>  > No.178 プレイステーション・ポータブル『涼宮ハルヒの約束』レビュー
2012年09月14日

No.178 プレイステーション・ポータブル『涼宮ハルヒの約束』レビュー


2006年にアニメ化された『涼宮ハルヒの憂鬱』のゲーム化第1弾!

アニメとリンクしたゲームオリジナルストーリーと
最先端技術によって動くキャラクター達の相乗効果により
ここでしか味わえないハルヒワールドがPSPで堪能できます!

00999.jpg

長門は俺の嫁!

……って事で、なんとPSPでも長門が堪能できると。

いやはや、いい時代になりましたなぁ。
最近は全くハルヒ熱が冷めてしまった私ですが、やっぱ長門は別格ですな。
綾波レイと同様に殿堂入りを果たしておりますよアハハハハハハ。

……まぁそれはさておき、
PSP初のハルヒゲー……、っていうか初のハルヒゲーって事で
ゲームが出るって聞いた時はそれはもうテンションが高くなったものですよ。

通常版か超プレミアムBOXかで悩んで
結局、通常版を買った国賊ではありますがね!

そんな国賊な私ですから、

「二条氏、愛がたりないでござるよ!」

とか友人に言われちゃいましたけど、長門は俺の嫁な事に変わりはありません。

00999s2.gif

さて、そんな話はどーでもいいとして、ゲームの中身に話を移しましょうか。

このゲームの見所は何と言っても、
最先端アニメーション技術の「モーションポートレート」を応用した
「S.O.S.(シームレスオペレーションシステム)」が魅せる会話モードです。

1枚の絵からキャラクターの多彩な表情を楽しむ事ができる
新世代の「動き萌え」を実装しているんですな。

会話の流れに合わせて
リアルタイムで表情が変化するので
なかなかに臨場感があります。

キャラクターのその時の気分と会話の内容によって
様々な反応が返ってくるので
こっちは本当に相手がいるかのように会話を楽しむ事ができるわけですよ。

同じ話題でも、キャラの気分次第で返ってくる反応も違うので
その反応を見るのもなかなかに楽しいものです。

まあ、長門はそんなに表情がコロコロ変わるキャラじゃないのでアレですけど
それを見極めるのも長門スキーの使命といえましょう。

……と、そんな新技術が盛り込まれたこのゲームなわけですが
不満が無いわけではありません。

このS.O.S.会話中は、一切スキップができないことと
S.O.S.会話に入る前と入った後のロード時間があまりにも長い!
しかも、S.O.S.会話は何度もやり直す必要もでてくるので
なかなかに快適とは言えません。

ゲーム業界初のシステムなので
まだその辺りがうまくいってないのかなと思ってみたりもしますが
S.O.Sじゃない所でもやたら読み込んだりするので
あんまり関係のない事かもしれません。

とは言え、長門を堪能できるのはなかなかに素晴らしいので
そこはなんとかガマンしましたがね!
つか、エンドレスエイトを毎週見続けた地獄に比べれば全然モーマンタイですわ!

00999s3.gif
S.O.S.会話

00999s4.gif
通常会話

物語は、ゲームオリジナルですが
アニメとリンクしているので、違和感なくプレイできます。

時系列的には、北高祭を間近に控えた学園を舞台にストーリーが展開されていきます。
映画『朝比奈ミクルの冒険』の上映に向けて
連日の徹夜編集作業に勤しんでいた主人公のキョンを中心に
非日常的な異変の数々が巻き起こります。

ハルヒゲーでは結構おなじみだったりするんですけど
このゲームではエンドレスエイト的な展開が起こります。

つまり、何度も同じ日をループすると!

同じ一日が繰り返されるので
そこから抜け出す事がゲームの目的でもあるわけですけど
アニメのエンドレスエイトとは違って
ちゃんと意味のあるループなのでその辺りは安心です。

と言うか、この手のループ系の話って
ノベルゲームだと意外に相性がいい気がしますねw

00999s5.gif

とりあえず、原作やアニメでも語られなかった部分とか
逆に原作を知っていれば余計に楽しめる部分とか
そう言う所が随所に盛り込まれているので、ゲームとしては非常に面白かったです。

ミニゲームもあったり、極めつけの『長門のおしゃべりたいまー』が付いていたりと
細かい部分でもなかなか楽しませてくれます。

そう!!
長門のおしゃべりたいまーですよ!!


このゲームには長門が時間を知らせてくれる機能が付いているんですな!
例えば、自分の誕生日を設定しておけば
誕生日に長門が祝ってくれるんですよ!!

私は、結局毎回忘れてしまうのでまだ祝われておりませんが
いつでもどこでも一緒にいたいと言う
そんな長門スキーの気持ちに真摯に答えてくれておるわけです。

いやはや、時代の進化と言うのは素晴らしいものですね。

ちなみに、おしゃべりたいまーですけど、長門は元々声量が小さいので
目覚まし代わりには使えないと思いまする。
長門の声で一日を迎えようと思っても起きれなきゃ仕方ないですもんね。

うむむ、残念ですたい。

『涼宮ハルヒの約束』評価:☆☆☆☆
発売・バンダイナムコゲームス
ジャンル・非日常体験アドベンチャー
発売日・2007年12月27日
定価・4,800(通常版)/9,000(超プレミアムBOX)


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 00:08 | Comment(4) | TrackBack(0) | その他のゲームレビュー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
二条さんのキャラクターへの思い入れもなかなか堂に入ってるみたいですね。
ロードの長さはアレですけど、動き萌えには興味をそそられますよ。
原作さえ知っていれば私もプレイしてたかもしれません。
Posted by sergeant at 2012年09月17日 22:09
>sergeantさん

この手のゲームは元ネタが分からないと楽しめないのがネックですよね。
ただ、動き萌えが堪能できるゲームは近年増えてきているらしいので、そちらの方なら楽しめるのではないかと思います。
Posted by 二条ジョウ at 2012年09月20日 01:15
『涼宮ハルヒの憂鬱』は1度アニメを見ないと・・・と思い6年が経過しました。(^-^;
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』は見たんですけどね。
Posted by Game-PaPa at 2012年09月29日 12:28
>Game-PaPaさん

逆に私は『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』は見て無いですね〜。

ハルヒも気づけばもう小学校で過ごす分の年月は過ぎてしまったんですなぁ。。。
早いものです。

Posted by 二条ジョウ at 2012年09月30日 19:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック