2016年07月24日

子供の頃から利用していたゲームショップがついに……


うわあああああああああああああああ。
ついにわんぱくこぞうが閉店してしまったあああああ。

なんということでしょう。。。
私が小学生の頃から利用している地元のゲーム専門店である
わんぱくこぞうが先月末に閉店していたのです。。。

ここ十数年で次々にゲーム専門店が閉店していきましたが、
わんぱくこぞうだけはずっと残っていたので、
どこか安心感はあったんですよね。

しかし、その最後の牙城とでもいうべきわんぱくこぞうまでもが……。

これにより、近場にゲーム専門店と呼べるショップは、
恐らくもう殆ど消えてしまったのではないでしょうか。
勿論、ブックオフとかハードオフとかも近辺にはあるので、
そういったお店なら扱っています。
しかし、ゲームを中心に取り扱っている専門店っていうのは、
ここらではわんぱくこぞうぐらいしか残っていなかったので、
そういう意味では、私の中で一つの時代が終わったように感じます……。

小学生の頃なんか、
当時の私が自転車で遊びに行く距離でも5件以上はあったのに、
それがもう全滅してしまったわけですからね。。。
わんぱくこぞうから歩いてすぐの所にも、もう1件ゲームショップがありましたし。

わんぱくこぞうは、子供の頃によく利用していたお店で、
高校以降は、1年に数回ぐらいの割合でしか利用できなかったんですけど、
ここ数年でまたちょくちょく行くようになっただけにとても残念です。

そういえば、わんぱくこぞうの看板には、
ずっとファミコンの文字が残っていましたが、それだけに年月の長さを痛感いたします。
私がファミコンに触れて初めてわんぱくこぞうに訪れたその日にも、
その看板はあったわけですから。

一番最初に訪れた時の記憶は今も残っていて、
ファミコンソフトのパーマンを買いに行った時ですね。
母親がこのゲームは子供でも遊べるかどうかを店員さんに質問して、
たしか難しいかもしれないとか何とか返答があって、
それで買わなかったので、今でも記憶しているわけです。
パーマンが欲しかったのに、結局親は買ってくれなかったわけですよ。
そんな思い出が残っています。
ちなみに、パーマンの代わりに別のゲームを買ったんですけど、
そのゲームもクソ難しかったっていうね。
確か、キテレツだったと思いますが、確信が持てなかったり……。

はぁ……。
こうして振り返ってみると、色々と思い出してきますね。
子供の頃からゲームで過ごしてきた人生の中において、
わんぱくこぞうがけして大きな立ち位置にあったわけではありませんが、
ファミコン時代からずっと利用していたお店であり(途中通う頻度は落ちたけど)、
それが二十年以上も続いたわけですから、色々と思うことはあるわけです。
勿論、思い出も一つや二つどころの話ではなく、
それだけに、なんとも残念でなりません。。。

ちなみに、わんぱくこぞうというのは旧店名で、
ここ近年では名前が変わっていたらしいですね。
閉店してからその事実に気づきましたが、
自分の中ではいつまでもわんぱくでいたい子供の気持ちだったのかもしれませんな。

そんなわけで、今日までありがとう、わんぱくこぞう!
お疲れ様でした。


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 22:46 | Comment(3) | TrackBack(0) | ゲームがツキマトウ我の日記 | 更新情報をチェックする
2016年07月18日

No.247 プレイステーション2『ウルトラマン』


特撮ヒーロー番組『ウルトラマン』を原作とするPS2の格闘アクション。
対戦格闘に重きを置いたFighting Evolutionシリーズとは異なり、
原作の雰囲気を重視した再現ゲームといえる内容です。

ゲーム全体のボリュームこそ少ないものの、
随所に見られるこだわりは原作を知っていれば知っているほど、
その作りの細かさに、あるいは再現度に脱帽してしまうほどであります。

格闘ゲームとしてのウルトラマンを楽しみたいのであれば
Fighting Evolutionシリーズの方をお勧めいたしますが、
原作の雰囲気を感じたい、あるいはウルトラマンらしさを楽しみたいという事であれば、
こちらのゲームがよりその要求に答えてくれるのではないでしょうか。

01110.gif

初代ウルトラマンのストーリーを追体験!


このゲームには幾つかのモードがありますが、その中でメインとなるのが
TVで放送されたエピソードを追体験する『ストーリーモード』となります。
ストーリーは、テレビで放送された初代ウルトラマンのエピソードと同様、
第1話のベムラーから最終話ゼットンまで。
バルタン星人やレッドキングといったお馴染みの星人や怪獣を初め、
バニラやアボラス、それにペスターといった
Fighting Evolutionには登場しなかった怪獣もチラホラと登場します。

全11話構成となっている為、途中幾つかのエピソードは省略されていますが、
条件を満たす事で第1話と最終話を除くエピソードの中からランダムで4話が、
新しいエピソードと入れ替わる形で追加されます。

原作再現へのこだわりが見れるゲーム


格闘アクションなので、ウルトラマンと怪獣のタイマン勝負の格ゲーなわけですが、
格ゲーとしての読み合いや駆け引きは薄く、
攻撃のバリエーションや連携技といったモノも限られています。
格闘ゲームとして見るとかなり見劣りのする類のゲームですが、
その分、キャラゲーとしての側面が強く、
またこだわりが非常に感じられるゲームでもあります。

空や山などの背景や建物から感じられる特撮番組らしいらしさ。
それに怪獣やウルトラマンも、格闘ゲームとしてのキャラというより、
テレビの番組を見ているかのようなあの質感と重量感が感じられるゲームです。

まず操作キャラであるウルトラマンは、3タイプのモデリングからなるのですが、
これは実際に放送された時に使われたタイプに合わせて、
ゲーム内でもウルトラマンが変わっていくという原作の雰囲気を再現しています。

各話における怪獣との戦いにおいても、
原作のエピソードを再現した戦い方が可能となっている為、
プレイヤーの戦い方次第では、テレビで見たあの光景がそのままの形で楽しめるわけです。
例えば、ジェロニモだったら羽を毟り取る演出が入るし、
グビラだったらツノを折る演出が入るなど。
怪獣それぞれのモーションも本当に細かく再現されていて、
そういった部分にこそ力を入れいているという事がよく分かります。
ただ倒すのではなく、いかに原作を再現した戦い方をして勝つか。
このゲームが格ゲーとしてではなく、キャラゲーとしての側面が強いのはその為ですね。

他にも、ジェットビートルで怪獣と戦ったり、
スーパーガンを使って地上から怪獣に攻撃を加えたりなど、
操作するハヤタを通して科特隊にもスポットが当てられています。
ハヤタを操作する時は、自身のタイミングで変身も行えますし、
怪獣とのタイマン勝負以外でも、特撮番組『ウルトラマン』としてのらしさが、
このゲームには色々散りばめられておるわけです。

01110s2.gif
ステージ開始前にはテレビで見た懐かしい場面と共に簡単な解説が入る。

01110s3.gif
この再現度は今見てもなかなかのもの。

01110s4.gif
レッドキングを八つ裂き光輪で切断!特殊演出でテレビのあのシーンを再現。
ちなみにウルトラマンがこのやり方で殺ったのは二代目レッドキング。


01110s5.gif
ジェットビートルやスーパーガンで科特隊としても戦える。

01110s7a.gif
ウルトラマンは原作通り3タイプからなる。

おまけのモードも多彩


メインとなるストーリーモード以外にも、以下の様なモードがあり、
多くはゲームを進めて行くと追加されるようになります。

怪獣大乱闘モード


怪獣を操作して戦う対戦用のモード。
ストーリーモードで出現した怪獣を使う事ができ、なんとピグモンも使える。

怪獣天下モード


好きな怪獣を選び、次々に出現する怪獣を倒していくモード。
最後に出現するウルトラマンを倒すとクリア。

怪獣墓場モード


宇宙ビートルを操作して、怪獣墓場を探索するモード。
怪獣のデータベースが閲覧できる。

岩投げモード


レッドキングを操作して、岩投げの飛距離を競うモード。

ウルトラ快進撃モード


ウルトラマンを操作して3分間で何匹の怪獣を倒せるかを競うモード。
A〜Cタイプ、それに帰ってきたウルトラマンも使える。

帰ってきたウルトラマンモード


帰ってきたウルトラマンのストーリーが遊べる隠しモード。
全4ステージからなるが、ウルトラマンのストーリーと違って各話の解説は無く、
科特隊に変わるMATが登場する事も無い。

これらはメインのストーリーモードと違って、
完全におまけのミニゲームみたいなモードですが、
帰ってきたウルトラマンのモードも解禁されるので油断なりません。
このモードを出現させるには、これらミニゲームを色々やっていく必要がある為、
意外に大変です(難しくはないけど)。

ただ、これだけミニゲームがあり、
尚且つ帰ってきたウルトラマンのモードもあるわけですが、
いかんせん、すぐ終わるほどの大味でボリュームがありません。。。
色々パロディ色も強く、発想としては面白いミニゲームもありますが、
それだけにちょっと勿体無く感じました。

01110s6.gif
帰ってきたウルトラマンモード。

キャラゲーであればこそ愛は大事


前にも何回か言った事があると思いますが、個人的にはキャラゲーって、
キャラや原作に対してどれだけ妥協せず生かしているかが
大事な部分だと思っているんですよね。
ゲーム性がいかに良くても、キャラの持ち味を殺したゲームには愛着がわきませんし、
原作を大きく外れたり設定を無視したモノも、
それが好きであればあるだけ冷めるわけで、論外であるとすら感じる事もあります。

逆に、多少ゲーム性で劣っていても、愛やこだわりを感じる事ができるのであれば、
それはそれで味として見る事もできるので、
いかにリスペクトしているかがキャラゲーにおいては非常に大事であると感じるわけです。
勿論、ゲームがそもそもつまらないとかになるとさすがにアレですが。

このゲームは、格闘ゲームとしてみれば見劣りするし、
格ゲーとしての面白さ的な部分からは遠く離れているかもしれません。
ただ、原作の再現という意味においては、充分愛を感じる事ができたし、
こだわりが感じられたゲームでありました。
ファンなら自分の手で原作を再現できる喜びに必ずや満足できると思われますが、
逆にそうでないのであれば、必ずしも満足できるゲームとはいかないのも事実。

また、個人的にはウルトラマンのゲームという意味では満足したものの、
いま一歩物足りなさを感じたのも正直なところです。
正直、ボリュームはやはり少なく感じました。
おまけ程度の帰ってきたウルトラマンのエピソードを入れるぐらいなら、
もっとウルトラマンのエピソードを入れて欲しかった。
ダダとかメフィラスとか有名どこもそうだけど、
ザンボラーとかキーラとかもファン向けであればこそ、
ここぞとばかりに出して欲しかったですね。

それに科特隊の戦いももっとこだわって入れて欲しかったとも思います。
私はそもそも、このゲームを買う動機となったことに、
科特隊の戦いが再現されているっていう部分が大きなウェイトを占めていたわけですよ。
パッケージにもそういった戦闘シーンの画像やら、宣伝文句が書いてあって、
それを見て店頭で即買いをしたわけですから。
ところが、ゲームにおいて科特隊は、
すぐ出てすぐ終わる程度のおまけ要素でしかなく、
ずい分肩透かしを食らった感がありました。
ミニゲームならミニゲームでも良かったけど、
それならもう少し幅広く登場兵器とかも出して欲しかったかなって思います。

本編がよく再現されているからこそ、
他の手の届かない部分が目立ってしまったっていうのもあるとは思いますけど、
やっぱこだわりが見えるからこそもっともっとっていう欲はでてきますw
そういえばこのゲームではウルトラマンのテーマが使われて無かったんですけど、
そういった部分もやはり気になってしまいましたね。

もう随分経っているから次回作は無さそうだけど、
良いゲームなので色々改良して移植とかでてくれると嬉しいですね。

『ウルトラマン』評価:☆☆☆☆
発売・バンダイ
ジャンル・アクション
発売日・2004年5月20日
定価・6,800


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | プレイステーション2 | 更新情報をチェックする
2016年06月16日

艦これ:2016年春イベント『開設!基地航空隊』を終えて


艦これ2016年春イベント『開設!基地航空隊』が終わって少し日が空きましたが、
ようやくイベント中の疲れもとれてきたので、そろそろ今回の感想をば。

つか、そろそろもクソも艦これの記事なんていつも書いているわけじゃないけど。。。

kan1.png

いやはや、今回は疲れた。
とにかく疲れた。
いつもイベント後は疲れてるけど、今回はとにかく疲れた。

もう振り返ってみて、雲龍がドロップしたとか、
1年前にエサにした翔鶴が再び我がもとに戻ってきたとか、
そんな些細な喜びよりも何よりも、とにかく疲れました。

つか、イベントが終了して、少し間を空けたら、
それしか感想がでてこないっていうね。
イベント中はそれこそ四苦八苦しながら、
道中大破だったり、ボス撃破しなかったりで、胃がキリキリ、頭ブチブチしながら、
時にドロップやまさかの大逆転的な戦果を挙げ、一喜一憂したりとか、
いや人間ってこんなにも喜怒哀楽が激しいものなんだなと思いながら、
それなりにいろいろと思うところもあったわけですが、
終えた感想が、『ああ、疲れた』のただ一言に集約されるわけです。

勿論、その一言には1ヶ月という月日を費やした、
私のさまざま思いも込められているわけでありますが、
とにかく、今回は全てを出し切って戦った総力戦でしたね。

イベント自体も総力戦といわれていましたが、
特定艦娘や特定装備等で制限がありすぎて、
本当の意味での総力戦とは程遠い気もしましたが、
気力、体力、時間を惜しみなく使った
まさに総力戦であった事は間違いありません。

5月2日夜より始まり、6月1日朝までのおよそ1ヶ月間。
私はギリギリ終了日の1日前に終えましたが、
それだけにホント長く険しい戦いでした……。

イベントが始まる前のキャプを撮り忘れていたので、
備蓄資源的にどれぐらい費やしたかは、正確な所はわからないんですけど、
イベント直後のキャプと、
その始まる1週間ぐらい前のキャプから推察するに、
燃料は9万、弾薬は12万、鋼材2万、ボーキ3万、
バケツは大体250個ぐらい消費
したんじゃないでしょうかね。
たぶん、これまでのイベントの中で一番備蓄資源を投入した戦いだったと思います。
他にも疲労度を回復させる為に、
温存していた、給糧艦の間宮さんと伊良湖も惜しみなく投入しました。

01109.jpg
イベント終了直後の備蓄資源。

今回のイベントは、全7作戦海域(3段階からなる)で構成された大規模作戦
甲・乙・丙からの難易度選択が可能で、
甲・乙難易度は出撃制限が掛かるお札が付きます。
まあ、恒例の特定海域に出撃した艦娘は、
別海域の出撃が出来なくなるっていうシステムですね。
その他に今回の肝である、基地航空隊システムが新たに実装されたイベントでした。

まあ、E1から軽く振り返ってみましょうか。

E1 前線制海権を確保せよ!

(5月4日より攻略を開始し、翌5日に難易度甲にて攻略達成)

E1から連合艦隊編成(2個艦隊、計12隻編成)での攻略となり、
大規模作戦の名に恥じない出だしといえました。
まあ、難易度的には特に躓く事も無く、1日で攻略達成。

E2 設営隊を揚陸せよ!

(5月6日より攻略を開始し、9日ボスゲージが破壊できず甲攻略を断念。
難易度を丙に変更し攻略を開始。11日に攻略達成)


今回の鬼門その1。
個人的な感覚としては、本イベント中2番目にキツかった海域でした。

何しろこの海域は、大発動艇、三式弾、WG42といった装備が不可欠であり、
それを装備可能な艦娘を育てていないと、非常に厳しい攻略を余儀なくされます。
特にWG42という装備は、これまでのイベントで手に入るクリア報酬か、
同じくイベントでしか手に入らなかったU-511からしか入手手段が無い装備なわけです。
また、大発動艇もそこまでではないにしろ、なかなか手に入りにくい装備でして……。
つまり、これらレア装備を何個か持っていることが前程なんですな。

私は、大発動艇3つ(E1攻略報酬やカミ車も含む)、
WG42は1個持っていましたが、そんな微々たる数では焼け石に水。
そもそも、大発はそれを装備できる艦娘が育っていなかった為、装備できず、
かなり苦戦を強いられました。

まあ、例えあったとしても、札システムがあるので、
後の作戦を考えると、ここで全力投入も出来なかったとも思いますが、
ともあれ、どうにもならなかったので難易度を落として丙で攻略したわけです。。。

……つか丙でもゲージ破壊するまでに相当時間かかったから、かなりキツかったけど。

E3 前線飛行場を設営せよ!

(5月13日より攻略を開始し、15日、丙にて攻略達成)

E2がキツかった事もあって、最初から難易度を丙にしての攻略。
ただ、そもそもが輸送作戦という事もあって、ボスを倒さなくても攻略は可能。
なので、乙攻略でも良かったかも知れなかった海域。

ただその甲斐あって、ストレスを感じずに攻略を達成し、
見事クリア報酬の『神風』をゲット。

01109s2.jpg
本イベントで初登場の神風。

E4 前線飛行場を設営せよ!

(5月16日より攻略を開始し、18日、乙にて攻略達成)

前段階作戦、最後の海域。

どうせ後の海域は丙にしちまうし、
難易度を上げて、ここで全力を出すのも悪くはないと、
息巻いて難易度を乙にした海域。
(乙にすると丙では貰えない一式陸攻が手に入る)

E2は、後の事を考えたり、
育っていない駆逐艦がメインだったりで丙でもキツかった海域でしたが、
E4は、難易度を上げたといっても、
虎の子の戦艦や空母も投入できる上、後の事を考えず挑むことが出来たので、
特に問題なく攻略ができた海域でした。

なお、初めて基地航空隊システムがお披露目となった海域でもありましたが、
この海域では運用方法がよく分かっていませんでしたね……。

ちなみに『雲龍』がドロップした海域でした。

01109s3.jpg
ようやく手に入れた雲龍。
士気は弥が上にも高まりました。


E5 ラバウル航空撃滅戦!

(5月19日より攻略を開始し、27日、乙にて攻略達成)

拡張作戦、Extra Operation。
今回の鬼門その2です。

知り合いからの事前情報で、「丙も乙もたいして変わらん!」
……って話を聞いていたので、それならばと、報酬が良い乙で攻略をした海域。

基地航空隊の運用が可能なのはE4と同じですが、
この海域では敵が直接基地へ攻撃をしかけてくるという新たな展開があり、
それによりまさかの備蓄資源に損害が!!

なので、チンタラ攻略するわけにもいかず、
とっとと終わらせたかった海域でしたが、そうは問屋が卸さんとばかりに、
艦隊の道中大破率も尋常じゃなくて、なかなか攻略できませんでした。。。

途中、嫌気が差して2日ぐらい艦これを放置しましたが、
その後、艦隊編成を改めた事で、それなりにスムーズに進行するようになり、
何とかクリア出来たわけです。

乙だったので、全難易度の報酬の重巡洋艦『Pola』三式戦闘機『飛燕』の他、
局地戦闘機『雷電』も手に入れ、ちょっとホクホク顔な私なのでした。

01109s5.jpg
盟邦ドイツの艦娘。

01109s4a.jpg
基地航空隊システム運用に不可欠な戦闘機たち。

E6 友軍泊地奪取作戦

(5月28日より攻略を開始し、29日、丙にて攻略達成)

3段階からなる大規模作戦もいよいよその最終段階である後段作戦です。

ここでは、恒例のギミックがついに登場しました。
ギミックを解除しなければ、難易度が激高になるっていうから、
まずその解除を行う必要があるメンドクセー海域です。

ただ、これまでのイベント時のギミックと違うのは、
ギミックのリセットが無いって事です。
リセットが無いので、一度解除すれば良いだけ。
それだけでも随分ゆとりができます。
なにせイベントの終了まで時間が無かったので、
私としても、まだ多少夢を見る事ができるわけです。

……まあ、半分ぐらい諦めていましたが。

この海域で、ギミックを解除すると、
基地航空隊の敵へ与えるダメージがスンゲー事になり(頻繁ではないけど)、
その様は見ていて気持ちいいものでしたが、
逆に艦隊が、ボスへ一発も攻撃をしない事も多々あって、
ブチ切れそうになる事も数度ありましたw
(逆パターンもあったけど)
あと一発、艦隊の誰かがボス目掛けて主砲をぶっ放してくれれば勝利するものを、
ボスの護衛ばかりに攻撃してなかなか当ててくれないのです。
何度パソコンの画面を叩き割りそうになった事かと。

ともあれ、攻略スピードは快速また快速。
これまでのチンタラプレイが嘘の様に、わずか1日余りで攻略を達成。
諦めかけていた心に一筋の光明が差し込んできたのであります。
まさに神機到来!
決戦の第一歩デス。

01109s6.jpg
最後に時雨が攻撃精神を見せてくれました!
ホント、ギリギリです(´・ω・`)


E7 波濤を越えて

(5月29日より攻略を開始し、30日、丙にて攻略達成)

本イベント最終海域。

最終海域という事もあって、超絶な難易度を覚悟していたわけですが、
丙難易度だったからなのか、特に躓く事も無く、
わりとあっさりと攻略ができました。

E5攻略時には、全海域の攻略を半ば諦めかけていたのですが、
E7もわずか1日余りで攻略。
人間諦めなければなんとでもなるっていうわけですな。
E5までの攻略スピードと、E6以降の攻略スピードは、
そもそもパソコンに向き合っている時間が違うからっていうのも
関係してくるんだろうけど。。。
E6以降は、数時間張り付いてたりしてましたし。

ちなみに、1年前にエサにした翔鶴を、この戦いで再び取り戻しました。
まさに神風が吹いているなと、攻略中は思っていたわけです。

まあ、イベント終了後にも2回ほど翔鶴がドロップした時は、
この1年間は一体なんだったんだろうとか思っちゃいましたけどね。
あと、E7では他に『春風』もドロップしました。

01109s7.jpg
摩耶様のトドメで、この長き戦に決着が……。

01109s10.jpg
E7攻略中にドロップした翔鶴。
再び我がもとに戻り、思わず涙がちょちょぎれました(嘘)


01109s13.jpg
翔鶴、無駄にイベ後に2回もドロップしてどうしようかと。。。

01109s9.jpg
E7攻略中にドロップした春風。
現在の所、本イベントのこの海域でしか入手できないレア艦です。


01109s8.jpg
ついでにE7クリア報酬のアイオワ。
ついにアメリカまで出て来るとは……。


とまあ、そんな感じの春イベントでした。

なお、個人的に恒例でやっている、イベント終了後の大型建造で、
ビスマルクを一発ゲットしましたよ!
前回は、一発で大和だったんですけど、大型建造の運は意外にいいんですぜ私w

大型建造は、イベント終了後で資源を使いまくったどさくさでしか殆どやら無いので、
まだ武蔵とか持っていないんですけどね(汗)

01109s12.jpg
我が艦隊のドイツ艦も着々と増えていってますぞ。

色々ありましたが、
振り返ってみると、やっぱ疲れたっていうただそれに尽きますね。。。
この艦これイベント中に、
他に手を出しているゲームでもイベントが始まっていたので、
それも疲労度が溜まる要因になったと思われますが、やっぱ掛け持ちは辛いです。

リアルタイムの期限に絡んでくるクエストや、
いわゆるスタミナといわれるシステムがあるゲームは、
ゲームに生活が縛られて凄く疲れてしまうんですね。
それは基本無料系に限らず、思えば、たまごっちが登場して
それに一喜一憂してた時から、そういう系は苦手でしたな。
普通のゲームなら、ラブプラスとかもね。

なので今回を機に、幾つかそういう系は切り捨てました。
もう、艦これとDMMのスケベゲームだけで充分です。

あっでも、マブラヴのヤツ事前登録してるんだよな……。

まっ、いっかw

01109s11.jpg
戦いすんで日が暮れて……。


〜関連記事〜
・忘るるなかれこの悲壮、嗚呼、翔鶴は花と散る。

にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
2016年06月02日

懐かしのホビーパソコンガイドブックとかアーケードゲーム進化論とか


こんばんは。
本日は前回の記事(一部18禁画像を使用しているので閲覧の際はご注意を)
ちょっち話題にあがった本をご紹介します。

01108.jpg

前回、美少女だのギャルゲーだのといった本を紹介しましたが、
この『懐かしのホビーパソコンガイドブック』は、同じ監修者が手がける、
その名の通り、ホビーパソコンのガイドブックです。

当時のパソコンの実機写真や広告、それにゲームの画像などがテンコ盛りで、
ホビーパソコンと青春を過ごした人にとっては、
とても懐かしい気分に浸れるのではないかと思われる本です。

うちにも親が使っていたパソコンがあったので、
中には小さい頃に触れていた物もあったりするわけですが、
やはり、どこか懐かしい気分に浸れますね。
勿論、当時を知る人達と私とでは、
その懐かしさのベクトルが違うとは思いますが。

01108s4.jpg
パピコンの愛称でお馴染みPC-6001。

01108s2.jpg
MZ-700に不可能はないでお馴染みのそのMZ-700。

01108s3.jpg
色々なメーカーから発売された共通規格パソコンであるMSX。

この本を監修している人も述べていますが、
この本は、あくまで見せる事に重きを置いた本なので、
読み物としては物足りなさを感じるかもしれません。
なので、この本と対になる『ホビーパソコン興亡史』という本も
合わせて読むと良いかも知れませんね。
そちらは、こちらとは対照的に読み物としての部分に重きを置いているそうなので。

さて、ホビーパソコンとは関係はありませんが、
もう一つ、同じ監修者が手がける『アーケードゲーム進化論 シューティング編』をご紹介します。

01108s5.jpg

固定画面シューティングのスペースインベーダーに始まり、
スクロールや3Dシューティング、それにガンシューティングも掲載されています。
昔懐かしのモノから、わりと新しめのシューティングも載っていたので、
新旧両方楽しめるのが魅力ですね。
……200を越えるタイトルを扱っているので、
一つ一つの情報量としてはこれまた物足りなさがあるかもしれませんが。

01108s6.jpg
ソンソンとかスターフォースといった懐かしのレトロ系シューティング。

01108s7.jpg
新しめの所ではオトメディウスとかデススマイルズとか。

01108s8.jpg
スーファミなどに移植されたガンシュー、リーサルエンフォーサーズも。

などなど。
全ページカラーで掲載されております。

200を越えるタイトルって事ですが、
基本的に、シリーズタイトルならその最初の作品を大きく取り上げ、
シリーズの続編や外伝的な作品は、一枚画像に申し訳程度の掲載という形になっています。
R-TYPEを例にあげれば、初代R-TYPEはほぼ1ページ丸まるですが、
残りの作品は、まとめて1ページに凝縮した形なので、
思い入れのある作品が必ずしも満足のいく掲載のされ方であるとは限りません。
グラディウスしかり、ダライアスしかり、その他モロモロ。
続編タイトルにこそ思い入れがある人は、
手に取る際に注意が必要かもしれませんね。

ただまあ、この手の本はやはりパラパラと眺めているだけでも楽しめます。
物足りなさが無かったというとウソになりますが、それでも個人的には充分楽しめました。

ちなみに、このシリーズの続編である
『アーケードゲーム進化論 アクション編』も先日発売されたようなので
興味のある方は、そちらも合わせて手にとってみてはいかがでしょうか。

それでは本日はこの辺で。


〜関連記事〜
・僕たちの思い出が蘇る!ギャルゲー&美少女ゲームクロニクル!

懐かしのホビーパソコン ガイドブック (OAK MOOK)
前田尋之
オークラ出版
売り上げランキング: 162,179

アーケードゲーム進化論 シューティング編 (OAK MOOK)
前田尋之
オークラ出版 (2016-03-31)
売り上げランキング: 49,225

にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 23:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームがツキマトウ我の日記 | 更新情報をチェックする
2016年05月21日

僕たちの思い出が蘇る!ギャルゲー&美少女ゲームクロニクル!


こんばんは。
今宵のナビゲーターの二条ジョウです。

今日は、こんな本を2冊ご紹介しますぞ。

01107.jpg

一つは、『ぼくたちの美少女ゲームクロニクル』
去年の8月ぐらいに発売された、Windows以前のアレなゲームを紹介している本。
そしてもう一つは、『ぼくたちのギャルゲークロニクル』
今年1月に発売された美少女ゲームクロニクルの続編。
こちらは、コンシューマに厳選した内容となっています。

なお、本記事には一部18禁画像が使われているため閲覧の際はご注意ださい。

大丈夫だと言う方のみ続きをどうぞ
posted by 二条ジョウ at 23:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームがツキマトウ我の日記 | 更新情報をチェックする