2016年04月09日

No.245 スーパーファミコン『ストリートファイターIIターボ』


01105.gif

進化を遂げたバージョンアップ版


ストIIダッシュのバージョンアップ版である、ダッシュターボの移植です。
ダッシュの名称は、諸般の事情でカットされておりますが、
中身はダッシュターボのみならず、ダッシュも含まれているお買い得なソフト。

短期間の相次ぐマイナーチェンジで、
焼き直しという批判もあったアーケード版とは対照的に、
ダッシュが発売されていなかったスーパーファミコンでは、
無印から直接バージョンアップしたような形になった本作。
国内では200万本以上の売り上げを果たし、
前作に続いてミリオンセラーを成し遂げました。

デフォルトで同キャラ対戦が可能となったほか、敵として登場した、
バイソンバルログサガットベガ四天王が操作できるようになり、
新技の追加や全体的なバランス調整も行われております。
他にもターボモード(ダッシュターボに該当するモード)では、
ゲームの速度も変更でき、
よりスピーディーな対戦が楽しめるようになったのも大きな特徴の一つです。

私は☆4のスピード(星の数が多い程速い)でずっと遊んでいたせいか、
通常のスピードに戻った際の違和感はハンパなかったです。
ターボをやるまでは全然感じなかったのに、これで慣れた後は、
すべてがスローモーションに感じて、やり辛くなってしまったんですよね。
それぐらい速さの違いがあったんですけど、
恐ろしいのは、裏技を使うとさらにスピードを速くできるんですなコレが。
最大で☆10にできるので、そのMAXスピードでチャレンジした後は、
よけい通常のスピードで遊ぶと違和感がバリバリでした。
まあ、MAXスピードだと、まともに操作できなかったので、
やはりデフォルトで最大の☆4ないし☆3ぐらいがちょうど良いんですけど。。。

01105s2.gif
ターボモードでスピードの変更が可能。
タイトルで☆を増やしてスピードを調整だ!


01105s3.gif
ノーマルモードは、ストIIダッシュに該当するモードだぞ!

01105s4.gif
四天王が追加され、戦いは益々盛り上がる!

マイキャラはリュウと春麗、ときどきベガ


個人的にはバランス調整がされた事で前作よりキャラが弱くなったとか、
あるいは強くなったとか、そういった違いを何となく感じはしたものの、
当時、細かく何がどう違うかまでは分からなかったのが正直なところでした。
必殺技が追加されていたりで、キャラの性能とか
あきらかに違うのは分かるんだけど感覚的にって感じでしたしね。。。

無印から同様、私はリュウと春麗を使用する事が多かったのですが、
ターボでスピードが速くなったこともあってか、リュウは格段に使いやすくなっていましたね。
春麗は、使用することは多かったけど、
いまいち使いこなせていなかった無印時代とは対照的に、
飛び技である気功拳が使えるようになって、
ある程度はマシに戦えるようになったのがターボでの大きな変化でした。
まあ、そもそも今も昔もあんまり格ゲーが得意ではない人なので、
マシといってもうまい人から見たらクソみたいなものですが。。。

あとターボから四天王が使える事もあって、
ベガ辺りも好んで使うようになりましたが、
やっぱりリュウが一番使用頻度が高かったかもしれません。
人と対戦する時は、リュウが多かったですし……。

というか、ガチ勢のいとこのねーちゃんと対戦することが多く、
そのねーちゃんがベガを使っていたので、
どこか気後れしていたっていうのもあるかもですがね!

とにかく、ターボは格段に面白くなっていたので、
ヘタッピな私でも、小さい頃は無印以上に楽しく遊んだゲームの一つでした。

01105s5.gif

『ストリートファイターIIターボ』評価:☆☆☆☆☆
発売・カプコン
ジャンル・対戦格闘
発売日・1993年7月11日
定価・9,980


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーファミコン | 更新情報をチェックする
2016年04月03日

ナイトガンダム カードダスクエストのバインダーが届いたぞぃ!


ナイトガンダムカードダスクエストのバインダーが届きましたので、
予定通りその記事をば。

……ちょっち、ワタワタしちゃったので、
届いてから一週間ぐらい経っちゃったけど。。。

01106.jpg
バインダー表

01106s2.jpg
バインダー裏

こちらは、プレミアムバンダイ限定の専用バインダーです。
1冊で2弾分が収納できるので、ジークジオン編4弾分が収納できるように
2冊購入いたしました。

バインダーの内部にはプロローグや各弾のストーリーなどが書かれ、
限定カードとして、PR050のカードが付属。
リフィルシートはカードが収納できる通常のものの他、
自動販売機専用のディスプレイパネルを収納できるシートも付属しております。

01106s3.jpg
開いて左側にはプロローグが!

01106s4.jpg
右側(最後)には各弾のストーリーが!

01106s5.jpg
自動販売機専用のディスプレイパネルも収納可!
ディスプレイパネルは、
カードダスクエストのゲーム内イベントなどで入手できました。


01106s10.jpg
バインダー付属の限定カード!

カードダスクエストは、スマホやパソコン向けのゲームと連動もしているので、
そのカードを使って実際にゲームを楽しむことが出来ます。
私も必死こいてやっていますが、ゲームはそこまで面白くは……、ゲフンゲフン。

……コホン。

ゲームが面白いとか面白くないとかはさておき、
そこでしか手に入らない限定カードが配布されるので、
集める以上、このゲームをやらないとならないのであります。

新規書下ろしのカードが沢山手に入るので、
そういった収集欲は刺激されますぞ!

01106s6.jpg
カードダスクエストのゲームをやって手に入る限定カード!

01106s7.jpg
こちらはゲームをやらなくても普通に買うと手に入る新規プリズムカード!
新規プリズムは各弾に6枚新たに追加されました。


4弾は発売されたばかりなので、それは抜かすとして、
なんとか今のところコンプに近い状態まで集めることができております。
ノーマルやプリズム、新規プリズムはコンプ。
限定カードや、プロモカードも1枚を抜かしてコンプ。
その唯一、手に入っていない1枚が、
SDXっていうプラモだか何だかの特典として付いていたカード。

私は子供の頃からプラモの方には殆ど興味をしめさなかったんですけど、
それは今も同じで、カードの為とは言え、2万近くもするそれを買う気にはなれず、
そのカードだけが入手できていないんですよね。。。

オークションとかでも、
カードだけで1万円っていうね……。

そんなわけなので、その1枚だけが入手できていません。
5千円ぐらいなら買うだろうけど、カード1枚に1万はちょっと躊躇しますね。
ドラゴンボールならまだしも。。。

それはさておき、ナイトガンダムといえば、
新しいのが出るたびにパワーインフレを起こしていたシリーズですが、
そのパワーインフレっぷりは、ちゃんとゲームにも反映されています。
この前のアップデートで、バランスが修正されて、
3弾までのカードがゴミクズみたいになってしまいましたw

限定カードを集めていく上で結構キツいですが、
まあ、逆にいえば、4弾の、ネオブラックドラゴンスペリオルドラゴン
あとジークジオンとかその辺りを持っていれば、ヌルゲーになるんですけどね!!

01106s8.jpg
インフレカード

ところで円卓の騎士編も出るんですかね。
個人的には聖機兵物語編ぐらいまでは
出てほしいかなって思っていますが、無理かなぁ。。。

まあ、中途半端に終わるよりも、
ジークジオン編で完結って形も綺麗に終わっていいかもしれませんが。

01106s9.jpg


〜関連記事〜
下にいくほど古い記事です。
・ナイトガンダム復活! ナイトガンダム カードダスクエスト!!
・No.238 ファミコン『SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語』

にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームがツキマトウ我の日記 | 更新情報をチェックする
2016年03月16日

ドラゴンボールカードダス第31弾と第32弾のコンプリートボックスが届いたぞぃ!


オッス!オラ二条。
プレミアムバンダイで限定発売がされた、
『ドラゴンボールカードダス 「復活する伝説」31弾・32弾 COMPLETE BOX』
を注文していたのですが、それがついに届きました!!

01105.jpg

ドラゴンボールのカードダスは、
1997年の第30弾と特別弾までが発売されていたのですが、
実はコレ、19年ぶりに復活したそのシリーズの続きなんですよ!!
今放送しているTVアニメ『ドラゴンボール超』に合わせて新規に作られた限定弾というから、
つい買ってしまいましたw

最近は、ナイトガンダムやらドラゴンボールの通常弾の復刻セレクション、
それにセーラームーンとかも復刻しましたが、ホント懐かしくてつい手を出してしまいますわ。
(セーラームーンは買ってないけど)

01105s2.jpg
バインダーは2弾分収納が可能!

01105s3.jpg
勿論キラも付いてる!

01105s4.jpg
公式ルールやカードリストが掲載されたブック付き!

カードは昔懐かしい感じですが、リニューアルされているので、
懐かしくも新しいデザインとなっています。
今後も続くんですかねぇ……。

ちなみに、数年前にもドラゴンボールの旧弾のコンプリートボックスが発売されていたのですが、
紹介する機会が無かったので、この機会に軽く紹介しておきますかね。

01105s5.jpg
コンプリートボックスVol.1!

01105s6.jpg
第1弾から第4弾までがVol.1に入ってる!
写真は第3弾。


01105s7.jpg
新規カードもそれぞれの弾に1枚付属!

01105s8.jpg
各弾のカードリストも閲覧できる、ブック付き!

ほんとは第2弾も紹介したいところなのですが、
実は第2弾、ついうっかり買いそびれてしまいました。。。
復刻じゃない方のはあるにはあるけど、コンプしてないし、
そもそも保存状態が良くないので、買いそびれたのは痛かったですね。。。

ただ、結局それ以降コンプボックスは発売されず、
第2弾で打ち止めになってしまったので、
まぁ第2弾を買っても結局コンプはできないんですけどねw

……セレクションも最近発売されたけど、あれは厳選されてるやつだからなぁ。。。

とりあえず今は、ナイトガンダムカードダスクエストの方も集めていますが、
近いうちに、公式のバインダーが届く予定なので、
そちらも気が向いたら記事にしたいと思いますデス。


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームがツキマトウ我の日記 | 更新情報をチェックする
2016年03月08日

No.244 PCゲーム『ブラウン通り三番目』


ソフトハウスキャラの出世作となった
巣作りドラゴンが発売されるよりも少し前の作品です。
まだ、そこまで有名ではなかった頃の作品ですが、
昔からゲーム性のあるアダルトゲームを作っていたメーカーで、
特に、シミュレーション要素を取り入れ、他社とは差別化を図っていたメーカーでした。

そんなわけなので有名ではなかったとは言っても、
一部ではそれなりにファンもいたわけです。
私もSLGを作る数少ないエロゲーメーカーとして密かに応援していた口ですが、
まさかここまで飛躍的な進歩を遂げるとは思ってもみませんでしたね。。。

てなわけで今回は、18禁ゲームの紹介です。
一応、画像などはある程度安心して見れるようなものを選んで載せていますが
一部発言なども含めて青年将校並みに過激な場合がございます。
また、18禁ゲームに興味のない方や嫌悪感を抱く方はご注意ください。

大丈夫だと言う方のみ続きをどうぞ
posted by 二条ジョウ at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | PCゲーム | 更新情報をチェックする
2016年02月18日

No.243 プレイステーション『SuperLite1500シリーズ クレージーバルーン2000』


01103.gif

1980年にタイトーからリリースされたアーケードゲームの移植で、
本作はSuperLiteシリーズ1500としてサクセスから発売されました。

風船をゴールに運ぶだけという単純明快でシンプルなゲームですが、
ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャーで人気だった、
あの電流イライラ棒を彷彿とさせる内容となっています。

ぶっちゃけイライラ棒の元祖といっても過言ではないゲームですね。

ゆらゆらと揺れる風船を操作して、
道中の障害物に触れないように、ゴールへ到達させればステージクリア。
……と、言うは簡単だけど、その難易度はなかなかのもの。

ちょっとでも障害物に触れたら風船が破裂してしまうので、
常に神経を研ぎ澄ませて、プレイすることが求められます。
道中は障害物に当たるスレスレのラインを通って行かねばならない事もあるので
時には、思い切りの良さが必要となる場面もあるし、
リスク覚悟で狭いショートカットを通るか通らないかの見極めも大事になります。

特に風船は、イライラするぐらいにゆらゆらと左右に揺れるので、
如何に集中力を途切れないようにするかがポイントとなっていきます。

しかも、ただ左右に揺れるだけではなくて、
プゥッ♪プゥッ♪プゥッ♪っていう効果音のおまけ付き。
さらに言えば、小刻みに流れる、ティロリンティントンタントン♪
っていう永久ループBGMまで付いて来るわけです。
いやホント、音からして攻めてくるので油断なりません。

本作は、アーケード版の雰囲気を再現したオリジナルモードと、
グラフィックなどが一新されたアレンジメントモードからなるのですが、
音に関していえば、オリジナルモードも元々のものとは違うみたいですね。
アーケード版は、脳がいかれる様なBGMではなかったみたいですから。。。
つまり、難易度が格段に跳ね上がったと。
(後年発売されたPS2のタイトーメモリーズ版がアーケード版と同じみたいです)

他にも行き先を妨害する動く障害物や、
挙句に画面全体が動くって言う力技で攻めてきたりもするし、
憎たらしい顔の物体がいきなり現れて、プレイヤーの風船を吹き飛ばしてきたりと、
まあ、相当なる精神力を持って、このゲームに挑戦する事が求められるわけです。

まさに自己鍛錬に持ってこいのゲームといえるでしょうな!

01103s3.gif
その場でずっと静止していると、
クソみたいな顔の物体が現れて、風船を吹き飛ばしてくる!
ステージを進めた先には、コイツがデフォルトで配置されているなんて事も……!?


でもですね、このゲームをプレイしていると、
今キテるっていうのが自分でも分かる時があるんですよ。
そういう時は、凄く調子が良くて、なんていうか道筋が見えるんですな。
多分、あの一定のリズムを刻む効果音とメロディーのせいで脳の中の何かが分泌されて、
ハイになっている状態だと思うんですが、その状態は言うなれば無我の境地ですよ。
もうゲーム画面しか見えてませんからね。
ああいう状態は、なかなかなれるワケでもありませんが、
なれたら、今サイコーに集中できてるって時なんです。

しかしですね、そういった無我の境地になっている時、
いや、そうでなくても集中力が高まっている時にこそ、油断は禁物なんですよ。
何せこのゲームは精神面への攻撃を目論む伏兵をも潜ませておるわけですから。

このゲーム、風船が1ドットでも障害物に触れると破裂するんですが、
その破裂する時の音と振動でかなりビビります。
PS版は音が抑えられているので、音そのもので驚くって事はないのですが、
破裂した際にコントローラーもそれに合わせて振動するので、
集中していれば集中しているだけ、その音と振動の相乗効果で
突然の事にハッとしてしまうんですよコレが。
すると極限まで高めた集中力が、一気に無きものとなるわけです。
それはもう、一度のミスで建て直しが不可能になるぐらいに。。。

まあ、私もまだまだ自己鍛錬ができていないって事なのかもしれませんがね。

なお本作には、前述した通り、昔のオリジナルバージョンと、
新しいアレンジメントバージョンの二つから遊べます。
オリジナルとアレンジとの違いは、
グラフィックだったり、コンティニューの有無だったりするわけですが、
他にもアレンジメントモードだと、風船の移動と揺れの速度が調節できます。

BGMはさらに豪華になっているので、余計煩くなりましたがね!!

01103s2.gif
左:昔懐かしいオリジナルモード。
右:グラフィックを一新したアレンジメントモード。


人からの話によると、元のアーケード版が出ていた当時は
あまり人気の無かったゲームの様ですが、
後年の電流イライラ棒の人気ぶりを思うと、
時代を先取りしすぎたゲームだったのかもしれませんな。
シンプルなゲーム性ですが、常に緊張感を持ってプレイできるので、
それにハマれば、何度でもチャレンジしたくなるゲームといえます。
個人的には、それなりに楽しめたゲームでした。

『SuperLite1500シリーズ クレージーバルーン2000』評価:☆☆☆
発売・サクセス
ジャンル・アクション
発売日・2000年10月26日
定価・1,500


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | プレイステーション | 更新情報をチェックする