>  > キャラ列伝 No.7 〜ドラゴンクエストII 悪霊の神々より〜『サマルトリアの王子』
2007年12月07日

キャラ列伝 No.7 〜ドラゴンクエストII 悪霊の神々より〜『サマルトリアの王子』


gun3.GIF

尾苦似です。
さて今回は『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』から、サマルトリアの王子を紹介しよう!!

00208.gif

伝説の勇者ロトの血筋を引き、あまつさえサマルトリア王国の王子である彼は
まさしく勇者の素質に相応しい地位と名誉を生まれながらにして持っておった。
ご先祖のロトが平民の出であり
そして100年前の勇者が元は放浪者であったことから見ても
彼に対する期待は今まで以上のものであったに違いない。

そして、姉妹国であるムーンブルク王国が
ハーゴンの手下に襲われ壊滅してしまった報を聞き、彼はいよいよ旅立つことになった!
勇者ロトの末裔として、そして世界を救う為、
彼は打倒ハーゴンを目指し祖国を後にしたのじゃ。

――ロトの末裔として、立派にお役目を果たしてご覧にいれます!

とな。

そしてローレシアの王子と合流を果たした後は
同じロトの末裔としてハーゴン打倒を誓い合い、共に旅をする事になったのじゃ。
共に旅をするからには、誰かがまとめ役としてパーティーを統率する必要がある。
何しろピクニックに行くわけじゃないのじゃからな。
そして、これには自然とローレシアの王子がなった。
サマルトリアの王子は持ち前のマイペースさが災いとして、出遅れてしまったわけじゃな。

gun4.GIF

じゃが、コレは大きな問題じゃ!

何しろ、
ローレシアの王子がリーダー的存在になる=サマルトリアよりローレシアの方が上。
という事になるからじゃ。

勿論、本当にそうなのかは知らんが、問題は、本人達の自覚云々と言うよりも、
見る人間によってどう映るかにあるのじゃ。
しかも、ムーンブルク城壊滅の折、生き延びた兵士が向かった先は、サマルトリアではなく、
ローレシアじゃったのじゃからな。

ローレシアの王子は、本人が望むにしろ望まないにしろ、
大義名分と事実上ロトの末裔達の頂点に立ったのじゃ。
勿論、マイペースなサマルトリアの王子はこの事に気づかない。

心の中では、

――ぼく達は、勇者なんだ!立派にお役目を果たさなければ!!
ローレシアの王子もなんか頼りがいがあるし、ずっと付いていくからね!


と、けなげにも思い続けていたに違いない。

じゃが、ローレシアの王子はそれ程バカではなかった!!

いつしか、この状況さえも利用しようと画策していたのじゃ……。
もう一度言うが、ムーンブルク城壊滅の折、
生き延びた兵士が向かった先は、サマルトリアではなく、ローレシアだったのじゃ。
わざわざサマルトリアを迂回してまでローレシアに向かった使者。
なぜそうまでしなければいけなかったのか。

まぁこの辺りの事は、ローレシアの王子編で記す事にするが
とにかくその事実をローレシアの王子が知った時、運命の歯車が回り始めたのじゃ。
サマルトリアの王子は純粋だから、気づく事はなかったがのぅ……。

勿論、ベラヌールの町でハーゴンの呪いにかかった時も、彼は信じていた!
きっと仲間が助けてくれると!!
じゃが、その彼の願いも虚しく、結局ローレシアの王子とムーンブルクの王女2人で
ハーゴンを倒してしまったのじゃ。
サマルトリア王国はそれこそ建国以来の未曾有の事態に追い込まれたに違いない。
何しろ王子は何もしなかった訳じゃから
その後の姉妹国の中では発言権がないものと
一緒じゃ。
そうなれば後は亡国の道へまっしぐら……。
サマルトリアの行く末が心配じゃのぅ。

ちなみに、三人一緒に倒したというデータはワシの所に来てないので、あしからず。

さて、そんな訳で今回も適正チェックじゃ!

00207.pngクラス:
陸軍中尉
兵科:
輜重
能力:
マイペース


解説:
ロトの子孫でありながら、あまり見せ場がなかった可愛そうな奴。
FC版のドラクエIIの最強装備が鉄の槍だったり
SFC版のドラクエIIでは
サマルトリアの王子抜きでもハーゴン退治ができてしまったりと
その哀れさは上げればキリがない。
またドラクエIIではなく、いただきストリートに登場した時は、
ムーンブルクの王女に結構酷い事(クッキーのくせに生意気とか)を言われておった。

じゃが、持ち前の暢気さが幸いとして、本人は結構幸せだったりする。
いや、幸せじゃった筈!
頼れるローレシアの王子に、ツンデレ(?)なムーンブルクの王女。
そして、いつも慕ってくれる妹。
ワシならこれだけでヨダレダラダラもんじゃ。

そんな彼の階級は中尉。
なんたって王族だし、士官学校ぐらいはでているじゃろうて。
そして兵科の輜重(補給)は、いつも味方に回復を絶やさない、
徹底としたサポートにまわる彼にはピッタシの役割。
前線が無理でも後方勤務なら的な感じじゃ。

……能力のマイペースはそのまんま。


てな訳で、今回はサマルトリアの王子じゃった。
冒頭には言わなかったが、今回も独断偏見によるものじゃ。
この列伝を見て、

「公式とちゃうやんけ!!」

とか言われてもワシは知らん。
ワシだって中間管理職でつらいのじゃよ。
それはそうと、次回はローレシアの王子を紹介すると決まったわけじゃないから、
そこは注意じゃよ!


posted by 二条ジョウ at 01:15 | Comment(11) | TrackBack(1) | キャラ列伝 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちのサマルトリアの王子は、仲間のサポートする間もなくよく死んでおりました。
回復担当者が先に死んでどうするの? 打たれ弱さを何とかしてほしかったデス。DEATH です。
Posted by sergeant at 2007年12月07日 22:45
サマルトリアの王子って中途半端なんですよね〜
メガンテも使えるようで使えないし!
使おうにも、真っ先にやられてちゃあ、使えないんですけど〜(笑)
Posted by ココマル at 2007年12月07日 23:06
今回は穏やかな登場でしたが、やっぱりキレましたね(笑

はやぶさのけんが、もうちょっと強かったらカッコ良かったのに〜と思いましたね〜。

ほんとラスボスで必ず死ぬんです。そんで死ぬのはいいんですが、ザオリクという大量にMPを消費する魔法を使ってまで生き返らせようと思わないんですよね(笑
Posted by ふじおか at 2007年12月07日 23:55
いえ、彼は大事な人なんです。
ロンダルキアで彼以外の誰かが殺害されても復活させられますが、彼がやられたら世界樹の葉をわざわざ取りに戻るハメに陥りますし。

ザラキ要員として、ロンダルキアでのレベルアップのために頑張ってくれました。

いいんです。
最後は力のたて要員と化しても、彼は大事なんです(笑)
Posted by そうてん at 2007年12月08日 13:14
>sergeantさん

私のとこもそうだったりw
というより、ムーンブルクの王女が回復も引き受けていましたね。

スーファミだとまだマシでしたけど。

>ココマルさん

どうせ死ぬなら、相打ちぐらいして欲しいものです。
メガンテ……、言われてみるとやっぱ意味なかったですねw

>ふじおかさん

こうしてみると、サマルトリアの王子えらい不人気ですなw

ちなみにラスボスで、サマルトリアが生きていた事私ございませんデスw
はやぶさの剣はホント宝の持ち腐れって感じです!

>そうてんさん

どっちにしろ捨て駒ですねw
ただ、確かに後半はザラキで助かった事もありましたね。
対ボス戦で使える魔法はありませんけどw
Posted by 二条ジョウ at 2007年12月09日 00:36
中途半端は否めないんですが俺は好きです。最後にかけてくれた言葉が彼の全てでしょう。
ちなみに、ロトの血が一番濃いのが彼なのです!他の2人はアレフガレド王族のバカな血に侵食され、それぞれ魔法と力を失いましたが、彼だけは踏みとどまっています。そう、ロトの血はサマルトリア王家にのみ留まっているのです!レベル35の壁さえ破れれば、きっと王女さえも使えなかったギガデインをも使いこなせるはず!きっと彼は遠慮してるんですよ、彼らに活躍の場を与えないと…と。
別にお気に入りキャラではないんですが、ちょっとネタに使おうかと考えた箇所でしたので(笑)
ローレシア王子ネタも楽しみにしてます♪
Posted by gunchang at 2007年12月09日 01:10
彼は幸せでもプレイヤーは幸せじゃないです(笑)
あっでも嫌いじゃないですよ。
なんだかんだで、2じゃ一番好きですし。
それにしてもムーブルクの王女がツンデレって(笑)
Posted by クリームころすけ at 2007年12月09日 14:38
すみません、間違えました。王子のレベルは45まででしたね。ギガデインはその次当たりに…(笑)
Posted by gunchang at 2007年12月10日 01:27
>gunchangさん

ギガデインがレベル45以降だと、軽く死ねますねw
サマルトリアの王子が遠慮しているのかもしれない所は何気に頷けます。
なんか自己主張しなさそうですもんw
これも暢気者ゆえなのかもしれないですね。

>クリームころすけさん

まぁ、ここまで言っておいてなんですが、私もサマルトリアが一番好きだったりしますw
ダメな子ほど可愛いもんですから。

王女のツンデレはまぁ、オクニさんの主観ですからw
Posted by 二条ジョウ at 2007年12月13日 00:42
ローレシアの王子編早くみたいっす!
よろしくお願いします
Posted by マキシム at 2008年06月13日 15:49
ご意見ありがとうございます。
これで、ローレシア編を書かねばならなくなりましたねw
ただ、次が必ずそうなのかはちょっと分かりません。
断定できず申し訳ありません。
Posted by 二条ジョウ at 2008年06月16日 01:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ドラゴンクエストUに関する情報
Excerpt: DoCoMoN901isに入っているiアプリの「ドラゴンクエストU悪霊の神々」前...DoCoMoN901isに入っているiアプリの「ドラゴンクエストU悪霊の神々」前編に出てくる「勇者の泉」とは何処に..
Weblog: ドラゴンクエストに関する情報ブログ
Tracked: 2007-12-30 16:50