2013年03月11日

( ゚∀゚)o彡°SLG!SLG!


レトロゲームを専門に特集している本にOLD GAMERSシリーズがありますが
その最新の『OLD GAMERS HISTORY』Vol.1Vol.2では
何とシミュレーションゲームが特集されておりました!!

01018.jpg

これまでにもSLGをメインに取り上げられた事はありましたが
限られたハードだけだったり、一冊まるまるとはいかなかったりと
少々物足りなさを感じていたのが本音。
しかし、今回の『OLD GAMERS HISTORY シミュレーションゲーム編』VOL.1
VOL.2は、二冊まるまるSLGを特集しており、かなり満足のいく内容となっていました。

SLGといっても様々な種類があるわけですが
VOL.1では、シミュレーションRPGや経営・育成、それに恋愛シミュレーションを扱い
VOL.2では、ウォーシミュレーションや
歴史系のシミュレーション、それにRTS(リアルタイムストラテジー)
を扱っています。

まあ、SLGが好きだと言ったって、
ファイアーエムブレムやラングリッサーみたいなSRPGが好きな人と
大戦略や提督の決断の様なウォーシミュが好きだったりする人とじゃ
全く異なるものですよね。
SLGと一口に言ってしまえばアレですが
蓋を開けてみれば、結構複雑に入り乱れているジャンルなので
VOL.1とVOL.2の様な区別の仕方は、それを求めている側にとって
手に取りやすい分け方なんじゃないかと思います。

ちなみに、シミュレーションゲームと言うと
SRPGの方を連想されてしまいがちになりますが
個人的にSLGといえば、
Vol.2の方に掲載されている様なゲームを指す事が多いです。
あと、経営や育成系も好きなので、そこにそれも含まれはしますが
逆にSRPGや恋愛系を指す事は殆ど無いかもしれません。

勿論、どちらもやりますし、好きではあるんですけど、
個人的にSRPGはSRPGで、恋愛シミュはギャルゲっていう感覚ですからなぁ。
実際、やり込みもウォーシミュや歴史シミュに比べると
そこまでのものではないですしね。

そんなわけで、個人的にはVol.2の方に好きなゲームが揃っているので
こちらの方が満足度は高いです。
大戦略、提督の決断、太平洋の嵐、信長の野望、
それにギレンの野望やGジェネ系も忘れちゃいけませんね!

というか、GジェネがSRPGの方ではなく
ウォーシミュの方で紹介されていましたが
まあ、私的にも感覚はこっちに近しいと思っているので別段違和感は無いです。
スパロボがウォーシミュのほうで紹介されていたら
違和感バリバリだっただろうけど。。。

01018s2.jpg
ガンダム好きも安心のGジェネも紹介されています。

VOL.1ではスパロボやファイアーエムブレムといった人気SRPGから
最近話題に事欠かないシムシティなどの経営シミュ、
それにアイマスなどの育成シミュやときメモなどの恋愛シミュが紹介されており
SLGがそこまで好きでなくても、わりと有名どころが並んでいるので
一度ぐらいは遊んだ事のあるようなゲームが多めです。
また、電車でGO!やパチ夫のような実機シミュ系も密かに紹介されています。

一方、Vol.2は、大戦略や提督の決断、
太平洋の嵐といったゲームからも想像がつくように
一部のマニア以外は手をつけないだろうというゲームの方が多めです。
それに加え、PC88やPC98などの昔のパソゲーから引っ張ってきたゲームがあったり
コンシューマーに移植していないようなゲームも目立つのでかなりマニアックといえます。

まあ、SLGは元々パソコンでやるようなゲームが多いので
マニアックになるのは仕方がない、というか、
書籍として紹介されること自体が少ないので逆にありがたいとも思いますが
やはり人間、欲が出るもの。
このゲームは紹介されてるのに、コレは無いのかよ!
とか、88や98を紹介するなら、もっとだしてくれよ!
とか、マニアックであればこそ、逆にもっと求めてしまうのが人間と言うモノなのです。

次に発売するVol.3はRPGの特集になるようですが
個人的にはもっとSLGで続けてもいいのではないかなぁと思います。

01018s4.jpg
スパロボシリーズも紹介しているVol.1

01018s3.jpg
太平洋の嵐の様にウォーシミュを紹介しているVol.2

最後に。
SLGはホント面白いですよ。
面白いのに、最近家庭用機にあまり出てこなくて悲しい限りです。
昨今はグラフィックが綺麗なリアル志向ゲームがいっぱい出てくる反面、
グラのリアルさを必要としないゲームって蚊帳の外になってるんですかね?
なんか、ジャンルの幅が極端に狭くなってしまった気がしますなぁ。

アクションやFPSを主体でやる人は、別にそんな事感じないだろうけど
私のようにSLG主体でやる人間にとっちゃ、いま結構危機感がありますよ。
ハードの性能が高くなって、グラとか色々と進化しても
ジャンルの幅が狭くなっていくなら、あまり喜ばしい事ではないですからね。。。

つか洋ゲーアクションは増えてるのに
洋ゲーシミュの方はなんで増えないのかと!!

国内は国内でシミュからアクションに行っちゃったメーカーもあるし
こうやってどんどん廃れていくんですかね。

まぁ携帯機はそれなりにでてるからモーマンタイだけど
やっぱ据え置きのゲーム機でもやりたいと思うわけで。。。
パソコンで発売されている良作SLGが
据え置き機にも幾つか来るだけでも全然違うんですけどね。
ただ、昨今の傾向だと、
今度は箱庭RTS系ばかりになったり
好きだけど、それはそれでアレだったりしますねw

そんな事をOLD GAMERS HISTORYを読みながら思う私なのでした。

OLDGAMERS HISTORY vol.1
OLDGAMERS HISTORY vol.1
posted with amazlet at 19.08.31

メディア・パル
売り上げランキング: 273,174

にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 22:21 | Comment(4) | TrackBack(1) | ゲームがツキマトウ我の日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Gジェネはガンダム好きには、たまらないゲームですからね。
攻略本を買ってきてMS・MAの開発を楽しみましたよ。(^-^)
久しぶりに遊んでみようかな。
Posted by Game-PaPa at 2013年03月12日 10:11
>Game-PaPaさん

Gジェネはホント面白いです。
私はスピリッツがまだクリアしていないのでそれ以降は未プレイですが、たまにやりたくなるゲームですよね。
ああ、話していると私もやりたくなってきましたw
Posted by 二条ジョウ at 2013年03月14日 19:31
昔はシミュレーションゲームと言えばウォーシミュレーション。
家庭用ゲーム機でも第2次世界大戦や現代戦、戦国時代やファンタジー物などが発売されていたけど、確かに近年グッと数が減ってますね。
レトロゲームでプレイしてないのを探すか、気分を新たにして再プレイするしかないのでしょうか。
寂しい限りであります。
Posted by sergeant at 2013年03月16日 20:45
>sergeantさん

ホント、寂しい限りですよ。
やはり、レトロゲームでプレイしていないのを探すしかないようですなぁ。
まあ、シミュレーションゲームは再プレイしても飽きないということが利点ですから、ちょこちょこと引っ張り出して遊ぶとしますかね。
Posted by 二条ジョウ at 2013年03月17日 19:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ゲーム業界終了 スパロボの売り上げがSAOに負ける
Excerpt: 1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/03/18(月) 14:48:33.50 ID:7pZ7MzNF0 ?2BP(1000)TSUTAYAゲームセル ランキング-全機種集計..
Weblog: 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版
Tracked: 2013-03-18 18:00