>  > No.17 セガサターン『新世紀エヴァンゲリオン 鋼鉄のガールフレンド』レビュー
2006年12月27日

No.17 セガサターン『新世紀エヴァンゲリオン 鋼鉄のガールフレンド』レビュー


新世紀エヴァンゲリオンと言えば
ちょい昔に社会現象を起こしたアニメとして、まだ記憶に新しい。
そして、来年には真の完結と言うことで
全4部作の映画化も行われることとなり、まだまだその人気は衰えない。

さて、そんなエヴァンゲリオン(以下エヴァ)だが
ゲーム化もかなりの数でリリースされている。
今日はそんなエヴァのゲームの中から、
セガサターン用ソフト
『新世紀エヴァンゲリオン 鋼鉄のガールフレンド』を紹介したいと思う。

00028.gif

物語は、アニメの10話ぐらいの時の設定となっていますが、ストーリーは完全オリジナル。
主人公碇シンジが通う学校に
霧島マナという転校生がやってきて、ストーリーが展開していきます。
オリジナルと言うこともあってか、バリバリのラブストーリー
そのシナリオもなかなかのものがありました。
グラフィックも綺麗だしね。

00028s2.gif

しかし、ゲームをプレイするというよりも
映画を見ている感覚で勝手にどんどん進行していくので
イマイチゲームをしている感がなかったです。

プレイ中にトイレに行きたくなっても、話の途中でポーズをかける事ができないので
苦しい思いをしながらストーリーを眺めていたのを記憶していますね。
戦闘シーンも特に操作する訳でもないので、本当にゲームとは言いがたいものがあります。
とは言え、オリジナルのアニメか映画を見ている感覚なので、充分楽しめたことは事実ですし
このゲームのヒロイン、霧島マナがメチャクチャかわいかったので全ては万事オッケー!

……てな感じです。

アニメの10話ぐらいの設定なので
アニメ版エヴァの後半のような暗い感じもなく、ストーリーは結構明るいし
そうかと思えば、エンディングでは泣けてしまったぐらいに感情移入ができたし
もはやゲームと言う概念なんてどうでもいいや的な感想すらもらしてしまいましたね。

ちなみに、最後の選択肢によってエンディングが変わります。
全部のエンディングを見たわけではないのですが
エンディング曲も良かったので、一度ぐらいはプレイしてもいいと思いますよ。

ただし、ゲーム内でのキャラクターの性格が
多少アニメ版と異なるので、生粋のエヴァファンにはどう映るかは分かりません。



えっと、ちょっと話しとは全然関係ないかもしれないのですが
エヴァキャラクターの殆どはお船に関係している名前が使われています。
碇、加持、葛城、赤木、伊吹マヤ、綾波、惣流、冬月、青葉、日向等ね。

「碇と加持は分かるけど、その他のは何で?」

と思われるかもしれませんが
何と、大日本帝国海軍の艦船から名前をとっているんですよ。
もちろん霧島マナも、戦艦金剛型の四番艦、霧島から来ているんですわコレが。
(えっ?知ってた?……ゴメリンコ!)

キャラの性格も何となくその名前のイメージにピッタリと当てはまるんですよね。

で、一昔前に、プラモで日本海軍の艦船を作ろうかと思って
とあるショプで何個か探しているうちの綾波だけが見つからず、

「綾波ありますか?」

と店員に言ったら数万もする綾波レイのフィギュアを出されてしまいました(汗)
つか、他にも島風とか大和とかのプラモを手に持っていたんだから、間違えないだろと。

勿論そのフィギュアは購入しなかったんですが
駆逐艦の方の綾波は、綾波レイにあやかったかどうかは分かりませんが
バカウレだったみたいで結局買うことはかないませんでした。

どうやらエヴァブームの為か
日本海軍の艦船(エヴァキャラに使われている物)までもが品薄だったようですね。
しらんけど。

ぶっちゃけそれからです。
エヴァを見てみようかな〜と思ったのは。
でも見ようかな〜と思った時にはすでにリアルタイムで放送されていなかったので
しょうがなくレンタルで借りて見ました。

で、メチャクチャはまってしまったと!

この「鋼鉄のガールフレンド」も
売り出されてからしばらくして中古で買ったものだったので、1200円ぐらいでした。

でも、売り出された時にエヴァにはまっていたら、定価で買う羽目になっていたと思うので
さすがに定価の6800円ではこのゲームは楽しめなかっただろうと思います……。

てなわけで、ちょい脱線しちゃいましたが
中古1200円分の価値は充分あったゲームです。
なんか無理やりまとめた感がありますが、許してくださいね。

『新世紀エヴァンゲリオン 鋼鉄のガールフレンド』評価:☆☆☆
発売・セガ・エンタープライゼス
ジャンル・アドベンチャー
発売日・1998年3月19日
定価・6,800


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 04:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | セガサターン レビュー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや〜、鋼鉄のガールフレンド自分もやったよ〜。当時は、そのストーリーに感動して、エンディング見た後は鬱病一歩手前までいきましたなっ!マナが健気だったね^^
Posted by BAI at 2006年12月28日 05:39
鬱病ですか!!さすがですねw
まぁ霧島が最高ですからな〜。
Posted by 二条ジョウ at 2006年12月29日 04:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック