> 未だクリアしていないゲームを1日(仮)でクリアしよう!  > イマしよう No.2 ファミコン『マッピーランド』
2007年03月11日

イマしよう No.2 ファミコン『マッピーランド』


約2ヶ月ぶりになる、
未だクリアしていないゲームを1日(仮)でクリアしよう!
通称『イマしよう』が今回も行われる事になりました。

前回は、悪魔城ドラキュラをプレイして
見事、その目標を達成することができましたが
はたして今回もうまくいくのでしょうか?
そして勿論、私一人でクリアは難しいので
今回もサポートメンバーを召集する事になりました!
前回に引き続いての登場であるつるべー君(仮)と、今回初参加となるオギ君(仮)と共に
ゲームクリア目指して頑張っていきたいと思います!

で、今回クリアしようと心に決めたソフトは……。
ファミコン用ソフト『マッピーランド』だっ!!

マッピーランドといえば、ファミコンソフト『マッピー』の続編であり
かなりの知名度を誇るソフトではないかと思います。
ゲーム内容は、トランポリンで上下移動しながら
マップに散りばめられたアイテムを回収して、ゴールを目指すと言うもの。
……まぁ、そんな感じです。
かなり説明を簡略化していますが
とりあえずゲームを進めたいと思います。

今回のプレイ方式は、自機が三機(マッピー三匹)あるので
一人一機ずつで、死んだら交代していくパターンをとりたいと思います。
まぁとりあえず、三人の力量もわからんので
その後の事はプレイをしながら臨機応変にしようと言う形です。

既に、私一人の力でクリアと言う概念は消えうせておりますが
とりあえず、その辺りはあまり気にせんようにして
早速プレイ開始です!!


先ず先陣を切ったのはオギ君です。

ティッティティティッティッ♪
ティッティティッティッ♪

……ティロリロ ティロリロ ティン ロリロリロン♪

しかし、開始早々即効で死亡です!
つか、

「えっ!?」

……って感じです。
初っぱな数秒でゲームオーバーですよ!
もうねオギ君、早くも戦力外っぽい雰囲気が漂っています。

で、そんな状況になっても、ゲームは無情にも進みます。
次にプレイするのはこの私。
オギ君の二の舞になる訳にはまいりません。
ここは慎重にプレイします。
取らなければならないチーズを全部拾ってゴールを目指しますが
その目前で何ということか!
私も早々にトランポリンの下に落下して、死亡してしまいました(汗)

早くも絶望感が部屋全体につつまれますが
つるべー君は、そんな雰囲気を拭うように、

「まぁ、最初だし」

と、ニコヤカに言って、プレイ開始デス。
これは期待がもてそうです。

00064.gif

……ところがどっこい!
つるべー君も即効で死にました……。

で、ゲームオーバーと。
三人あわせて三分も持たなかった訳ですよ。
この衝撃的な出来事にもう、みんな笑うしかありません。

あはははははははははとね。

「これは本腰をいれてかからないといけませんな!」

と、つるべー君。
まるで手を抜いてプレイしたかのような言いようですが
一々気にする事もなく(つか無視して)もう一度プレイを続行します。

ティッティティティッティッ♪
ティッティティッティッ♪

ですが、ここでもオギ君は活躍できず、即効で死亡。
そして続く私。
何とか奮闘して、序盤のようにすぐ死ぬ事はなくなりました。
ただ、三面でちょいとAボタンとBボタンを押し間違えると言うボンミスがあり、そこで死亡。
続くつるべー君も、本腰を入れたのにもかかわらず、何故か取るべきチーズを取らず
ウロチョロとしている間に死亡という、又してもイタイ結果に終わってしまいました。

「うはっ!三機という制限はきついよ〜」

と、つるべー君。

「まぁ、この先何面まであるか分からんけど
とりあえず一機も死なずに、せめて四面まではイコウぜ!」


と、私。
つか、三面まででも苦労していると言うのに
一機も死なずに四面まで行くという案に、オギ君はあきらかに不満顔です。
まぁ、一番最初にプレイするのはオギ君な訳ですからね。
気持ちは分かりますよ。
ええ。
とは言え、これぐらいのノルマを出さなければ
とても一日でクリアは不可能であると判断した為
ここは鬼となり、オギ君にプレッシャーをかけます。

「オギさんは、我々より一面を多くプレイしているから、大丈夫っすよ!」

と、まるで根拠の無いことを言うつるべー。
さらにプレッシャーをあたえた後で、
果たしてオギ君は我々の期待に答えてくれるのであろうか?

ティッティティティッティッ♪
ティッティティッティッ♪

しかし、我々の心配をよそに
なんとオギ君はメチャクチャ順調に三面をクリアして
四面に到達したではないですか!
これには、正直我々二人はビックリ仰天です。
(いや、信じていなかった訳ではないですけどね)

ただ、ノルマを達成したと言う安心感からか
四面でスグに死んでしまいましたが……。

ちなみに、あれだけプレッシャーをかけた我々二人が
この後も引き続いて順調に行ったかと言うと
必ずしもそうではなく、私もつるべーも、この後四面で早々と討ち死にしてしまうのでした。

「いや、四面はコレまでのステージと違って、ちょいと独特だからしかたないさ」

と、つるべー。
私もそれに同意見です。
オギ君の目から見たら、きっと最低な二人に映った事でしょうね。

しかし、この四面、確かに他のステージと違って
一癖もふた癖もあるステージだったのはまぎれも無い事実です。

00065.gif

この後一から何度もプレイするのですが、四面までオギ君が持っていて
四面で私とつるべーが死ぬと言う嫌なパターンが出来上がります。

……で、この永久ループを終わらせるべく私がある提案をします。

「二万点とれば、1UPするんじゃない?だったら、まず機を増やそうぜ」

そう。
ゲームと言うのは、大抵ある程度得点を取れば、必ず1UPする。
……と言う、どこからふって出た理論かは知らないが
私がこのようなことを提案してしまった為に
ステージクリアよりも、まず得点を稼ぐ事が第一目標になりました。
なかでも一番点を取りやすい一面から、この作業を開始します。

全く根拠の無いこの理論。
勿論、みんな半信半疑です。
ですが、ここまで来たら、もうソレにかけるしかありません。
一人一機ではクリアしようが無いと、皆が悟ったからでしょうか?

「よし、二万点取るぞ!」

……勿論、二万点を取っても1UPするなんて事はありませんでした。
その上、タイトル画面での初期ハイスコアが、四万点となっているので
最低でも四万点とらねーといけねーんじゃね?
……的な疑問も浮上した為に、この作業はあえなく中止です。
勿論、四万点を取るということも考えましたが、四万点を取るのに必死こくよりも
素直にゲームをプレイしたほうが良いという結論に至ったわけです。

00066.gif

さて、あれやこれやで、我々が奮闘したカイがあったのか、四面も何とかクリアする事ができ
続く五面も四面の苦労がウソのように呆気なく、そして六面を向かえたのでありました。
六面は、これまでのステージと違って二部構成になっており
画面に散らばるをまず取らなければなりません。
で、この鍵を取った後に、建物の中に入り十字架を手に入れ
また外に出てゴールを目指すと言った、少々複雑なステージとなっておりました。
ですが、なんかいつの間にやら皆の力量も上がっていた為か
ここも難なくクリアです。

そして、八面です。

「いつまでステージあるんだよな。
1-8ってあるけど、まさかまだ序盤と言う訳じゃないだろうな」


行けども行けども2-○と言う文字にならない。
もう、三人とも、やる気力がそがれ始めていました。
しかし、ここはエンディングを出す為、頑張ります。
(私は、既に死んでいたので、つるべー君がね!)

で、つるべー君が奮闘している最中、私に電話がかかってきました。
こんな大事な時でしたが、電話に出ないわけにもいかないので、シブシブ電話にでます。

――まぁ、まだつるべーも奮闘してるし、大丈夫だろ。

みたいな感覚でね。
しかし、電話を終え、

「で、どうなった?」

と聞くと、

「クリアしたよ」

と言うような、タンパクな返事が……。

即ち、私が電話に出ている間にマッピーランドをクリアしてしまったと言うのです!
私は信じられず、何度もつるべー達に聞きなおしますが、返ってくる答えは皆同じ。
もう、かなりショッキングです。
クリアが自分でできなかったばかりか
エンディングすら見れなかったこの事実にね!

ただ、よくよく見てみると、腑に落ちない点がありました。
それは、クリアしたはずなのに、2-1と言うような画面が映し出されており
あきらかに未だゲームが続いている感じなのです。

00067.gif

で、聞いてみると、

「ん?二周目じゃない?」

と、さも当たり前のように返事が返ってきます。

「まぁ、さっきとちょっと違うけど
また同じことを繰り返すって事には変わらないからこれでクリアでしょ!」
「そうそう」


つるべーも、オギも、どうやら、二週目以降は全くやる気が出ないらしく
これでゲームクリアと言うことにしたいらしい。

勿論、この意見には真っ向から反対しましたよ。
さっきのクリア画面すら見ていなかったし、真のエンディングにも興味がありましたし。
でも結局、この先、あと何周するかも分からなかったのと
一応、区切りがついたということで
今回はこれで目的を達成したと判断しちゃいました!

何はともあれ、クリアはしたんだしね!

たぶん……。


で、終わった後に調べたのですが、このゲーム、四つのストーリーに分かれていて
それぞれ八ステージ構成になっているんですね。
我々がクリアしたのは、その一つ目のストーリーだけだったと。
各ストーリーにそれぞれ目的があった訳です。
しかし、今までと同じステージ構成に+αがくっつくぐらいなので
何だかんだ言っても、今回はコレで良かったことにします。
もう、気力が無いしね!!

ただ、完全クリアではない事は、ここに明記しておきますよ。

ファミコン:マッピーランド
プレイ時間:1時間30分

感想:
つるべー君
「予想よりも早くクリアできたって感じですな」
オギ君
「やっぱ、ファミコンは難しいよ」

「なんか、今回も達成した感が無いのは気のせいかな?」


マッピーランドクリア!!
総撃墜数
2


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
この記事へのコメント
おお!マッピーだ!なつかしいですね〜。
子供の頃によくやりましたよ
Posted by クリームころすけ at 2007年03月11日 21:44
私も子供の時以来、久しぶりにプレイしたのですが、以外にも操作は覚えているもので、ビックリしましたね。
ただ、面が1-8以降もかなりな数があるとは知りませんでしたが……。
Posted by 二条ジョウ at 2007年03月13日 03:52
昔の記事に失礼します。
どうしても、これだけは言いたかったので!
個人的には、最後まで頑張ってほしかった!!
三人の挑戦は、二人が諦めると簡単に破綻するから、やめたほうが良いと感じました。
他の挑戦ではなんだかんだで簡単には諦めてないですし、二人ならもっと頑張れたのではないかなと思ってしまいます。
勿論、どっちがダメだとかそういう意味ではなく、単純に三人がと言う事です。
偉そうですいません。
でも、楽しく見てるので意見として、言わせてもらいました。
これからも期待しております。
Posted by マッピー好き at 2011年01月19日 04:16
>マッピー好きさん

どうも、貴重なご意見ありがとうございます。

>>三人の挑戦は、二人が諦めると簡単に破綻するから、やめたほうが良いと感じました。
他の挑戦ではなんだかんだで簡単には諦めてないですし、二人ならもっと頑張れたのではないかなと思ってしまいます。


やめるやめない以前に、三人での挑戦はこの回だけの特別枠ですので、今後三人で挑戦することは恐らくありません。
と言うよりも、私自身が全くそう言う事を考えていませんでしたので……。
でも、二人であろうが三人であろうが関係なく、諦める時はすんなりと諦めますよ我々はw

あとマッピーランドの攻略不達成は、私の不徳のいたすところ。
もう少し頑張れたかなとも思いますが、コレが限界でした……。

これからもイマしようの企画と極東ゲームレビュー館をよろしくお願いいたします。
Posted by 二条ジョウ at 2011年01月20日 23:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック