>  > No.186 同人ゲーム『EVA雀GELION』レビュー
2012年12月14日

No.186 同人ゲーム『EVA雀GELION』レビュー


つい最近、アメトーークで麻雀芸人をやっていた事もあって
急にドンジャラがやりたくなってしまった私が
家の中を探索して見つけたのがこの『EVA雀GELION』

なんで麻雀芸人を見てドンジャラなのかは私にもよく分かりませんが
こんな機会でもなければ、恐らく二度とやる事も無かったと思うので
それはそれで良かったのかもしれません。

01011.jpg

ちなみにドンジャラと言うのは、麻雀のルールを単純化し
キャラクターなどの牌を用いて遊ぶテーブルゲーム
の事です。

ポンジャンとも言いますが、
私の子供の頃はドラえもんやら何やらのせいで
ドンジャラって呼称の方が浸透していました。
正確には、トミーから出ているのがポンジャンで、
バンダイから出ているのがドンジャラと呼ぶらしいんですけどね。

で、そんなドンジャラが楽しめるこのゲーム。
子供の頃親しんだドンジャラが一人でも遊べる訳でありますが
こちらは18歳未満厳禁なエロゲーとなっているので
まだそれに達してない子は、プレイしちゃいけませんぞ!

良い子はドラえもんとか
とっとこハム太郎のドンジャラで遊びましょう!

なお、このゲームでは、ポンジャンとなっているので
以降、ポンジャンという呼称で統一させていただきます。

そんなわけで、今回は18禁ゲームの紹介です。
一応、画像などは考慮して安心して見れるようなものを選んで載せていますが
一部発言なども含めて青年将校並みに過激な場合がございます。
その為、18禁ゲームに興味のない方や嫌悪感を抱く方はご注意ください。


01011s2.gif

EVA雀GELIONって言うぐらいですから
内容はエヴァのエロポンジャンとなっています。
同人ゲームではありますが、なかなかに完成度が高いゲームで
普通にポンジャンを楽しむ分には充分すぎるぐらいです。

01011s3.jpg

手牌9枚で役を作っていき、対戦相手と戦っていきます。
役は3:3:3、あるいは3:6、それか全部同じ牌で作っていきます。
基本的に3つ1組の絵柄を3組作ればいいので、そんなに難しくはありません。
対戦相手の得点を0にできれば次のステージに進め、
逆にこちらの得点が0になるとゲームオーバーになります。

牌には、通常牌アイテム牌があり、
通常牌は、シンジやアスカなどのキャラが描かれ、役を構成する牌となります。
三色の色(青、赤、緑)からなり、シンクロ率(3%、5%、7%)が描かれています。
アイテム牌は、最大3つまでストックが可能なプレイヤーをサポートしてくれる牌となります。
敵のロンを無効化できるATフィールドや、
使用後、必ず上がり牌をつもれるロンギヌスの槍などがあります。

なおシンクロ率は、エロ画像堪能時に、
ジャマなタイルを排除する枚数に影響してくるので
プレイ中はシンクロ率を上げながら、プレイする事も必要となってきます。

シンクロ率や支援アイテムの要素、それに雰囲気を高める画面構成により
EVAの世界観も充分に堪能できるオリジナルポンジャンといえますなぁ。

……エロ目当てだとシンクロ率の概念がウザい事この上ありませんが!

なお対戦キャラは、ミサト、アスカ、レイの三人。
私は、元々アヤナミストだったので、
レイを選んでポンジャンしたいところですが
レイと対戦するには、ミサトとアスカに勝たなければならないので
初プレイ時は、やきもきしながらミサトとアスカの攻略を頑張ったものですw

まあ、一度でも勝てば、キャラの順番を無視して遊ぶ事ができるんですけどね。

ちなみに、昔のセーブデータが残っている訳もなかったので
また最初からプレイしましたが、これがなかなか大変でした。

結局レイの所までいけなかったので、
残念ながら紹介する事はできませんが……、まあ、いいっスよね!

変わりにミサトのムフフなシーンをご堪能ください!
……あえて肝心の部分は見えないようにタイルを残しているケド!

01011s4.jpg

とりあえず、ポンジャンやドンジャラが嫌いでなければ
普通に楽しめるゲームだと思います。
麻雀の様に複雑ではないので役もすぐに覚えられるし、
エヴァを知っているなら、想像だけでも役を作れちゃうんじゃないでしょうかね。

例えば、シンジ+カジで『スイカ畑』
シンジ+トウジ+ケンスケで『三馬鹿トリオ』の役といった様に
結構分かりやすい役ばかりですから。

ただ、システム面的な部分を見れば
アイテム使用時のアニメーションがoffにできないのが難点といえば難点。
結構、頻繁にアイテムを使うので
その都度挿入されるアニメーションが、非常に煩わしく感じてしまいました。

アニメーションは雰囲気が出ていていいんですけど
頻繁だとテンポが悪くなりますからねぇ。
その辺りが残念です。

01011s5.jpg
アイテムを使うと、右下の方にアニメーションが流れます。

ところで、このゲームはもう10年以上前の物なわけですが
よくよく考えたら、その頃私は、まだ未成……、ゲフンゲフン!

まあ、細かい事は置いときましょうか!

たまたまドンジャラがやりたかった私が
たまたま好きだったエヴァのドンジャラゲーを手にしたら
それがエロゲーだっただけですから!

いやはや、偶然とは恐ろしいものです。

とりあえず、良い子はドラえもんとか、とっとこハム太郎の方で遊びましょう!

ね☆

『EVA雀GELION』
サークル名・CHUMP
元ネタ・新世紀エヴァンゲリオン
ジャンル・テーブル
発売日・2000年4月
価格・1,500


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 22:55 | Comment(3) | TrackBack(0) | その他のゲームレビュー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
未成年がこんなゲームやったらあかんでしょう・・・もう時効かな。
脱衣麻雀ならいくつかプレイしましたが同人ゲームは未知の世界であります。
エロ系だと対戦相手が不条理に強かったりするから勝つのは大変ですよね。
それでも続けてしまうのは男の悲しいサガなんでしょうか。
Posted by sergeant at 2012年12月17日 20:49
脱衣があると必死になってしまいますよね。(^-^)
私も未成年のときに、脱衣麻雀を少々・・・ゲフンゲフン。

それにしても、ポンジャンとは懐かしい〜。
Posted by Game-PaPa at 2012年12月19日 09:23
>sergeantさん

もう時効ですねw
そしてエロ系の対戦相手の強さは恐ろしい物がありますよ。
ゲームセンターでやろうものなら、お金がすぐに無くりそうです。
幸い、私はあまり被害にはあってませんけどねw

>Game-PaPaさん

未成年……、いけませんなぁw
でも、男なら誰しも経験してそうな道だと思いますw
ポンジャンもたまにやると面白いですよ〜。
Posted by 二条ジョウ at 2012年12月19日 23:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック