> ゲームがツキマトウ我の日記  > 大学病院へ行ったぞぃ!
2010年03月04日

大学病院へ行ったぞぃ!


今日もゲームとは関係のない私事をば。

腰と背中と足が痛ぇ〜!

と言う事で、持病の椎間板ヘルニアがもう死ぬほど痛いのであります!

個人的に、椎間板ヘルニアとは長い付き合いでして
一度手術をして治したはずだったのですが
1年ぐらい前からソレが再発したんですよね。

まぁ症状は、前回手術を行う以前よりは軽い感じなので
気をつけていれば日常生活にもそれ程支障はない、と言うよりは
通常時は、腰が痛いのを抜かせば、至って健康体なワケです。

ただ、30分以上の歩行や、10分以上の直立不動
また、1時間以上座ったりといった行動を取ると激痛が伴うので
仕事をしている上でとてつもなく困難が付きまとっているのです。

腰は、もう一生のものとして認識しているので諦めていますが
その激痛が背中と右足の付け根に来ているんですよね。
ちょっと歩いたりするともう痛くて痛くて……。
しかも、通常時はそんなに痛みがないから
周りからは大げさみたいに言われるんですよ。
それがもう痛み以上に辛くて辛くてね。
電車なんかがいい例ですよね。
優先席に座っていたら
一度、善良な市民の方に譲るように指摘されましたし。
外見からは判断が付かないからしょうがないんですけど
怒られたのは本当に辛かったです。

で、しばらく治療を行っていたのですが
一向に改善しないどころかどんどん悪化してるし
仕事だって辛くてもう我慢できなかったので
今日、大学病院へ行ったんですよ。

ところが、当時、執刀医だった先生から、

「手術はリスクが伴う」

……って言われてしまったんですよ。
何でも、一度手術した部分は削っただかなんだかをした際に
周りの部分で補強しあってるから、そこの部分に手をつけるのが難しいと。

愕然としましたね。
手術をすれば治るみたいな軽い考えだったので。

ただ、

「まだ若いからこれぐらいだったら手術をするまでもない」

とも言われました。
まぁ、これは、治療している時にも言われていましたが
ただ、安静加療が絶対条件なんですよね。
そんな事は無理なので、結局のところ手術をして早く治したいんですよ。
でも、リスクが伴うとなれば。。。

これはやりたくなかったのですが
とりあえず、ブロック注射を提案されました。
ただ、うちの母親がコレで失敗しちゃった過去があるんですよね。

これは経験上の事なのですが、ヘルニアって、この人がコレで治ったから
同じように自分もそういう風にやっても治るかと言われれば違うんですよ。
周りに相談すると色々と相談にのってくれたり改善策を教えてくれるのですが
それが必ずしもその人に合うとは限らないばかりか
逆に悪化させる事もあるんです。

一口にヘルニアって言っても、その症状は多種にわたり
また、腰が痛いといっても、どこの部分が痛くて
どこからその症状が来ているのかでもずいぶんと違うわけです。
私の場合は腰椎の3〜5番が全滅していて狭窄症と類似しているんですが
必ずしも、腰痛に良いといわれるものが良いとは限らないんです。

一度手術をした事もあって、腰痛持ちの人によく
どうしたら良いかという相談を過去にされた事もあるのですが
そう言う訳もあって、これは安易には言えないのです。
たとえ自分が経験した事であってもね。
私も過去に色々と心配してくれたり
改善策とか教えてくれた人に何人も出合った事があって
それは素直にうれしかったんですけど。

ただ言える事は、とりあえず、医者には3件以上見てもらうことです。
これも経験上ですが、医者によって判断が全く違ったこともあります。
例えば私は一度失敗して、ヘルニアを、ただの生まれつきだからで結論付けられて
それを信じて2年ばかし過ごしたら、実は全くの誤診だった事もありました。

だから、最低でも医者には3件以上(私の場合は5件ほどでしたが)
そして、自分にその治療が合わなければ即止めて
別な医者に相談しながら自分に合った治療法を見つけることが
私は一番いい方法だと思います。
ただコレすらも、私個人が経験して感じた事に過ぎないわけですから
それが第三者にとって必ずしもいいかどうかは分かりませんが・・・・・・。

ただ間違っても、この人がこれで治ったから
こうした方が絶対良いんだ的な自己完結論
だけは止めた方が良いと思います。

さて、話が脱線しましたが、結局私は、ブロック注射をする事にしました。
極端な話、これ以外に方法がないと思ったからです。
今のところ、特に支障はありませんが
明日、明後日の経過を見てからでないと判断が付かないので
これが効いたかどうかはまだ分かりません。
ただ、効いていればいいな〜と思う次第であります。

あと、ブロック注射って痛いんですね。
注射には慣れていたつもりでしたが、思わず声が漏れてしまいましたw
まぁ、当時、造影剤を打った時の痛みに比べたらマシでしたけどね。
あれ、神経に直で来るからハンパなかったんですよ。
まるで鋭利な刃物を腰に突き刺した上で
ギガディンをお見舞いされたかのような感覚です。

……なんてね。

とりあえず今日は、半分愚痴の、半分泣き言で非常に申し訳なく思います。
スイマセン。
あと、私自身も自覚しておりますが
ちょっと悲劇のヒロインぶってる節もありますねw
自分は被害者なのに、なんで周りは〜うんたらこうたら〜みたいなね。
自分自身でも嫌になりますが、でも、まぁ、勘弁してください。
何かを悪く仕立て上げて、自分を持ち上げないと
とてもじゃないですが気が狂いそうなので。
本当にごめんなさいデス。

あと、話は全く変わりますが、ドラクエVI、もうちょっとでクリアできそうです。

今日は、ゲームの話ができなかったので、最後に無理やりつけてみたりw
posted by 二条ジョウ at 01:27 | Comment(7) | TrackBack(0) | ゲームがツキマトウ我の日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
若くして腰を痛めるとはよっぽど人生に苦労してるんですね・・・。
私も体的には病気にかかってないんですが
春が近いせいか恋の病になってしまいました。
お互い頑張りましょう!!!
Posted by テリー at 2010年03月06日 23:43
慣れない仕事をして鈍痛やらビリッと電気が走るような痛みが数日続いた経験ならありますが、それに比べたら何倍も苦労されてますね。
自分に合った治療法で気長に行くしかないと思います。
お大事に。
Posted by sergeant at 2010年03月07日 21:19
>テリーさん

恋の病はヘタすると腰よりもたちが悪いものです。
是非ともがんばってくだされ。

>sergeantさん

痛みの大小はともかくとして、腰の場合はどんな些細な痛みでも医師に見てもらうのが一番良いと感じました。
sergeantさんもお気をつけください。
Posted by 二条ジョウ at 2010年03月07日 23:13
自分も腰骨3番目がレントゲンで見ても分るくらい上下からずれていて、腰痛とは長いお友達です。
お医者さんも色々いますが、最終的には合うか合わないかですよね〜。

休める時間があれば良いのでしょうが、それも厳しいでしょうし、、、お大事に。

Posted by そうてん at 2010年03月12日 13:34
本当に医者も合うか合わないかありますからね。
それにしても、そうてんさんも、よほど苦労されていたんですね。
お互い、大事にしていきましょう。
Posted by 二条ジョウ at 2010年03月15日 19:15
はじめまして。
まさかゲームのレビューを見ていて、ヘルニアの情報を得られるとは。最近、ヘルニアの症状が出まして、放っておけば治ると思っていたのですが、この二、三日は歩けないぐらい痛さというか、電気が走るような感覚が太ももの後ろに。。。
結構、たいへんなんですね。すぐに医者に行きます。
Posted by dotukoisho at 2010年03月27日 22:35
dotukoishoさん初めまして。
若い人なら放っておいても(安静にしていれば)最初の段階なら自然と治るみたいな事を聞きますが、やはり一度医師に見てもらったほうがいいかもしれませんね。
電気が走る感覚っていうのは、まさしく私のソレと同じです。
私自身も昔、無視したら最終的に杖付いて歩く事になっちゃったぐらいですから。

何にしろ、早めの段階で適切な処置をしてもらう事が大事ですよ。
Posted by 二条ジョウ at 2010年03月28日 14:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック