> ファミコン レビュー  > No.44 ファミコン『ロックマン』レビュー
2007年04月14日

No.44 ファミコン『ロックマン』レビュー


00079.gif00079s2.gif

人気シリーズ、ロックマンの初作品です。
その後のロックマンにある基本要素は既にこの頃から完成されていました。
各ステージのボスをやっつけて
親玉のステージにいく毎度お馴染みの構成もこの時からです。
まさしくシリーズの原点です。

しかし、その後のシリーズにあるような、チャージショットがうてたり
スライディングしたりなどは、このロックマンではできません。
敵を倒せば、そのボス特有の武器などは手に入りますが
通常時の武器はただ豆弾が撃てるだけです。

シリーズの原点ではあるけれど
何から何まで同じと言う訳ではないのです。
今のように親切な設計ではないし
現在のロックマンで慣れているからと言って油断していると泣きを見ます。
まぁ早い話、難易度が高いソフトって事ですね。

ロックマンシリーズ全般に言える事ですが
ボスは楽なんだけど、ステージが難しいと思った事はありません?
ボスには大抵攻略法などがあるから、それほど難しくは無いのですが
私の場合、ステージでいつも苦しい思いをしていました。
ですが、この初代ロックマンでは、ボスもめちゃくちゃ強いのが登場したりするので
いくら弱点を突いて挑んでも倒せなかったりと
あきらかにその後のシリーズとは違うワイリーのヤル気が見えるのです。
勿論、各ステージのボス(カットマンとかエレキマンなどの最初に倒すボス)は
それ程でもないのですが、それらを倒した後に登場するワイリーお抱えのボス
(黄色い悪魔、イエローデビル!)が尋常では無いほどの強さを誇っています。
シューティングで言うところの
パターンを読まないと勝てないと言った具合です。

また、そのボスの所に行くまでの間にも
わんさかとザコキャラと呼ばれる強敵が襲ってくるので
一時も心休まる暇はありません。
何度やり直した事かと。
おまけに、この無印ロックマンにはパスワードなんてものは存在しませんからね。

そんな訳で、この激ムズロックマン。
当時はクリアする事はできませんでした。
(今でも、クリアするのにはかなり本気にならないと無理だけど)
漫画のロックマンを見て、色々と攻略法などを探ったりもしたのですが
漫画のロックマンはちょいと尋常じゃないぐらいなキャラに変貌していたので
攻略の参考になると言うよりも、トークのネタぐらいにしかなりませんでした(汗)

現在のロックマンの親切設計に飽きた方は
この初代ロックマンの理不尽さを体験してみるのもいいかも知れませんね。
難しいけどゲーム自体は普通に面白いので。

『ロックマン』評価:☆☆☆☆
発売・カプコン
ジャンル・アクション
発売日・1987年12月17日
定価・5,300


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 01:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ファミコン レビュー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
二条ジョウさん こんばんは!
前の記事ですいませんがコメント失礼します。

ロックマンシリーズは絵が子供っぽく思え、当時はあまり興味が持てませんでした。。
でも大人になってからロックマン4をプレイしたところ、想像してたよりはるかに面白くてビックリしました。
近いうちに1から順番に挑戦してみたいなと思考えています。
Posted by ひでちゃん at 2014年06月27日 21:54
>ひでちゃんさん

こんばんは!

食わず嫌いだったゲームってありますよね。
私にも色々ありますw
ロックマンは子供の頃からやっていましたが、今プレイしても飽きないのはすごいです。
(実は3はまだクリアしてないんですけどねw)

1から挑戦がんばってください!
Posted by 二条ジョウ at 2014年07月01日 01:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック