> 極レビュ展示物  > 極レビュ展示物 No.3 『カセットビジョン』レビュー
2013年02月19日

極レビュ展示物 No.3 『カセットビジョン』レビュー


数々のテレビゲーム機を世に放ってきたエポック社が
テレビベーダーで培った技術を全て注ぎ込んで完成させた最終兵器!

今回はエポック社から発売されたあのゲーム機を紹介いたします。

01017.jpg

≪概要≫
名称・カセットビジョン
メーカー・エポック社
発売日・1981年7月30日
定価・13,500円


説明・

当時、カセット交換式のゲーム機は、非常に高価なものであったが
その常識を打ち破り低価格路線で発売されたのがこのカセットビジョン。
技術的な問題もあり、本体にCPUを内臓する事ができなかったが
ロムカセットの中にCPUを搭載する事で価格を抑える事ができた。
当時、任天堂とシェア争いを繰り広げていたエポック社であったが
これにより家庭用ゲーム機市場の7割を占めるシェアを獲得しトップに君臨する。
ファミコンが登場するまでの2年間、日本ではもっとも売れたゲーム機であり
その売り上げはおよそ40万台に達した。

一言・

これも私が生まれる以前のゲーム機ですが
実は、私が一番最初に触れたテレビゲーム機がこれだったりします。
友達のA君の家でこのゲーム機を触れたことがきっかけで
テレビゲームと言うものに興味が湧き、そしてファミコンを購入するに至りました。
今でこそ、ショボク見えるグラフィックも
ファミコンなどを目にした事がなかった私にとっては全てが新鮮に映ったものです。

ちなみに、私がこのカセットビジョンに始めて触れた当時、
既に世間では、ファミコン、メガドライブ、PCエンジンなどのゲーム機は
軒並み登場しており、熾烈なシェア争いが繰り広げられていました。
しかし、あまりにもファミコンの勢いが凄かったためか
ファミコン以外のテレビゲーム機の存在をこの当時は知りもしなかったのであります。

箱写真・

01017s2.jpg01017s3.jpg
カセット時代のテレビゲーム!
カセットを交換する事で
これ一台でも色々なゲームができるという事をアピールしています。
時代を感じますね。

本体写真・

01017s4.jpg01017s5.jpg
コントローラは本体と一体となっています。
ゲームの用途に合わせて、レバースイッチ、
プッシュボタン、回転ダイヤル、コーススイッチなどを使います。
また、外部端子がついていて、別売りの光線銃を使う事ができます。

カセットビジョン購入履歴・

2000年初頭に知り合いから譲り受ける。

初購入ソフト・

ギャラクシアン
(初プレイはきこりの与作)

管理人のお気に入りベスト5(2013年現在)・

第1位 きこりの与作
第2位 エレベーターパニック
第3位 アストロコマンド
第4位 モンスターマンション
第5位 ギャラクシアン

思い出・

2000年初頭にカセットビジョンを手に入れるまでは
幼少期にA君の家で触れた事がそのすべてとなっており
初めてプレイした『きこりの与作』
これまでの私の常識を打ち破った画期的な物でした。

そもそもそれ以前に私が触れていた玩具といえば
ミニカーとかプラレールとかそう言ったものばかりだったので
自分で操作して画面の中の絵が動く事だけでも感動を覚えたものです。

その当時は、ゲームと言えば、
ゲームウォッチか人生ゲームしか思い描く事ができませんでしたし
ゲームウォッチだって、そんなに持っていたわけではありませんからね。。。

それで初めてプレイしたのはきこりの与作だったわけですが
勿論、それだけではなくて
他にもギャラクシアンとかアストロコマンドなんていうゲームにも触れました。

ちなみに余談ですが、カセットビジョンのギャラクシアンは
どちらかというとムーンクレスタというゲームに近いです。
まあ、カセットビジョン版のギャラクシアンについては
近いうちにレビューするつもりなのでその時に詳しく話したいと思いますが
とにかく、初めて触れたそれらゲームは、どれも面白く感じたものでした。
自分の家には無いからよくA君の家に入り浸っては遊んでいましたね。

ただ、行っても必ずゲームで遊べるというわけではなく
A君のお母さんがゲームで遊んで良いと言わないと遊べなかったんです。
だからA君も私も、ゲームで遊んで良いと言われるまでは
戦隊ヒーローごっこをしたりウルトラマンごっこをしたりして
ゲームをやりたくてたまらない気持ちを抑えながら遊んだものでした。

小学校に入ると、ファミコンやスーファミに触れる機会が多くなり
カセットビジョンにはもう目もくれなくなってしまいましたが
幼少期の私が熱中し、テレビゲームというジャンルに興味を持ち始めた
そのキッカケとなったゲーム機は、このカセットビジョンだったわけです。

当時、自分が持っていたゲーム機ではありませんでしたが
私の中では、カセットビジョンも思い出深いゲーム機の一つとなっています。

その他・

カセットビジョンのゲームは移植とかしていないですし
いま触れるとしても、カセットビジョンそのものでやるしかないようですね。
カセットビジョンで出たゲームをすべて詰め合わせて
アーカイブスかバーチャルコンソール辺りで配信してくれると
非常にありがたいんですが、はてさてどうでしょうかね。。。

アーカイブスだと、ゲームのアイコンがパケ表示になってるから
できればアーカイブスの方がいいんですけど、まあ、贅沢は言いません。

再び、日本中にカセットビジョン旋風を巻き起こすためにも一つ頼みますわ!


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 22:47 | Comment(4) | TrackBack(0) | 極レビュ展示物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
おすすめゲーム三国志11(以下略)管理人のMATです。^^

昨年は相互リンクしていただき、ありがとうございました。

カセットビジョン・・・渋い。^^

これがわかる人は40代以上の方ぐらいですね。
Posted by MAT at 2013年02月22日 18:11
存在は知っていましたが、カセットビジョンは遊んだことないので、ちょっと興味あります。

でも、中古屋を探しても、置いてある店ってほとんどないですよね……。

二条さんの言っている通り、VCとかで配信してくれたら嬉しいなぁ。
Posted by 平宮 at 2013年02月24日 11:30
遥か昔にどこぞのデパートの玩具売り場で見たような気が・・・あの頃は買えませんでした。
現物に勝る物はないけど配信さえしてくれれば、きこりの与作とか遊べるんですけどね。
Posted by sergeant at 2013年02月27日 21:05
>MATさん

こんばんは〜。
40代ぐらいの方がピンポイント世代になるんですかねー?
と言う事は、あの当時触れられたのはラッキーだったかもしれませんね!

>平宮さん

中古屋でも殆ど見ないですよねぇ。
秋葉原に行けばソフトはあったりもしますが、本体はなかなか。。。
私の本体もいつまで持つかわからないし、配信してくれると結構助かりますよー。

>sergeantさん

独特のコントローラーなので本当は現物で遊んだ方がいいにはいいんですけどね〜。
ただ、後世に伝えるためにも、何かの形で残せるといいんですけどね。
私も、未プレイのゲームが……。

Posted by 二条ジョウ at 2013年03月01日 00:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック