲームですね。

太平洋戦記はシリーズでこれが初めて遊んだゲームとなりますが、
いやはや膨大なデータ量と、やる事の多さに、
システムを理解するまで相当時間が掛かりました。

解説書なんか、約250ページもありますからね。
兵器図鑑も含めたら、300ページを軽く越えますw
もう辞書ですよ、辞書。
解説書はPDFだったので、自分で印刷したんですけど、
印刷するのすら大変でしたわw

ゲームは、昔あそんだ『太平洋の嵐』に似た内容だったので、
覚えるのは大変でしたが、個人的には入りやすかったですね。
何でも、初代太平洋の嵐を手がけた人が、この太平洋戦記シリーズを作ったとか。
つまり、太平世の嵐の正統な血を受け継いでいるといえなくもありません。

とりあえず、ロングキャンペーンで遊びましたが、
挫折して2度ほどやり直しました。
今はようやく慣れ始めたこともあって、ゲーム自体も順調ですが、
一度のミスで取り返しがつかなくなる事もあるので、油断はできません。

ゲーム中は、自分でメモを取りながら、
時には電卓を使用しながらのプレイとなるので、
人によってはメンドクサイと感じるかもしれません。
ただ、ウィザードリィなどのダンジョンRPGで
マッピングしていくのが面白いと感じる人もいる様に、
個人的には、その辺も含めて楽しいわけです。

ゲームの特性上、誰彼にも勧められる様なものではありませんが、
個人的には、戦略SLG好きな人にこそ試しに遊んでもらいたいゲームですね。

……上に該当するはずの友人に見せたら、
仕事やってるみたいなゲームで疲れそうとか言われましたケド!!

てなわけで、今年は太平洋戦記3が1位となりました!
結局部門別に分けることもせず、通常時と同じ様な更新になってしまいましたが、
まあ、そんな事もあるわけで、予定はあくまで未定って事ですね!

とりあえず10年を迎えたので軽く今後の展望をば。
つっても、これからも変わらずマイペースでやっていくわけですが、
個人的にはもうちっと更新頻度を上げたいなと思っております。

放置しているような、企画とかもありますので、
そこら辺も集中的にやっていきたいかなと。
イマしようとか随分間が空いてしまいましたけど、
来年中には一本あげたいですね。
ストックだけはありますんで。

とにもかくにも、おかげさまで10年を迎えた当極東ゲームレビュー館。
これからも頑張っていきますのでよろしくお願いします。

今度の目標は20年だぞぃ!

01119s10.jpg


「10年、20年はまだ小手調べ。
長期更新の体制を固めよう!」






見事1位に輝いた
太平洋戦記3さんからのありがたきお言葉。


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 01:36 | Comment(12) | TrackBack(0) | 1年間の総まとめ | 更新情報をチェックする
2015年11月22日

2015年度総まとめ


11月18日でブログを始めてから9年が経ちました!

……って事で、毎年恒例の1年に1回限りの年度総まとめ!

ちなみに毎年のことですが、この1年間の総まとめは
ゲーム業界の1年間を振り返るわけでも
どんなゲームが売れたのかをまとめるわけでもありません。
あくまで個人的にやり込んだゲームをただ振り返る、そんな誰得企画でございます。

また、個人的な思い出を振り返ったりもしている自己マン企画ですが
最後までお付き合い頂けたら幸いでございます。

以上、テンプレですが、まあ、そんな感じです。

……しかし、もう9年ですぞ!!
来年には10周年っていうから恐ろしい!!
まあ、長い事やってるけど、
更新頻度低いから、それほど長くやってる実感は無いけどね!!

とりあえず、例年通り1年間の出来事(個人的な)を振り返りたいと思いますぞ。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【1年間の出来事】

2014年11月後半
・二条ジョウ的に『御城プロジェクト』をやらなければいけない気がしたので手をつける。
12月
・PSVitaを購入。
 同時購入ではないが、事前に買っていた俺ガイルが初購入ソフト。
・昔ファミ通の関係者だと思っていて尚且つ最近まで芸人だと思っていたピエール瀧が、
 ミュージシャンだった事を知り、人間は深いなって事を悟る。
・PS2のメモリーカードのデータが吹き飛ぶ。
 やり込み系のゲームのセーブが多かった為、正月を前に一気に気が滅入る。
2015年1月
・ふわふわりとパッパッパッパップパップが毎ブームに。
2月
・Vitaのアップデート中に寝落ちして起きたら、
 スリープモードに入っていたのが原因か、ゲームがエラーだらけになり、
 その復旧にテンヤワンヤする。
・昨年の9月頃に艦これを始めた後輩に色々先を越される。
 なお、これが切っ掛けとなり本腰を入れて艦これをやるようになる。
 (これ以前は、週1回ログインとかそんなレベル)
3月
・ソシャゲの『ガンダムカードバトラー』において、
 1回3000円で排出率0.01%の新レアリティ混入のガチャが設置されるも、
 その2ヵ月後にサービス終了告知が出て、何だか色々凄い時代になったなって事を悟る。
・アニメの艦これに天龍が一度も出なかった事で、この世の絶望を見る。
・ずっと楽しみにしていた某大戦略を予約して買ったものの、
 手抜きだらけのバグだらけなゲームに萎えてフラストレーションが溜まる事に。
・たまに自分の身に起きる、目が酔った感じに波打つ現象が何なのかを調べ、
 閃輝暗点であると知る。……知っただけ。
・ひっそりとDMMのエ○ゲー『ようこそ!恋ヶ崎女学園へ』を始める。
4月
・自分の部屋のすぐ目の前、すぐ直下で毎朝6時半から行われている工事が、
 1年以上経ってもその終わりを見せないので、ストレスが溜まり始める。
 特に新気功砲並の騒音と振動が来る日にはそれで叩き起こされるので余計。
 なお、工事ではなく資材置き場における騒音であるという事を知り、絶望を覚える。
・京都にある二条城に油がまかれた事件で、二条ジョウとして悲しみに包まれる。
・Vitaで発売する『冴えない彼女の育て方』で、
 予約特典を慎重に吟味していたら、何処もかしこも予約完売で特典を逃す事に。
 なお、その予約を再開させるべく奔走する私が、
 テンバイヤーとグルになったショップと死闘を繰り広げる夢を見る程、
 ショックな出来事だった。
5月
・ガンダムカードバトラーサービス終了の告知と最後のイベントが開始。
 これにより、ログイン率が低下する。
・つるべー宅でプレイしたXBox360版の『アイドルマスター2』で、
 俺の真がかなり可愛くなっていた事を知り、PS3版を購入するに至る。
・2011年からプレイしていたPS版『テイルズオブデスティニー』をついにクリアする。
6月
・艦これで翔鶴をエサにするという失態を演じる。
 なお、11月18日現在、未だ取り戻せていない模様。
・久々に再開したゲームのセーブデータが、
 ちょうど9年前だった事に運命的なモノを感じるも、
 時の流れの速さの方に衝撃を覚える。
7月
・二年間遊んだ『ガンダムカードバトラー』がサービス終了。
 なお、課金総額は……。
・イマしよう!でお馴染み(?)のつるべーが、艦これを始める。
・艦これで浜風を沈ませるという失態を演じる。
・当、極東ゲームレビュー館のソースを使った、
 エロ広告とマルウェアを仕込んだ偽サイトを発見する。
 (※現在は、検索エンジンに出ない様に対策されております)。
8月
・NEWラブプラス+で、愛花からりんこりんに乗り換える。
 そして、ゲーム自体を放置し始める。
・声優をやっている友人がドラクエ8に出演すると聞いていたので
 購入するつもりでいたが、RPGは色々とプレイ途中なのが多かった為、
 結局、スルーする事に。
9月
・艦これを始めてから初めて、総力戦でイベントに望むも、全海域攻略ならず。
 なおこのイベント中に綾波が改二になるも、翌日大破進軍して沈める。
・ナイトガンダムカードダスクエストのインデックスカード入手に翻弄される。
・PS3の『IS〈インフィニット・ストラトス〉2 ラブ アンド パージ』に
 説明書が入っていなかった事でメーカーに問い合わせるも、
 説明書がデータマニュアルになっていたっていう。
 ただしそれに不具合があったので、アップデート対策をとってくれる事に。
 結果的にサポートに連絡して正解だった。
10月
・スーパーマリオブラザーズ30周年ということで、色々感慨深くなる。
11月
・PSVita『拡散性ミリオンアーサー』に初課金。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ふぅ……。
今年は、例年以上にどうでもいい内容を盛り込んだから長くなってしまいましたな。
まあ、どうでもいい内容を除外したら、
殆ど書くことがなくなってしまうので仕方ないね!

さて、いよいよ次は恒例のランキング発表にいきたいと思いますですよ!

前回は、PS3のバトルフィール3が1位になって、
さすがバトルフィールは強いって改めて思ったわけですが、
果たして今年はどうなる事でしょうか。

ハード的にはVitaを新たに購入したし、艦これやらミリアサやらといった、
基本無料系のゲームにも色々手をつけた1年だっただけに、
なかなか予想ができませんね。

そんなわけで、2014年11月後半〜2015年11月前半の1年間で
やり込んだゲーム達を紹介していきますぞ!

勿論、例年通り、やり込み度数は戦闘力で表しております。

それでは早速、第5位から!!

第5位 PS3
アイドルマスター2

戦闘力120万
01099.gif01099s2.gif
プロデューサーとなってアイドルを育成する、
アイドルマスターシリーズ初のナンバリングタイトル。
今作では、9人の中から3人を選んでアイドルユニットを組み、
トップアイドルを目指していく。
なお、Xbox360版『アイドルマスター』の正式な続編ではあるものの、
前作のパラレルワールドという設定であり、ストーリー自体の繋がりは無い。


しゃんしゃんぷりんぷりーん!
……ってことで、アイマス2がランク入りです!

5月につるべー宅でプレイしてハマってしまい、それで買ってしまいましたw

いや〜、オレの真がずい分可愛くなりましたわ!
買うつもりは無かったDLCの衣装やら曲も真の為に買いましたよアハハハハ。

しかし、真の為に買ったようなゲームなので、
逆にいえば、真でユニットを作ってクリアした後は、
ちょっとずつプレイが停滞してしまいましたね。。。

何周かはクリアしましたが、真がいるのといないのとでは
やっぱりモチベが違います。

余談ですが、ユニット同士の仲が悪くなって、
ガルウィングが空気みたいになっていたのが面白かわいそうでした(´・ω・`)

第4位 ブラウザゲーム
ようこそ!恋ヶ崎女学園へ

戦闘力580万
01099s3.gif01099s4.gif
DMM.comで基本無料のブラウザゲームとして配信している18禁ゲームの1つ。
史上最悪の絶滅ウィルスによって男子が激減した世界で、
『恋の成就』を目的とした超女学園の1つ、恋ヶ崎女学園に編入した主人公が
様々な女の子達との仲を深めていく、ハーレム系ゲーム。
カードを入手、育成して戦う、カードバトルゲームであり、
アニメーションで流れるアレなシーンも豊富に用意されている。


3月にヒッソリと始めたブラウザエロゲが、
まさかランクインしているなんて思っても見ませんでした!!
ランクインしてなければ、ヒッソリと終わらせるつもりだったのに!

いやしかしこのゲーム、基本的に話は明るく、
主人公のノリと話のバカっぽさが相乗効果を生み出して話だけ見てもなかなか楽しめます。
よく広告なんかで目にするので、エロい部分にばかり目が行ってしまいがちですけど、
ぶっちゃけ、エロゲーの皮を被ったバカゲーですよコレ(褒め言葉)。

基本的に無課金でも普通に遊べますが、
イベントのランキング戦は、無課金にはキツいですね。
というか、キツいなんてレベルではないです。

この前のイベントを例に出すと、
大体400万ポイント稼ぐと500位ぐらいに入れましたが、
これがトップレベルになると1億〜4億ポイントになるわけです。
私が9万ポイントで5000位ぐらいだったので、桁が違う事が分かりますな。
ランキングの報酬は、5000位ぐらいだとチンケなもんなので、
狙うとなるとやっぱ500位ぐらいには入っておきたい所ですかな。

このゲーム、ランクで10位以内に入ると、
結果発表で推しキャラから名前付きでメッセージが貰えるんですよね。
まあ、トップ10に入るには、
有休使って休んだり、ボーナスつぎ込んだりしないと厳しいみたいですが!

第3位 PS Vita
拡散性ミリオンアーサー

戦闘力820万
01099s5.gif01099s6.gif
スマートフォンで配信されていたソーシャルゲームである
オンラインカードバトルRPGのPSVita版。
プレイヤーは100万人いるアーサー王の1人になってブリテンという舞台で戦っていく。
ネットを介して無数のプレイヤーと協力、あるいは対戦するなどした要素が盛り込まれ、
ほぼ週単位で行われるイベントの他、人気作品とのコラボイベントも充実している。
PSVita版では一部女性キャラクターカードの胸が揺れる『乳揺れ機能』を搭載。
最近では、実際にそこにいるかのように感じられる、
新カードビューワ機能『OP-EYEシステム』が搭載され、
お気に入りカードとのツーショット写真も撮れるようになった。


Vitaで色々基本無料系のゲームをやったのですが、
結局コレだけが残りましたね。
他のもけっして面白くなかったワケではないのですが、
基本無料系は、同時に何本もやると凄い疲れるんで、
他のはバッサリ切り捨てましたw

ピーク時はスマホ、PCなども含めると、7〜8個ぐらいやってたワケですが、
イベントに振り回されたり、毎日のログインを気にしたりで、
もう疲れて疲れて、しょうが無かったです。

ミリアサは、結構サクッとやってサクッと終わるから、
毎日ログインしても、そんなに疲労度もたまらないし、
そもそもやってて普通に面白いので、長く遊んでいられるんだろうと思います。

しかし、デッキ作って対戦する系のゲームは好きなのに、
相変わらずデッキ作るのが苦手です。。。

第2位 PCゲーム
Hearts of Iron 2【英語版】(DD及びDDA含む)

戦闘力1千500万
01099s7.gif01099s8.gif
第二次世界大戦をテーマにした戦略級リアルタイムストラテジーゲーム。
プレイヤーは二次大戦中に存在した国家の中から1つを率い、所属陣営の勝利を目指す。
MOD製作が盛んなゲームの1つでもあり、
様々な追加・改変MODが存在しているのもこのゲームの特徴。


いや〜、このゲームは時間を忘れてのめり込んでしまいますね。
様々なプレイスタイルが楽しめるゲームなので、
一度クリアしてもまたやりたくなってしまいます。
MODの追加で遊びの幅もさらに広がるので言う事無しですよ。

最初は、極東方面のイベントを大量に追加するMODを入れて
大日本帝国で遊んだんですけど、いやはやなかなか濃かったですねw
統制派だの皇道派だのの争いで東条さんも石原さんも初っ端には死ぬし、
アメさんが怖いので仏印からの撤退を呑んだら、
急にアメさんが態度を軟化させたんで日米同盟まで結んじゃいましたよ。
おかげで大陸における作戦は、アメさんの介入無しにスムーズに行く所か、
対ソ戦においては、日米結束してのソビエト打倒です。

いつの間にやら民主主義国家に変貌していた日本の政権は、
この頃には左派に牛耳られていましたが、
軍部はまだまだ健在なので、想像するとなかなかのカオス振りですよねw

二度目のプレイではドイツを選んで遊びましたが、
今度は、ちょっと趣向を変えて、
エイリアンMODでも入れて遊んでみようかしら……。

なんかマブラヴの対BETA戦が体験できるMODもあるみたいですが、
あれは、『Darkest Hour』を持っていないとプレイできないみたいなんですよね……。
いつか手に入れたいところです。

ちなみに、これから始めてみようという人の為にアドバイスすると、
ハーツオブアイアンシリーズの日本語版は、
販売元のサイバーフロントが潰れてしまったので、かなりプレミア化しています。
ただ英語版は安く売っているので、これに日本語化MODを当てれば、
わざわざ高額な日本語版を買う必要はありません。
買う際は英語版のパッケージか、
Steamなどのダウンロードサイトで英語版を買うのがよろしかろうと思います。

第1位 ブラウザゲーム
艦隊これくしょん -艦これ-

戦闘力3千万
01099s9.gif01099s10.gif
DMM.comで基本無料のブラウザゲームとして配信しているゲームの1つ。
第二次世界大戦で活躍した日本の艦船を中心に、
擬人化した『艦娘(かんむす)』を集めてレベルを上げ艦隊を組み
任務をこなし敵と戦うといった育成シミュレーションゲーム。
100隻を越える艦娘を初め、艦娘に装備させる
零戦21型や三式弾といった史実で登場した兵器等も充実している。

ついにランク入りしました、艦これ!
しかも1位です!!

実は私、艦これは2013年の9月には初めていたので、
わりと古参なんですけど、
にもかかわらず今の今までランク入りしていなかったんですよね。
それが今年ランク入りしていきなり1位になったっていうんですから、
一体何があったのかと。

まあ、1年間の出来事の所でもちょっと語っていますが、
後輩に色々越されてしまったんですよね……。
1年以上も遅く始めた後輩に。。。

そしたらあーた、その後輩が会うたびに艦これの話を振るんですよ。
他に話題が無いのかってぐらいに。
そりゃあ、私も色々楽しそうにそういう話を聞かされれば、
本腰を入れてやらねばなるまいって思うわけです。
しかも色々先を越された以上は、悠長に週1程度のログインなんかしてられんと。
つるべーの奴も7月ぐらいから艦これ始めたのでね、余計に。

そんなわけなので、今年は去年の50倍ぐらいは艦これをやりました。
そりゃあ、1位にもなるわけです。

いや〜、改めて本腰を入れて遊んでみると、
今まで以上に色々面白くなってくるから不思議ですね。
今までが今までだったので、春イベにはあまり準備が整わなくて、
夏のイベントでようやく総力戦を挑めたぐらいなんですけど、
それでもまだまだ遅れを取り戻せていません。。。
ケッコンカッコカリもまだできてませんし……。

現在、秋のイベント中ですが、
今回、どのぐらい戦い抜く事ができるか……。

とりあえず、今年は艦これがもっともやり込んだゲームでした。
全体的に基本無料系のゲームをやる事が多かった年ですが、
普通のゲームも例年と変わらずやっていたんですよね。
まぁ基本無料系は性質上、ほぼ毎日ログインしているわけですから、
普通のゲームが対抗するには分が悪いって感じですかね。

なので来年からは、もしかしたら部門別で分けていくかもしれません。
レトローゲーム系も分けて考えてもいいかもしれませんね。
まあ、めんどくさそうなので、
いつも通り一緒くたにしちゃうかもですが。。。

あと来年はブログ10周年ってことで、
何かやろうかなって思ってます。
思っているだけで実行に移すかどうかは分かりませんが、
まあ、まだ先の事だしゆっくり考えていきたいと思います。

そんなわけで、2015年度の総まとめでした。

ではまた!!

01099s11.gif


「乾坤これや一擲の、即ち
これぞ桶狭間……、だぜ!」





見事1位に輝いた
艦これを代表しての摩耶様。


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 00:36 | Comment(7) | TrackBack(0) | 1年間の総まとめ | 更新情報をチェックする
2014年11月21日

2014年度総まとめ


ブログを始めてから11月18日で8年が経ちました。
数日過ぎてしまいましたが、毎年恒例の1年間の総まとめを行ってまいりたいと思います。

ちなみに毎年のことですが、この一年間の総まとめは
ゲーム業界の一年間を振り返るわけでも
どんなゲームが売れたのかをまとめるわけでもありません。
あくまで個人的にやり込んだゲームをただ振り返る、そんな誰得企画でございます。

また、個人的な思い出を振り返ったりもしている自己マン企画ですが
最後までお付き合い頂けたら幸いでございます。

以上、テンプレですが、まあ、そんな感じです。

では、まず今年一年の出来事からチェケラ!!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【1年間の出来事】

2013年12月
・イマしよう企画でお馴染み(?)のつるべー君がモンハン4にハマる。
 一緒にやってくれればプレゼントしてくれると言うことだったので、
 私もついにモンハンデビューを果たす。
・肩を壊していた中でWiiのドラクエソードを遊び、見事に悪化する。
2014年1月
・個人的にウルトラマンブームが再来。
2月
・ペーパーキャップ戦略の共和国軍側プレイヤーである友人のオギくんが結婚。
3月
・XPのサポート終了に伴い、パソコンを買い換える。
4月
・エイプリルフールに嘘をつかないという快挙を成し遂げる。
・NEWラブプラス+をプレイ開始。ラブプラスデビューを果たす。
5月
・ゴールデンウィーク中にかなり強い風邪にかかり、2週間ぐらい体調が芳しくない日が続く。
・NEWラブプラス+で愛花にターゲットを絞る。
 声で呼びかける所で何度も“マナ”と言っているのに“マナくん”となってしまい萎える。
 靖国神社に参拝がてら、初のどこでもデート機能を堪能。
6月
・個人的なウルトラマンブームが下火になる。
 そして新撰組ブームが到来するもすぐに冷める。
・NEWラブプラス+を放置し始める。
・空からヒャダルコ級のヒョウが降り身の危険を感じるも、
 喫茶店でまったりしていた為、大事にはいたらず。
7月
・この月の食事の5割ぐらいがガストという暴挙。
8月
・ドライブゲーム(テストドライブ アンリミテッド2)をやりながら、
 ゲーム音楽三昧の番組を堪能するという休日。
 そんな久しぶりの充実とした一日を満喫する。
・夏ということで、ホラーゲーをやりたくなり、
 途中で止まっていた初期のバイオハザードを再プレイする。
・『艦これ』に初課金。
9月
・特に無し。
10月
・放置していたNEWラブプラス+をちびちびやり始める。
 愛花に告られるも、その後すぐに放置し、起動したらFEELINGがどくろになる。
・家の階段で足をつまずき、持ってたサイダーを階段の本棚にぶちまける。
 ダイの大冒険、ついでにとんちんかん、モンモンモン、ドラえもんに被害。
11月
・ドラクエの新呪文を思いつく→ラナ系呪文ラナレイン<雨を降らせる>
 (ちなみにラナ系はラナリオンとラナルータがある)
・熱海旅行(愛花と)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

まぁこんな感じでしょうか。
なんだか、とてつもなくどうでもいい内容がテンコ盛りですな。

しかし、1年はホント早い。 
もう、この1年間の総まとめも8回目ですからね!

ブログを始めた時に小学生だった子が、
来年には成人式を迎える子もいるんじゃないですかね!?
いやはや恐ろしい。
私も老いを感じるわけですよ。。。

とまあ、そんな話はとりあえず置いといて、
ここからは恒例のランキング発表にいきたいと思いますですよ!

前回は、まさかのソシャゲである『ガンダムカードバトラー』が食い込んで
1位となりましたが、今年はどうなることでしょうか。
今年は今月、来月にこそ欲しいソフトが沢山来ているのですが、
振り返ってみると、新作をあまり買わなかった1年でした。
なので、例年以上に新作ゲームが入ってきそうに無い中、
しばらく入ってきていない、ファミコンなどのレトロなゲームが
久々にランキングに入ってきているのか注目したいところです。

てなわけで、一年間でやり込んだゲーム達を紹介していきますぞ!
ようチェケラ!

なお例年通り、やり込み度数は戦闘力で表しております。

第5位 PS2
ギレンの野望 ジオン独立戦争記

戦闘力50万
01074.gif01074s2.gif
機動戦士ガンダムを題材にした、
戦略シミュレーション“ギレンの野望シリーズ”の第3弾。
一年戦争を舞台に、宇宙や地球を巡って版図を広げていく内容となっている。
従来のシリーズでは、一年戦争後の舞台も描かれていたが、今作では一年戦争のみとなった。
その反面、オリジナル軍の作成や、キャラメイクなどができるようになり、
一年戦争という舞台にIF的な可能性を盛り込んだ作品となったとも言える。
また軍団システムの導入、政策面の充実などにより、より戦略性の高いゲームとなった。


系譜と脅威がガンダムのゲームとして面白い作品ならば、
これは純粋に戦略シミュとして面白いゲームですね。
ただ、世間の評価は芳しくないので、
ガンダムのゲームとしてみた場合には、やはり不満が残る作品なのかもしれません。

個人的には、追加ディスクを使ってのメイキングが良かったです。
たまにやりたくなるゲームですね。

第4位 PCゲーム
RanceVI −ゼス崩壊−

戦闘力120万
01074s3.gif01074s4.gif
アリスソフト、ランスシリーズ本編の第6弾。
魔法王国ゼスのレジスタンス集団に身を置いたランスが、やりたい放題の冒険をする物語。
ウィザードリィタイプの迷宮探索型RPGであり、クエストをこなしがらキャラを育てていく。
18歳以上を対象にしたアダルトゲームである為、人は選ぶものの、
世界感やゲーム性など、コンシューマーのRPGに勝るとも劣らない作品となっている。


今年、アリスソフトのゲームを結構遊んだんですけど、
やはりランスシリーズは面白いですね。
ゲーム性もさる事ながら、世界観が良く練られていて好きです。

このゼス崩壊は、初プレイというわけではありませんでしたが、
当時、なんか色々忙しい中でプレイしちゃったせいか、途中で放置しちゃったんですよね。
なので今回、結構新鮮な気持ちで遊ぶ事ができました。

第3位 PCゲーム
海洋レストラン☆海猫亭

戦闘力250万
01074s5.gif01074s6.gif
同人サークル『犬と猫』の製作するオリジナルゲームの第5弾にして、
初のシェアウェア用ソフト。
フリーゲームである『レミュオールの錬金術師』のシステムを受け継ぎ、
よりボリュームアップしたやり込み系お店経営シミュレーションゲームである。
今作では、前作を大きく越す600以上のアイテムが登場し、よりやり込み要素が増えた。


犬と猫は好きな同人サークルなんですけど、
この海猫亭は去年購入して今更ながらにプレイした口です。

レミュオールの錬金術師は、
学生時代に眠い眼を擦ってやり込んだゲームでしたが、
このゲームも案の定ハマってしまいました。

第2位 Android
ガンダムカードバトラー

戦闘力550万
01021a.jpg1072sg.jpg
歴代ガンダムに登場するMSやキャラクターを集めて
18枚のデッキを組んで戦うカードバトル。
オペレーション(ミッション)を進めながら
敵と戦い、経験値やお金を貯めてデッキを強化していく。
新たにURを越えるLR(レジェンドレア)が登場し、益々盛り上がりを見せる。


今年も食い込んできました。
去年は1位でしたが、ワンランク落ちて2位です。
それでもちょっとした時間でちびちび進めても、
長い眼で見ればかなりの時間になりました。

何だかんだで楽しくプレイしていますが、
他メーカーのソシャゲに比べて課金周りはエグいので、お金は大切にしたい所であります!

第1位 PS3
バトルフィールド3:プレミアムエディション

戦闘力590万
01045s6.gif01074s7.gif
近代戦を舞台にした、ファーストパーソン・シューティングゲーム(FPS)。
アメリカ海兵隊の1人として物語が展開していくシングルプレイと
最大24人対戦が楽しめるオンラインプレイなどからなる。
コンクエストやラッシュといったモードの他に、幾つかの新しいモードも追加された。


カードバトラーと入れ替わる形で1位となりました!
おめでとうございます。
BF3には、例年通りスゲーで賞を授与したいと思います。

やはりコントローラを変えた事で、スムーズに遊べる様になったのが大きいですね。
キル数も上がって、より楽しくなりました!

……でも、すぐにまたコントローラの調子が悪くなっちゃったけど。。。

あと最近、友人がBF3を始めてくれたので、
それも起動率が高くなった要因かもしれません。

友人はあんまハマってないみたいですけどw

とにもかくにも、今年はBF3が1位となりました。
今年はどちらかというと、旧作ばかりプレイしていた印象だったのですが、
そこまでレトロなゲームが入ってきてなかったですね。
ファミコンとかやりまくっていたんですけど、
やはりサクッとクリアできるゲームばかりやっていたので、
やり込み時間的にはなかなか及ばなかったといった所でしょうか。

あと3年連続でランキングに入っていたBFBC2もついに抜けてしまいました。
それだけハマっていたという事ですが、その血はBF3に受け継がれそうですね。
来年入ればBF3も3年連続となりますし、まだBF4を買うつもりも無いので、
これは確実性が高いです。

まぁこればかりは、なってみないと分かりませんけどね!

そんなわけで、2014年度の総まとめでした。
また来年に!サイチェン!

1072sj.jpg


「グッドキル!」




見事1位に輝いた
バトフィースリーさん。


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 23:41 | Comment(9) | TrackBack(0) | 1年間の総まとめ | 更新情報をチェックする
2013年11月19日

2013年度総まとめ


今年もやってまいりました、
今日11月18日は、我が極東ゲームレビュー館の開設記念日。
あれから7年の月日が経ってしまいました。
(1日過ぎちまったけど!!)

この記事を書く回数が増えるたび欝になっていきますな。
7年前といえば、私まだ何かの専門機関で勉学に勤しんでいたころでしたよ。
いやはや年はとりたくないものです。

つか、そろそろ20代も終わりが見えてきましたわ……。

さて、そんな話は置いといて、
今年も例年通り一年間の総まとめを行いたいと思いますぞ。

毎年の事ですが、この一年間の総まとめは
ゲーム業界の一年間を振り返るわけでも
どんなゲームが売れたのかをまとめるわけでもありません。
あくまで個人的にやり込んだゲームをただ振り返る、そんな誰得企画でございます。

また、個人的な思い出を振り返ったりもしている自己マン企画ですが
まぁ記録を残しておけば、将来的になんか役に立つかもしれないとね。。。

以上、テンプレですが、まあ、そんな感じです。

とりあえず、ゲーム業界の一年間は振り返りませんが
例年通り、私個人の一年間を振り返えっていきたいと思いますぞ!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【1年間の出来事】

2012年12月
・ドラクエの非売品グッズがもらえるキャンペーンに当選。
・BF3のプレミアムエディションを購入したつもりが、無印BF3を掴まされる事に。
 なお、買った店の誠意ある対応により解決する。わざわざ家に届けてくれた。
・ロックマン25周年に伴い、年末年始にロックマンシリーズ(1〜5まで)を
 連続クリアするマル六計画の発動を密かに開始。
・携帯電話が壊れるも、前の携帯を代用する事で難を逃れる。
 なお画面が見えなくなってしまったので
 データのバックアップに相当の苦労が伴ってしまった。
2013年1月
・マル六計画に伴い、ロックマンシリーズの攻略を進めたものの、
 3の途中までしかいかず、計画は失敗。
 ロックマンシリーズは、唯一3が未クリアなので、いつか再チャレンジを誓う。
・競馬で万馬券(6万円)を当て、幸先の良いスタートを切る。
・いつまでも前の携帯での代用には無理があると悟り、
 私もついにスマホデビューを果たす。
2月
・3DSを購入する。
 同時購入ソフトはドラクエ7。
3月
・いきつけのレトロゲーム等が売っている店が閉店する。
 中学時代から通っていた店の1つだったのでむなしさを覚えた。
 ちなみに、小学生の頃から利用している“わんぱくこぞう”は今も通常運転中。 
・新品で購入したPS3の『信長の野望30周年謝恩パック』に付いていた
 サントラが日焼けしていた為、三日三晩、諦めるか、買い換えるかを考える。
 しかし、メーカーに問い合わせた所、新品と換えてくれたので解決する。
・新品で購入した某エロゲのケースが割れていたが、
 レシートを捨てていた為、返品できず、買い直すことに。
4月
・特に無し。
5月
・特に無し。
6月
・『信長の野望30周年記念歴代タイトル全集』発売を知り、テンション高まる。
 そして足利幕府再興を誓う。
7月
・ファミコンやSG-1000が30周年を迎え、時の流れの速さを痛感する。
8月
・ゲームボーイライトを格安(280円)で入手する。
・前年度に引き続き、イマしよう記事の為の特別合宿が決行される。
9月
・『艦これ』を始める。
10月
・昔から心待ちにしてた『大東亜興亡史3』の発売を聞きテンションが高まる。
 しかし、私のパソコンだとスペック不足。
11月
・特に無し。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ふむ、まぁこんな感じの1年でした。
いやはやホント1年は早いですな。

さて、ここからは恒例のランキング発表です!

前回は、前々回から食い込んでいた『バトルフィールド:バッドカンパニー2』
見事一位となりましたが、今年はどうなる事でしょうか。
また、今年はスマホを購入したので、そっちの方のゲームも気になる所……。

てなわけで、一年間でやり込んだゲーム達を紹介していきますぞ!

では、早速いくぜ!
まずは第5位から!!

第5位 PS3
バトルフィールド:バッドカンパニー2ULTIMATE EDITION

戦闘力25万
01045.gif01045s1.gif
ファーストパーソン・シューティングゲーム(FPS)であるバトルフィールド。
今作は『バトルフィールド:バッドカンパニー』の続編で
架空の現代戦をテーマとしている。
純粋にストリーを楽しむモードのほか、オンライン対戦などが可能となっている。


今年も食い込んできました!!
惜しくも一位の座は逃してしまいましたが、
これで3年連続ランキング入りですね。

BF3を買った事もあって、昨年ほどはやり込みませんでしたが、
それでもそれなりに遊びました。
というか個人的には、BF3よりもこっちのが好きです。

第4位 PCゲーム
マブラヴ ALTERED FABLE 暁遥かなり

戦闘力50万
01045s2.gif01045s3.gif
マブラヴオルタネイティヴの世界を舞台とした
ヘックス型の戦略シミュレーションゲーム。
本編同様、人類と地球外起源種BETAとの戦いを描いた物語であり
このゲームでは、ストーリーを追っていくキャンペーンモードと、
自由にマップや部隊を選んで遊べるフリープレイモードからなる。
ファンディスクのマブラヴ ALTERED FABLEに収録された。


スピンオフのトータルイクリプスをプレイした影響で
またやりたくなって引っ張り出したら見事ハマってしまいましたw
一応、ファンクラブ限定の続編『暁遥かなり2』のゲームも持っているのですが、
あっちはフリープレイモードがないので、
ストイックにやる時にはこっちの方がいいんですよね。
それにフリープレイモードだと、部隊を育成できるのがいいです。

……ちょっとその育成方式が特殊なのがクセ物ですが。

ゲームも、元がアレなゲームだとは想像できないぐらいには
結構よく作られています。
というか、かなり本格的な戦略シミュですよこれ。
大戦略タイプのゲームが好きなら、
その意外に硬派な内容に満足できるかと思います。
逆にロボ物だからといってスパロボみたいなゲームを想像しちゃうと
泣きを見るかもしれませんが……。

まぁでも、歯ごたえはあるのでやりがいはありますよ!
このゲームのリアルモード、
(オルタ世界で人類が直面しているのと同じモード)は地獄ですからなw

第3位 PS3
地球防衛軍4

戦闘力55万
01045s4.gif01045s5.gif
地球防衛軍(EDF)の隊員として、巨大生物や巨大破壊兵器を相手に戦う
サードパーソン・シューティングゲーム(TPS)。
前作、地球防衛軍3から8年後のストーリーであり、地球防衛軍2のリメイクとなっている。
新たに2つの兵科が加わった他、最大4人でのオンライン協力プレイモードも追加された。


暁遥かなりもそうなのですが、私はこういう様な、
劣勢に絶たされた人類や軍が巻き返しを図る物語とか大好きです。
なので、純粋にそういうのが楽しめるゲームはそれだけで魅力的に映ります。

しかも、この手の内容の物に作り手の価値観が入ってくる様な
無駄な主義主張もなく、純粋に地球防衛軍の隊員になりきって
遊べる所はホント好感触なんですよね。
もともとが安価なシンプルシリーズのゲームだから、
そういった部分は極力作らないで開発費を浮かせていただけだったのかもしれませんが
それがこのゲームにはいい具合で働いていると思うんですよ。
今作のオンラインだと、テキストチャットを使ってバカをやれる要素も入りましたし
妄想大好き人間としては、ホントたまりません。

ただ、これまでの地球防衛軍シリーズと比べて、
何か目新しい事が増えたのかと言われれば全くそんな事も無く、
やってる事はシンプルシリーズ時代と変わらないんですよね。
オンラインとか兵科は増えたには増えましたけど、それぐらいですし……。
フルプライスになって、もっとできる事が増えたり
遊びの幅も広がったりしたのかなとか思ったんですけどその辺りは期待ハズレでした。

極端な話、見る人から見れば、ネームバリューに頼って
手を抜いたゲームって思っちゃうかもしれません。

第2位 PS3
バトルフィールド3:プレミアムエディション

戦闘力150万
近代戦を舞台にした、ファーストパーソン・シューティングゲーム(FPS)。
アメリカ海兵隊の1人として物語が展開していくシングルプレイと
最大24人対戦が楽しめるオンラインプレイなどからなる。
コンクエストやラッシュといったモードの他に、幾つかの新しいモードも追加された。

01045s6.gif01045s7.gif

ランキング的には2位になっていますが、
バッドカンパニー2にハマっていた頃と比べると、
そこまでハマれていないのが正直な所です。

面白いには面白いんですけど、なぜか撃ち合っていると
勝手にしゃがんだり立ったりする事があって、かなりストレスがたまるんですよ。
ただBF3をプレイしている人からはあまりそんな事は聞かないので
何かしらかの要因があるとは思うのですが、それが全く分からないんですよね。
少数ですが同じ症状の人がいたりもするので、
私だけ特殊と言うワケでもないようです。

勿論、意識せずにボタンを押してしまっているって事も無いと思うんですよね。
頻繁に起こるので注意深くプレイしてるし、
そもそもバッドカンパニーやCodでそんな事が起きた事はありませんから。。。

原因が分からないのでなんとも言えませんが、
そういった事情もあって、前ほどはハマれずにいます。

あと単純に動きがモッサリしているっていうのもいただけないのですが
まあ、なんだかんだで2位ですから、それなりにはやっているんですけどねw

ただ、期待度が凄かっただけに落胆も大きいです。
ストーリーもあまり面白くなかったですしね。。。

第1位 Android
ガンダムカードバトラー

戦闘力580万
01021a.jpg01045s8.jpg
歴代ガンダムに登場するMSやキャラクターを集めて
18枚のデッキを組んで戦うカードバトル。
オペレーション(ミッション)を進めながら
敵と戦い、経験値やお金を貯めてデッキを強化していく。
なおアップデートにより、
部隊に所属し共同戦線をはる事もできるようになった。


まさかのソシャゲが1位ですw
やはり手軽にいつでもできるので
必然的にプレイ時間も相当なものになってしまいます。

イベントとかも引っ切り無しでくるし、
もはやここまで来ると惰性でやってるような感じも……。

まあ、単純なゲームなんですけど、暇つぶしにはもってこいですよ。

ちなみに以前、結構良心的だし無課金でも充分楽しめるとかホザいてしまいましたが
バンナムを舐めていました。
普通に遊ぶ分には無課金でも全然いけるんですけど、
やはり、そこはバンナムですからね。
あの手この手で仕掛けてくるんですわ……。

私もたしなむ程度ですが、ついつい課金に手を……。

このゲームの場合、課金などはカードの入手に関わってくる所ですので
つい、1個200円もしやがるトラクタービームに手を出してしまうんですわ。
最近は、うんたらパックみたいなのでイベントのたびに1回安く売ってくれてますけど
焼け石に水ですからな。

あとは、ステップアップガシャなんてのも相当アレで、
1回目は100円でできるんですけど、6回目だと1回3000円になりますからね。
勿論、ここでしか手に入らないURカードを
手に入れられるチャンスでもあるわけですが、なかなかに恐ろしいものです。
(ただ、1回目と6回目のガシャはURなどの入手確率自体が全然違いますが)

……まあ、つまり、のめり込み過ぎないように気をつけたいと思うワケデスよ。
いやはや、皆様もお気をつけ下さい!

てなわけで、今年はガンダムカードバトラーが1位でした。
ガンダムカードバトラーには、例年通りスゲーで賞を授与したいと思います。

今年はレトロゲームが全く入ってきていませんが
勿論、まったくやっていなかったわけではないんですよ。
ただ、手広くやりすぎた感があるかもしれません。

……来年に期待したいところですな。

そんなわけで、2013年度の総まとめでした。

01045s9.jpg

「これで(課金を)終わりにするか、
続けるか。シャア!」




見事1位に輝いた
ガンダムカードバトラーを代表してのハマーン様。


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 01:18 | Comment(7) | TrackBack(0) | 1年間の総まとめ | 更新情報をチェックする