>  > No.54 ファミコン『ドラゴンクエスト』レビュー
2007年05月28日

No.54 ファミコン『ドラゴンクエスト』レビュー


ドラクエ8もクリアしたし、ここいらでRPGのレビューにも手をつけようかと思います。

で、最初はやっぱり、ドラクエ!
RPGはドラクエをやるまで、小さい頃はあまり遊ばなかったジャンルなのですが
ドラクエに出会った事で、私も人並みにプレイするようになったきっかけのソフトでしたね。

私がそもそもドラクエに興味を持ち始めたのが、小学校の中期頃。
その当時、めちゃくちゃ仲のよかったH君が
ある時、近所のお兄さんからゲームソフトを何本か貰ったと言うので
H君の家でそのソフトを見せて貰う事になりました。
そのソフトとは、ドラクエとFFだったのですが、その当時は全く知らない物でしたので
初めて見た時には、凄い面白そうに映った事を今でも覚えています。

FFのほうは、カセットの絵しか見ていなかったので
私の脳裏からはスグに忘れ去られてしまいましたが
ドラクエは実際にH君がプレイしているのを横で見ながら
アレやコレやと言いながら一緒に攻略していったので
こちらは脳裏にバッチリと刻まれました。

で、思った訳です。

――こんな面白いゲームは生まれて始めて見たな〜。

……と。
実際には、同じRPGである『桃太郎伝説』を既に私は持っていたので
初めて見るジャンルではなかった筈なのですが
当時の私にとって桃太郎伝説は黒歴史に入るので
記憶からはDeleteされていたようです。
(詳しくはコチラ)

何はともあれ、このH君に見せてもらったドラクエがあまりにも面白かったので
遂に私もRPGに興味を持ち始めるようになり
次の日曜日には早くもドラクエ3を購入した程でした。
私にとっては、いわゆるターニングポイントってやつですね。

00095.gif

で、今回の一番最初のドラクエ。
こちらは、3を買って、2を買って、4を買って、その後に購入した物だったのですが
カニ歩きもなんのその、普通に面白くプレイする事ができました。

確かに2以降に比べると、少々物足りなさも感じはしましたが
シリーズの原点とは言え、シナリオも、グラフィックも、音楽も、全てが、劣っている訳でもなく
RPGの良さと言うか、王道部分がふんだんに詰め込まれていたので
これはこれで何度もやった程です。

戦闘シーンに、背景がついているのも、2以降からプレイしていた事もあって
逆に新鮮に感じましたし、一対一の戦闘も勇者らしくて好きでした。

00095s2.gif

RPGの大元となったといっても過言ではないこのゲーム。
お姫様を助けたり、戦闘で手に入れたお金で武器を買って
主人公を成長させたりして、最後には悪者であるボスを倒す。
分かりやすく、かつ、王道的なストーリーは、今では逆に珍しいかもしれません。
だからこそ、今では新鮮に見えたりもしちゃうんですよね。

『ドラゴンクエスト』評価:☆☆☆☆
発売・エニックス
ジャンル・ロールプレイング
発売日・1986年5月27日
定価・5,500


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 03:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | ファミコン レビュー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本では結構人気が高いドラクエシリーズですが…、海外ではそう上手く行きません。海外でのドラクエは日本では人気があったものの、海外では人気がない。そうです!ドラクエが通用するのは当時は日本だけ!こんなもの海外では通用しなかったのだ!外国人はRPGよりもアクション、シューティング、スポーツ系が人気のジャンルであったため、日本のRPGはあまり人気がなかった模様…。
Posted by マイケル村田 at 2013年03月12日 18:41
>マイケル村田さん

外国人と日本人の感覚はまた別物ですからね。
外国人に日本人の嗜好が合わない事があるように、日本人が外国人の嗜好に合う事が無いのもまた珍しくはないでしょう。
しかし、日本で売れたのは事実でありますから、やはりドラクエはすごいです。
Posted by 二条ジョウ at 2013年03月14日 19:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック