>  > No.122 PCゲーム『魔法はあめいろ?』レビュー
2009年12月13日

No.122 PCゲーム『魔法はあめいろ?』レビュー


今回は18禁ゲームの紹介です。
一応、画像などは考慮して安心して見れるようなものを選んで載せていますが
一部発言なども含めて青年将校並みに過激な場合がございます。
その為、18禁ゲームに興味のない方や嫌悪感を抱く方はご注意ください。


00557.gif

一言で言うと、シリウスを舐めてた!
ここまでシナリオに力を入れていたとは、正直思わなかったからだ。
シリウスと言うと、勿論、シナリオもそれなりにはいい事はいいのだが
どちらかと言うとエロ方面に力を入れていたような印象があった。
だからこのまほあめは、そちらを期待して購入したわけだが……。

不覚にも、泣けた。。。

もう、エロなんてどうでもいいぐらいに。

……いや勿論、どうでもよくは無いのだが
結果的には、エロシーンを高速スキップしてた私。。。

つまり、シナリオが重視されているゲームの場合
早く先が読みたい衝動にかられ
エロシーンが逆にうっとおしく感じてしまう
事が多々ある。
個人的にアージュLeaf系統の作品などによく現れる傾向なのだが
油断をしていたとはまさにこの事である。

勿論、エロシーンも申し分ない。
高速スキッパーな私からみても、さすがはシリウスと言わざるを得ない。
ただ、前作と比べると多少物足りなさがあるのも事実だが
クオリティは向上しているのではないかな。

まぁ、絵は独特だし爆乳キャラだから好き嫌いが分かれるだろうけど。。。


さて、肝心のストーリーに話を進めましょう。

個人的に、不覚にも泣けた作品であるが
感動をしたと言うよりは
受験に受かってこれまでの苦労が報われた時のようなそんな感覚だった。

主人公は教育実習生である、筧 朔太郎(かけいさくたろう)
彼にはちょっとした秘密があり、その秘密を知る2人の女の子と
それに憧れる女の子との恋愛模様を描いたストーリーである。

ムードメーカーで、マシンガントークが特徴な甘宮 ひよこ
真面目でしっかり者な久我 環(くが たまき)
口数が少なくマイペースな菊菱 花苗(きくびし かなえ)

ひよこ以外は、同じくちょっとした秘密のある女の子であり
今作のテーマとなっている『魔法』が使えるキャラである。

魔法と言っても、ファンタジーの世界にあるような
黒魔法が使えたりとか、それでモンスターと戦っていく能力とは違い
日常の中でちょっとした事ができる程度。
でも、そんな魔法がきっかけとして
主人公と、三人の女の子の織り成す心温まる日常生活が描かれているのだ。

00558.gif

このゲームは魔法がテーマとなっている以上に
三人の女の子の『友情』が大きな割合を占めている。

エロゲーにありがちな、特定キャラのルートに入ると
他のキャラが蔑ろにされると言った事もなく
どのルートに入っても、三人のお互いを思いやる気持ちや
助け合い励ましあったりして協力していく姿勢が垣間見る事ができる。

どのキャラが軸となっても
三人の友としての関係がちゃんと描かれており
三者三様の物語を楽しむことができるのである。

勿論、お約束のハーレムエンドでも
それが生かされているのは言うまでもない。

ただ、『友情』に重きが置かれている反面
『魔法』に関して言えば、あまり物語には絡んでこなかったりする。
勿論、主人公と女の子が恋愛へと至る過程には
魔法がきっかけとなっているのだが
花苗以外は、それが別に魔法でなくてもいいような印象を受けた。
『魔法は〜』みたいなタイトルからしても
もう少し魔法が物語に絡んでくると良かったのにと思う次第である。

00559.gif

シリウスはこれまでエロ方面に力を入れていた事もあって
それに期待しすぎると、ボリューム不足に泣けるが
個人的には軽視していたシナリオが、想像以上に良かったのでうれしい誤算だった。

全体的に丁寧なつくりで非常に好感が持てた作品でした。

『魔法はあめいろ?』評価:☆☆☆☆
発売・Sirius
ジャンル・チェリッシュ・ラブAVG
発売日・2004年12月3日
定価・8,800

posted by 二条ジョウ at 14:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | PCゲーム レビュー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シリウスのゲームは僕も好きなんですが、まほあめにはまだ手をだしていないんですよ、エロがちょっと気になって。
でも、シナリオ、が良いなら考えてみようと思います。
Posted by 黒猫 at 2009年12月20日 20:34
やはり前作風なのが目当てだと、まほあめはちょっと手がだしづらいですよね。
シナリオは、個人的にはいいと思いますので、考えてみるのもいいかと思います。
ただ、過度な期待はくれぐれもしないように願いますw
Posted by 二条ジョウ at 2009年12月23日 02:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック