> スーパーファミコン レビュー  > No.20 スーパーファミコン『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ園児』レビュー
2007年01月14日

No.20 スーパーファミコン『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ園児』レビュー


クレヨンしんちゃんといえば
当時の私がビデオ録画を欠かさずにしていたぐらい、はまっていたアニメでした。
と言うよりも、私だけじゃなくてあの頃一世を風靡してたんじゃないかな?
ドラえもんの物真似はできなくても、しんのすけの物真似ならできる!
……と言わんばかりに、大して似てもいないのに
クラス中、しんのすけの物真似をやりまくっていたぐらいですから。

ある時クラスで、班ごとに作るクラス新聞なるものの存在がありました。
その中でまんまクレヨンしんちゃんのネタをぱくり
絵だけ自分で書いて4コマ漫画を作っていたツワモノがいましたね。
クラス新聞だから、学校内でのニュースを記事でまとめたりするのもそうですが
それを飾る4コマもクラス新聞には盛り込まれていたのです。

ちなみに私の受け持ちは、『生徒の声』と言うもの。
これまたどこぞの新聞のパクリみたいな内容でしたが
でもまぁ、小学生の浅知恵なのだからしょうがないのです。
ただ、いくらパクリみたいなものとは言え
実際に毎日毎日取材をしなければならないようなものでしたので
時にはうまくいかないこともありました。
それこそ、内容がまとまっていないので新聞すら出せないぐらいにね。

で、そうなると、その4コマを担当していた人物のS君に怒られるわけですよ。

「お前、真面目にやれよ!」

……とね。

いやいや、真面目にやっても難しいものでなんですよ取材と言うのは。
と言うより、殆どの班員が、学校内の時事ネタで奔走している時に
何であんた一人だけ4コマ漫画なのよ!!
と、おもわず言いたくなります。

とは言え、4コマ漫画を新聞に取り入れようとした事は
班員全員が決めた事だったので、文句は言えません。
これは悔しいと思いましたが仕方の無い事です。
ただ、このS君はどんどん増長していっちゃうんですよね。

たとえば、少しでも漫画の内容が記事に埋もれると
編集するメンバーにメチャクチャキレたりとか
あとは、漫画の内容に関して一言でも口を挟もうものならば殴りかかってきたりとか。

そんな状況だったんです。
で、そうなると、普通に時事ネタで奔走している方はバカバカしくなりますよね。
案の定と言ったところでしょうか、班員の女子達がついにブチきれてS君と大喧嘩です。
最初は話し合いの筈だったんですけど、どんどんヒートアップしていくうちに
S君が女子の一人にイスを投げつけてしまったんですよ。

それがきっかけで班員の女子のみならず
クラスの女子全員が参戦してS君を言葉による袋叩きです……。

この時気づきましたね。
女子を怒らせたら怖いと。

で、そんな訳ですから、私も含めて班の男子は何もする事ができません。
入り込む隙間が無いのです。

もちろんこの女子による攻撃にもメゲズに、S君はどんどんブチ切れていって
終いにはモップを片手に誰彼構わずに振りまくっていました。
もう、後には引けない状況だったんですね。。。
見ていて、逆にS君がかわいそうに見えました。

それからしばらくして先生がやってきて事なきを得たのですが
結局、S君は4コマ執筆から外されてしまいました。
まぁ、非がどちらにあるにせよ、これは仕方が無いですよね。

ただ、解せなかったのは、私が執筆するはめになった事です!

しかも、また同じパクリクレヨンしんちゃんをね!

でも勿論、今回はこれだけではいかんと言うことで
4コマ担当者は、他のメンバーの手伝いもする事が義務付けられました。

なんと理不尽な事か!

4コマにしても、クレヨンしんちゃんに見えないということで
すぐにオリジナルの話を考えるように言われたりと
最終的に、一番苦労したのは俺なんじゃね?
と思わずにはいられなかった私なのでした。

ちなみに今だからこそ言えるのですが
S君は、クレヨンしんちゃんが本当に好きだったんだと思います。
確かに、ちょっと理不尽なこともありましたが
執筆していた時の顔は真剣な表情そのものでしたし
良い物を仕上げたいと言う気持ちは、実は人一倍あったんじゃないでしょうか。
それゆえに、周りの声や妥協が許せなかったんじゃないのかなと。

まぁ、あくまで推測ですけどね。

とりあえず、あんま話を脱線させてもしょうがないので
そろそろ本題に入りたいと思います。

つか、まだ本題に入っていなかったと言うこの事実w

00038.gif00038s2.gif

クレヨンしんちゃんは、皆がはまっていたアニメです。
そんなクレヨンしんちゃん初のスーファミ用ゲームを
私が買わないはずはありません。

グラフィックも綺麗だし尚且つボイス有りで
結構楽しくプレイしたのを覚えています。

しかしですね、このゲームはアクションなのですが、いまいち操作性がよくなく
ストーリーも良く分からない等の問題もありまして、根つめてプレイはしませんでした。
敵キャラにしても、友達であるマサオくんとかねねちゃんとかが
容赦の無い攻撃をしんのすけに浴びせてくるのですよ。
アニメならば、「ほっほ〜い!」とか言って、何かしらかやってくれる訳ですが
ゲームだとしんのすけが弱いので、風間くんごときで倒されてしまうんですよね。

もちろん、私のプレイが未熟と言うこともありますが
逆にしんのすけがマサオくん達を蹴散らしていく感覚も
どうも私にはなじめないものがあったらしく、途中で投げ出してしまいました。
しかも攻略本まで買ったのに、今でもエンディングは見ていません。

しかし、このゲームにはミニゲームなるものがあって
こちらのほうは、随分長く遊びました。
本編よりもやりこんだんじゃないかな?

ちなみに、このクレヨンしんちゃんシリーズは
まだまだ続編が存在していますが、2以降をプレイしたと言う話を全く聞きません。
当時、あれだけブームだったのに
ゲームのほうはそれ程はやらなかったんだな〜と思ってしまう今日この頃です。

今回はえらく脱線してしまいましたが、そんな感じです。

『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ園児』評価:☆☆
発売・バンダイ
ジャンル・アクション
発売日・1993年7月30日
定価・9,500


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 02:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | スーパーファミコン レビュー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本未発売のメガドライブ多関節アクションゲー、「ベクターマン」。日本ではサターンが流行っているため全く未リリースのままで終わった「ベクターマン」だが、海外では次世代機移行が日本よりも遅い為、海外だけの発売となった(日本では「ソニックジェムズコレクション」でプレイ可能)。

開発は「ジョー・モンタナII スポーツトークフットボール」を手掛けたブルースカイソフトで、完成度は意外にも高い!

ストーリーは2049年、環境破壊で汚れてしまった地球を元の美しいを願って、人間たちはオーボットを残して、地球を一時期的に去ったが、多数のオーボットがワーヘッドによって反乱を起こし、人間たちを倒す兵器を作ろうとする。ただ一人、残された正義のオーボット ベクターマンはワーヘッドたちの陰謀を止めるため…、彼の戦いの旅が始まった…。

このゲームは当時、コンプリートクリアすると…、秘密の電話番号と住所が表示され、その秘密の電話番号に電話を掛けると…、セガサターン本体、ゲームソフト、賞金などがゲットでき、大賞は賞金25.000USドル(日本:250万円)がゲットできると言う懸賞付きのゲームだった!!

結構、大好評だったらしく、アメリカでは「ベクターマン2」も発売された。
Posted by マイケル村田 at 2014年02月19日 23:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック