>  > No.63 ゲームボーイ『らんま1/2 熱烈格闘編』レビュー
2007年07月12日

No.63 ゲームボーイ『らんま1/2 熱烈格闘編』レビュー


「好きな漫画はなんですか〜?」

と聞かれたら、

「ドラゴンボール!」

と答える私ですが、

「好きな漫画のベスト3はなんですか〜?」

と聞かれた場合には、1位がドラゴンボールなのは当たり前だとして
その次にはらんま1/2がランクインされます。
(ちなみに3位は、今愛読しているハトよめ

つまり、らんま1/2もドラゴンボール同様、私がハマリにハマッた作品の一つな訳です。
大抵その作品にハマルと、ソレ関連の物を集めてしまうわけですが
私が興味を持ち始めた頃には、既に原作も終わりを迎えていたし
アニメも終了していたので、勿論ソレ関連のものを探すのには苦労しました。

中でも苦労したものはゲームでしょうか。
時代はプレステが主流。
スーファミのらんま1/2関連ならば、まだ中古で探せばあったのですが
PC-98や、MSX、そしてゲームボーイとなると、なかなか見つかりません。

当時は受験シーズン真っ只中ではありましたが
もう勉強なんかやっている時ではないと、日々ゲームショップを探索です。
たまに見つける事はあっても、箱が無かったり傷があったりするとイヤなので
無視したことも何度あったことかと。
(この無視のせいで、PC-98版のらんまゲーは、遂に手に入れる事はありませんでした……)

PCエンジン、メガCDと、着々と戦果を拡張していっているのにも関わらず
まだゲームボーイのほうは3つとも手に入っていません。

「さすがに、中古のゲームボーイソフトで、箱付、説明書付は無謀と言うものか」

と、そろそろ考え始めていた時に、以外にもそれは古本屋に置いてありました。

000122.png

これが、ゲームボーイ版で初めて手に入れたらんま1/2のゲームな訳ですが
なんと値段は中古で1000円。
受験生でも安心価格です。
おまけに、スーファミ版のらんま1/2の攻略本も手に入れることができたので
もうその日は受験勉強なんてそっちのけです。

……とは言え、この頃ゲームボーイの所有権は父親にあったので
買ったゲームを自由に遊ぶ事ができない
と言う不条理が私を待ち受けていたんですけどね!
(スーパーゲームボーイは持っていたけど……)

まぁなんにせよ、ようやく手に入れたこのゲーム。
問題は、面白いか面白くないかと言うことですが、そんな事はどうでも良いのです!

……と言いたい所ですが、それだとあまりにも投げやりすぎるし
そもそもレビューにならないので、かるく紹介しちゃいたいと思います。

00123.gif

簡単に言うと、このゲームは、アドベンチャーゲーム
アクションゲームが一本に収まっているとても素敵なソフトです。

アドベンチャーモードでは、原作の雰囲気をそのままに
乱馬やその仲間達との会話が繰り広げられ
アクションモードでは、ライバルキャラ達と戦ったりしてゲームを進めていきます。
ストーリーはオリジナルですが、所々に原作の内容も盛り込まれていて
原作を知らなくても楽しめるつくりとなっています。
ゲームボーイとして考えるに、グラフィックもキレイだし
当時としては、結構いい出来なのではないかと思います。

しかし、アクションモードでの難易度に結構なバラツキがあり
難しい所は、それこそゲームボーイを叩き壊したくなるほど、激烈な難易度を誇っていますし
そうかと思うと、敵キャラが意外に弱かったりして、色々と問題もあります。

ですが、ゲームボーイ版のらんま1/2では
もっとも原作っぽい作りとなっているので、普通に面白い事は面白いです。

00123s2.gif

当時は、ようやく手に入れたと言う感じでしたが
今ではネットがあるせいか、結構な数を見かけるんですよね……。

『らんま1/2 熱烈格闘編』評価:☆☆☆
発売・バンプレスト
ジャンル・格闘アクションアドベンチャー
発売日・1992年7月17日
定価・3,980


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
レビューが気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 02:14 | Comment(8) | TrackBack(0) | ゲームボーイ レビュー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
値段的にはどうなんですか?
上のらんまの箱からはオーラが出てるように思いますが・・・。
なんか高そうです。
Posted by ふじおか at 2007年07月12日 12:51
まぁ、私なんかは好きだから安く感じましたけど、一般のゲームとして考えた場合には、やっぱ高いのかもしれませんね。
Posted by 二条ジョウ at 2007年07月15日 01:58
第三位の「はとよめ」は私も好きデスヨ。
はとびーむ!!

らんまはいいですよね〜。
今でも好きな漫画ですよ。
Posted by フランク at 2007年07月15日 21:46
はとよめ、知っていますか!
アレは面白いですからね〜。
らんまとはあきらかにジャンルが違いますけどねw
Posted by 二条ジョウ at 2007年07月17日 03:29
はじめまして☆エムサルといいます。
古い記事への書き込みすみません。
いま、ゲームボーイでこのソフト挑戦中なのですが、一回目の九能邸がどうしてもクリア出来ません。三階から上に行けないのですが、何か覚えてますか?
Posted by エムサル at 2011年02月20日 18:50
>エムサルさん

初めまして!

この久能の館なのですが、実は上へと上がる階段はどの階も一番右にあります。
そこへ行く道中、ドアがたくさんあって迷ってしまいますが、この“一番右に到達すれば上へ上がれる”と言う事を覚えておくといいと思います。
あと、他のドアに入ってしまっても、道中にあるドアはその階の何れかのドアに通じているだけですので、左に進めば元の位置に戻れると思います。

それで3階以降の攻略なのですが、まず二階の一番つき当たりのドアを入ると、3-(1)の扉からでます。
そしてそのまま右へと進みますが、その道中、最初にでてくるドア(下のドア)に入ります。
そうすると右にある3階のドアからでてくるので、ブロックが出るまで待機し、直線のブロックが出てきたらダッシュしながら右の方へ大ジャンプします。
そうすると四階へ通じるドアまで行く事ができます。

4階もそのまま右へと進んでいくと、kodachiとかかれたドアがいくつかでてきます。
しかし、このドア、最後に出てくるドア以外はフェイクですので、入ると別の階に戻されます。
なので、無視して先に進みます。
そして、一番端にあるドア(空中に二つ並んでいるドアの右)に入ると小太刀がいてイベントが進行します。

当時、自分が攻略していた時のメモと記憶に頼りながらの答えですが、これでたぶんいけるかと思います。
それでは、攻略がんばってください。
Posted by 二条ジョウ at 2011年02月20日 21:22
いきなりの質問に快く答えてくださり
有難うございます☆
コメントを読んで気づきました、ダッシュがあることを。。。説明書が無いにしても自分の勘の悪さが恥ずかしいです。。でもおかげでガンガン進めそうです!本当に有難うございます!!
Posted by エムサル at 2011年02月21日 01:13
>エムサルさん

いえいえ。
少しでもお役に立てたようで幸いです。
Posted by 二条ジョウ at 2011年02月21日 22:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック