>  > No.229 ゲームボーイ『ヘッドオン』レビュー
2015年02月20日

No.229 ゲームボーイ『ヘッドオン』レビュー


01078.gif

ドットイートタイプの元祖、セガの名作ヘッドオンです。
こちらはライセンスを受けたテクモから
任天堂のゲームボーイで発売されたものですね。
海外だとSG-1000にも移植されたようですが、
日本だとこのゲームボーイ版が初移植ですかな?
とりあえず、任天堂機でセガの名作ヘッドオンができたと。

ヘッドオンは、敵の車にぶつからない様に、
フィールド上にあるドットを全て取る事を目的としたゲームです。
ゲームボーイ版は、アーケード版と同様のルールで遊べるノーマルモードと、
アイテムやら障害物などが色々追加したアレンジ版であるスペシャルモードからなります。

ノーマルモードは、アーケード版に準じたモノなので、かなりシンプルですが、
裏を返せば、テクニックのみが要求されるといえるゲームなので、
ストイックに遊びたい時にはまさにうってつけ。
アーケードで育った人も懐かしい感覚でプレイできるかと思われるモードです。

そもそもヘッドオンは、自車も敵車も前にしか進めません。
敵車は、自車と正反対の方向に周り、自車めがけて体当たりをかまして来ようとするので
車線変更や自車のスピードを高速あるいは低速に切り替えながら衝突を避けねばなりません。
これが通常のヘッドオンの内容です。

それに対してアレンジ版であるスペシャルモードでは、
シンプルだったゲーム性に、一種のカンフル材的な役割を追加させました。
滑る床車線変更を不可能にするなどした障害物や、
敵と味方の進行方向を真逆にしたり敵の速度を落とすなどしたアイテムの存在など、
オリジナル部分を損なうこと無く、より戦略性が増した作りとなったわけです。

01078s2.gif
ノーマルモード

01078s3.gif
スペシャルモード

恐らく、従来からのファンの人でも楽しめる出来なのではないかと思います。
個人的には、やはり色々追加されたスペシャルモードの方が面白いと感じました。
それに通常のヘッドオンも遊べるので、一本で二度おいしいといったところでしょうか。

たまには一時代を築いた古き良きゲームに興じてみる事も、なかなかに悪くは無いものです。

『ヘッドオン』評価:☆☆☆
発売・テクモ
ジャンル・アクション
発売日・1990年12月7日
定価・3,300


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 22:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームボーイ レビュー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
セガの名作でもある「ヘッドオン」。この当時にテクモからライセンスを受けながらもゲームボーイに移植とは…、とは言えども、同じセガの名作ゲーでもあった「スペースハリアー」、「アウトラン」、「スーパーモナコGP(初代、II)」、「ソニックシリーズ」、「GPライダー」、「G-LOC AIR BATTLE」、「コラムス」に関しては流石にセガの名作とは言えどもゲームボーイでの発売不可能だったので、無理意地でもゲームギアで発売したとか。
Posted by マイケル村田 at 2015年02月20日 23:31
>マイケル村田さん

ですね。
ゲームボーイでですもんね。
他の名作が出てこなかった事の方が、ある意味自然と思います。

Posted by 二条ジョウ at 2015年02月26日 22:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック