>  > No.199 プレイステーション『機動戦士ガンダム』レビュー
2013年07月23日

No.199 プレイステーション『機動戦士ガンダム』レビュー


プレイステーション初のガンダムゲー。

そして、私がいとこのねーちゃんの友達からプレステを買った時に
おまけとして付いてきたゲームの一つがコレでした。

今でこそ、ガンダムは人並みに好きな作品なんですけど
これを初めてプレイした当時は、ガンダムといえばSDガンダムであり
特に騎士ガンダムのカードダスなどが私の中でガンダムというモノでした。

その為、赤い彗星のシャアだとか、
ガンダムに乗っているパイロットがアムロだとかは
一切知りもしなかった事でありまして、
何ら知識もない状態でこのゲームをプレイしたわけです。

ようやく自分の物となったプレステの初プレイに
半ばワクワク感もいだきながら……。

01033.gif

主人公のアムロ・レイになってガンダムを操り、
敵モビルスーツを撃破していく
のがこのゲームの目的です。

次世代機となった事により、ゲームもポリゴン表示による3Dとなりました。
そして恐らく、多くの人が待ちわびていたであろうと思われる
コックピット視点によるガンダムの操縦
このゲームでついにできるようになったのです!

これはもう、気分はアムロ・レイですよ。
しかも、戦闘中アムロは一切しゃべらないので
自分自身がアムロになりきってプレイできるという優れものです。

ちなみに私、ガンダムではギレン・ザビの声真似が得意(?)なのでありますが
これはもう、ギレンでガンダムプレイが楽しめるって言う事でもあるわけです。

「差し向けるよー、ドォズル!ジオンは勝つよー」

……てな感じで、気分はもうギレンです。

なお、短いセリフしか声が似ないので
演説みたいな長ゼリフだと途端に似なくなるのはご愛嬌ですぞ!

……って、ちょっと意味が分からない上に脱線してしまいましたね。

とにもかくにも、アムロ(ギレン)になりきって
プレイが楽しめるって言うゲームなんですよ。

まさにガンダム好きなら飛びつかないワケがない……って、言えるゲームです。

しかし、このゲーム、操作がやや複雑なので
最初はガンダムの操縦に戸惑ってしまった人も多かったのではないでしょうか。

移動もうまくできないし、敵に照準を合わせるのも難しいし、
武器の切り替え、敵へのロックオン、などなど、一つ一つの行動が
全てせわしなくプレイ中に求められるので、慣れるのに時間が必要なゲームといえます。

あえて複雑な操作性にすることにより
ガンダムを操縦しているという感覚を最大限に出したかったのかもしれませんね。
そういった意味では成功していると言えるし
実際、リアリティを感じられるとも思います。

しかし、残念な事にゲームとしてはそこまで面白いものではありません。。。

そもそも爽快感がないし、敵も出て来ては
ガンダムを追いまわしてくるみたいな単純なパターンでしかないので
複雑な操作に慣れる前に飽きるといっても過言ではなく
ガンダム好きでなければ、プレイするのが厳しいゲームと言えます。

その為、初めてプレイした際には
操作に慣れる前に、飽きてそうそうにやらなくなったゲームでした。
元々SDじゃないガンダムに興味が無かったので、
当時の私はこのゲームをクソゲーとして認識したわけです。

まあ、人並みにガンダムが好きになった今となっても
そこまでハマれるゲームではありませんが
当時、ガンダムが好きだったとしたら
意外にハマれたかもしれないと思えるゲームではあります。

グラフィックなども当時としては決して悪くはないと思いますし
コックピット視点でガンダムが操縦出来るゲームなんてあの当時他にありませんから
パイロットになりきって普通に遊べていたかもしれません。
あの当時、私がガンダム好きだったのならば……。

01033s2.gif
すたーちるどれーんすかいはーい♪

今でこそ、少々見劣りのするゲームですが
リアリティを追求した初のコックピット視点という試みは
あの当時、次世代機のガンダムゲーというモノを
イヤでも見せ付けてくれたのではないでしょうか。

残念ながら、ゲームとしてはイマイチだったかもしれませんが
こういうチャレンジ的な試みは私、嫌いではありません。
それに、たまにやるとちょっとクセになって
つい遊んでしまうんですよねw

ところで今更ですが、いとこのねーちゃんの友達、
なかなか渋いゲームをやっていたんですな!!
女性なのにガンダムですぜ、ガンダム。
それもファースト!

つか、おまけで貰ったゲームの殆どが、説明書もケースも無く
むきだしのディスクだけだったので、ホント遊ぶのに一苦労でした。
このゲームもディスクだけでしたが
申し訳程度に操作方法が書かれたメモ書きが一緒に入っていたので
まだ助かった方だったんですよ。

ただでさえ複雑なのに、
操作方法が分からなければ、それは死に等しいですからね。

なお、このゲーム、セーブができないので
一度ゲームを始めたら、クリアまでぶっ通しでやらないといけません。

今のゲームとは違うのだよ!今のゲームとは!

…………オチを色々考えてたけど、いまいちうまくまとめられなかったデス。

『機動戦士ガンダム』評価:☆☆
発売・バンダイ
ジャンル・アクションシューティング
発売日・1995年6月23日
定価・6,800


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 23:40 | Comment(3) | TrackBack(0) | プレイステーション レビュー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は、機動戦士ガンダム Ver 2.0の方を持っています。(^-^)
たしか、クリアしたような・・・。
そして、ハマってたような・・・。
今は曖昧な記憶しか残ってませんわ。^^;
久しぶりに引っ張りだして、ちょっと遊んでみようかな〜。(*´∀`*)
Posted by Game-PaPa at 2013年07月26日 16:10
むきだしのディスクしか残ってないってところに、いとこのねーちゃんの友達の人物像が少しばかり浮かび上がってきたような気がします。
セーブできないのは色々な意味でキツイけど、私もギレンの物真似でもしながら・・・真似できなかったんでした。
やはりファーストガンダムは思い入れがありますよ。
Posted by sergeant at 2013年07月26日 20:06
>Game-PaPaさん

Ver 2.0の方をやられていたんですね。
そちらの方はこちらのアップグレートみたいな感じで色々と変更されているので、今やるならそっちのが良さそうですね。

でもPaPaさんはガンダム好きな方なので、こちらも充分楽しめるのではないかと思います。

>sergeantさん

プレステ本体の箱や説明書はちゃんと残っていたんですけど、見事にゲーム類はむき出しが多かったですw
今となっては、何をもらったか全部はいまいち覚えていませんが、がんばれ森川君二号だけは綺麗だった記憶があります。

セーブはできませんが、そんなに長くないのでエンディングを目指す事は不可能ではないですよw
Posted by 二条ジョウ at 2013年08月01日 01:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック