> ファミコン レビュー  > No.34 ファミコン『ベースボール』レビュー
2007年03月08日

No.34 ファミコン『ベースボール』レビュー


00063.gif

ファミコン初の野球ゲーム。
その名は『ベースボール』

……って、そのまんまじゃん!

まぁ、コレに限った事ではないですけど
題名からして一発でどんなゲームかを想像できてしまうぐらいに
当時のゲームが、いかに消費者にやさしかったか(?)お分かりいただけるでしょう。
もし最初からひねりまくって、
『激震!夏のフリードリヒ!〜球王の野望と木漏れ日の中で〜』
みたいなタイトルを付けていたら
もう何のゲームか分からんどころか子供は絶対避けると思うね。
だから、ベースボールっていう、至ってシンプルなタイトルには共感が持てるわけですよ。
しかも、シンプルなのは、タイトルだけじゃございません!
グラフィックもシンプルなら、操作も単純明快。
ピッチャーは球を投げる、バッターは球を打つと言うような知識ぐらいで
誰でも簡単に野球の醍醐味が味わえる優れものなのです。

「守備が動かせなくて、マジイライラするぜっ!」

とか、

「おいおい。投げるのおせーよ!」

などと言うように、スグにでもファミスタに切り替えたくもなりますが
そこはググッと堪えてプレイしてみましょう。
きっと、今にはない何かが発見できるはずです。

シンプルゆえに面白い!

……かどうかは別として、当時としては最高な出来だったのではないかと思います。

ちなみにこのソフト、私はファミスタの後に購入したので
このゲームはスグに飽きてしまいましたとさ。

00063s2.gif

『ベースボール』評価:☆☆☆
発売・任天堂
ジャンル・スポーツ
発売日・1983年12月7日
定価・3,800(後に4,500)


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 01:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファミコン レビュー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック