> ハテゲー特集  > ハテゲー特集 No.10『二条建設マイコンミステリーシリーズ 第1弾 探偵、喜連川二郎 〜京都二条城連続殺人事件〜』
2021年06月19日

ハテゲー特集 No.10『二条建設マイコンミステリーシリーズ 第1弾 探偵、喜連川二郎 〜京都二条城連続殺人事件〜』


インスパイア計画が順調に推移しているのをみて
一応の成功を収めたと確信した二条建設は
ゲーム部門のさらなる拡大を狙い、インスパイア計画とは別に
パソコン用ゲームソフトのシリーズを新たに手掛ける事にした。

それが、二条建設のマイコンミステリーシリーズと呼ばれる
アドベンチャーゲームの制作であった。

今日紹介するゲームはその第一弾であり、
探偵、喜連川二郎シリーズの第一弾でもある『京都 二条城連続殺人事件』である。

嘘ゲーム タイトル画面

解説

『探偵、喜連川二郎 〜京都 二条城連続殺人事件〜』
1989年の作品。
二条建設のマイコンミステリーシリーズ第一弾であり
探偵、喜連川二郎シリーズの第一弾。
本作は、PC-8801、FM-7などのパソコン用ゲームソフトとして発売された、
コマンド選択式アドベンチャーゲームである。

京都の名門細柳家の次男、細柳幸彦が何者かの手により殺害され
友人である探偵の喜連川二郎が事件の調査を開始する所から物語は始まる。
事件は、細柳家の財産を巡っての相続争いかと思われたが
調査を進めていくうちに、やがて大きな陰謀の存在に気づく……。


といったストーリー。

オーソドックスな探偵物ではあるが
先の読めない展開と、個性豊かな登場人物で
他にはない二条建設らしさを出したゲームとなっている。

説明書より


【ストーリー】


久しぶりの休暇で京都にやってきた俺は、
大学時代の友人である細柳幸彦と再会を果たした。
幸彦は、あの細柳グループの会長である細柳幸太郎氏の次男で
細柳重工業の社長を務めている男だ。

久しぶりの再会で羽目を外し、ほろ酔い気分となった帰り際、
突然神妙な面持ちになって幸彦は俺にこう告げた。

「何者かに命を狙われている」

……と。

翌日、調査に乗り出す約束をしてその日は別れる事になった。
今にして思えば、もう少し真剣に話を聞いておけば良かったと
後悔の気持ちでいっぱいだった。
そう、これが幸彦と交わした最後の言葉になったのだ。

翌日、死体となって発見された幸彦を前に、俺は誓う。

――幸彦を殺した犯人をこの俺の手で捕まえてみせる!

……と。

こうして俺は、陰謀渦巻く京都の名門細柳家に深く関わっていく事になるのであった。

【登場人物プロフィール】


人物 喜連川二郎
喜連川 二郎(きつれがわ じろう)26歳。
探偵。25歳の時に探偵事務所を持つ。
本格的な殺人事件の調査は初めてであるが、
友人の弔いの為に、俺が解決してやる!と意気込む。
趣味はお酒だが、飲む方ではなく酒瓶を集めるコレクターという変わった一面も。
勿論、飲む方も嫌いではないがそちらはあまり強くない。

人物 佐竹メグミ
佐竹 メグミ(さたけ めぐみ)24歳。
喜連川二郎探偵事務所のスタッフ。
喜連川とは、高校時代のミステリー同好会で一緒になってからの腐れ縁。
美人で人当たりは良いものの、怒らせると怖い一面を持つ。
また探偵事務所の事務仕事は全てメグミが行っており、
彼女の力なくして、喜連川二郎探偵事務所は成り立たないといえる。

人物 醜悪寺春虎
醜悪寺 春虎(しゅうあくじ はるとら)46歳。
京都中央署の刑事。名前に似合わず、正義感が強い刑事で
捜査は聞き込みと確実な証拠品を積み上げる事が基本と考える。
喜連川二郎を誤認逮捕した過去があり、それが唯一、彼の中での汚点となった。
しかし、それがきっかけで喜連川とは飲み友達になり、
今では、じろちゃん、はるさんと呼び合うほどの仲に。

人物 細柳幸彦
細柳 幸彦(ほそやなぎ ゆきひこ)26歳。
細柳重工業の社長で、細柳幸太郎の次男。
喜連川二郎とは大学時代からの友人。
喜連川と酒を酌み交わした翌日、京都二条城で死体となって発見された。

人物 細柳幸太郎
細柳 幸太郎(ほそやなぎ こうたろう)69歳。
細柳グループの会長。幸彦の父。

人物 細柳さえ
細柳 さえ(ほそやなぎ さえ)48歳。
細柳幸太郎の妻。幸彦の義理の母。幸彦の母が死んだ後、幸太郎と再婚。

人物 細柳幸重
細柳 幸重(ほそやなぎ ゆきしげ)30歳。
細柳商事の社長。細柳家長男。幸彦の兄。

人物 細柳幸輝
細柳 幸輝(ほそやなぎ ゆきてる)24歳。
細柳信託銀行の社長。細柳家三男。幸彦の弟。

人物 細柳忠道
細柳 忠道(ほそやなぎ ただみち)23歳。
細柳家四男。さえの連れ子で幸彦の義理の弟。ミュージシャンを目指す。

人物 細柳まりこ
細柳 まりこ(ほそやなぎ まりこ)72歳。
細柳マテリアルの社長。細柳幸太郎の姉で幸彦の叔母。

人物 細柳てつこ
細柳 てつこ(ほそやなぎ てつこ)67歳。
細柳電機の社長。細柳幸太郎の妹。幸彦の叔母。

人物 細柳信光
細柳 信光(ほそやなぎ のぶみつ)58歳。
細柳樹脂の社長。細柳幸太郎の弟。幸彦の叔父。

人物 細柳マリー
細柳 マリー(ほそやなぎ マリー)38歳。
細柳信光の妻。元アメリカ陸軍の女性士官。

人物 畑俊八
畑 俊八(はた しゅんぱち)40歳。
細柳さえの実の弟。喫茶「ゲルマン」の店長。

人物 牟田口連子
牟田口 連子(むたぐち れんこ)19歳。
喫茶「ゲルマン」で働いている女子大生。

人物 小磯邦子
小磯 邦子(こいそ くにこ)20歳。
喫茶「ゲルマン」で働いている。連子の先輩。

人物 花園桃子
花園 桃子(はなぞの ももこ)24歳。
幸彦の恋人。現在行方不明。

人物 花園犬男
花園 犬男(はなぞの いぬお)19歳。
桃子の弟。居酒屋でバイトしている。

※ ここで紹介した人物は、ほんの一部だ。あとは自分の目で確かめてみよう!

コマンド一覧


いどうする<他の場所へ移動する時に使うコマンドだ!>
きく<聞き込みは捜査の基本。何度も聞けば自ずと道は開ける!?>
みる<気になったところは人でも物でもよく観察するんだ!>
みせる<証拠品などを見せれば、聞き込みで新たな情報を得る事も!?>
とる<何とも無いようなものが、意外な証拠品となる事もある。取れるものはとれ!>
よぶ<誰かを呼びたい時に呼ぶんだ。来ない時もあるがな!>
おどす<脅せば口を割る人もいるが、人によっては痛い目にあうから気をつけろ!>
でんわ<電話をかける場面、意外に多いよ。>
こくはつする<犯人が分かったら醜悪寺刑事に伝えよう!推理モードに移行するぞ!>
もちもの<今現在所持している持ち物だ。>
てちょうみる<今までに集めた情報を調べたい時にチェックしてくれ。>

推理モードについて


このゲームでは犯人が分かったら、いつでも醜悪寺刑事に告発する事ができます。
コマンドの、“こくはつする”を選ぶと直ちに推理モードに移行し、
事件を一から振り返り推理していきます。

ただし、証拠品が不十分だったり、登場人物の情報を掴んでいなかったりすると、
真犯人ではない人間を犯人に仕立て上げてしまう恐れもあります。
醜悪寺刑事は過去に誤認逮捕した事があり、
もし無実の人間を再び誤認逮捕してしまうなんて事になったら、
恐らく二度と立ちなおれなくなってしまう事でしょう。
その為、誤認逮捕は即ゲームオーバーへと繋がります。
告発する時は、絶対の自信がある時にだけにしましょう。

細柳家について


細柳家は室町幕府管領職を任されてきた細川家(京兆家)の庶流です。
その子孫である細柳 幸太郎の父、細柳 金富(ほそやなぎ きんとみ)が、
明治時代に莫大な富を築き日本の五大財閥の一つにまでのし上がりました。
第二次世界大戦後には戦後の混乱に乗じてさらに躍進。
旧細柳財閥の主要企業を中心としたグループ経営に着手し
今や日本のありとあらゆる分野で活躍しています。

現細柳家当主、細柳 幸太郎の次男である細柳 幸彦は
そんな細柳グループの一つである細柳重工業の社長であり
我らが主人公である喜連川 二郎の友人でした。

このゲームでは陰謀渦巻く細柳家の一族が何人も登場し、
あなたの推理を阻害してくる事でしょう。
しかし、真実は常に一つです。
さあ、あなたの力を存分に発揮してください。

内容


嘘ゲーム ゲーム画面1

ゲーム自体は、オーソドックスなコマンド選択式のアドベンチャーゲームである。
ただし、総当たりでどうにかできるゲームではなく、
証拠品などを集め損なうと詰む場面もあり、なかなかに油断はできない。

ゲームは基本的に、色々な人物から情報を聞き出しフラグを立て、
証拠品を集めていく流れ。
犯人と分ったらいつでも告発する事はできるが、間違うと即ゲームオーバー。
ちなみにセーブはできるが、セーブをする事で詰む危険性もあるので注意が必要だ。

また、プレイヤーのミスリードを狙う要素がいくつも散りばめられており、
難易度は相当に高い。
ネタバレを承知で描くが、最初の事件の被害者が
実は幸彦ではなかった
という事に気づく為のヒントは一ヶ所しかなく、
しかもそれを聞き逃すと二度とそのヒントは聞けない。
それに加え、実時間で10分間何もしないなどといった動作を要求される場面もある。

あまりにも難しかった為か、
発売後にはPC情報誌であるテクノマッポで付録として攻略本が付属した程。
また通販限定で攻略情報や裏設定などを盛り込んだヒントディスクが購入できた。

嘘ゲーム ゲーム画面2

感想


発売時期を考えると当時としても古臭さは否めない作品である。

推理物としては先の読めない展開と歯応えのある謎解きがあって
なかなかに楽しめた反面、推理とは関係ない部分での難易度も相当に高いせいで
ほぼ自力での攻略が不可能なのがゲーム的には勿体ないといったところであろうか。

今回、そこら辺も含めて攻略手順なども色々と書き連ねようと思ったのだが、
なんと任天堂スイッチでリメイク版が発売される事が決定したとのことなので、
ここでネタバレをする事は控えさせていただいた。

システム周りはお世辞にも良いとは言えなかったオリジナル版であるが、
スイッチ版では、システム周りも一新され遊びやすくなっているようだ。

是非とも自分の手で事件の真相を暴いて貰いたい所である。


にほんブログ村 ゲームブログへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 17:10 | Comment(2) | ハテゲー特集 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この特集も懐かしいですね〜

・・・・ハマーン様いない?笑
Posted by クリームころすけ at 2021年07月17日 22:34
>クリームころすけさん

どうもお久しぶりです。
気づいたら10年ぶりぐらいの更新でしたw

ちなみにハマーン様はいないです……たぶんw
Posted by 二条ジョウ at 2021年07月18日 18:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]