>  > No.86 セガサターン『ときめきメモリアル〜forever with you〜』レビュー 〜二条メモリアルの巻〜
2007年12月25日

No.86 セガサターン『ときめきメモリアル〜forever with you〜』レビュー 〜二条メモリアルの巻〜


※注
今回の記事には、心が病んでいる表現が結構含まれていたりします。
ですので、予め読む前に心の準備をしておく事を推奨いたします。


メリ〜クリスマス♪
そしてこんばんわ!
イブの夜にブログを更新している私です。

いや〜、悲しくなってくるね。
どこもかしこもクリスマスムード一色で!!
あぁ、こんな私を癒してくれる乙女はどこかにいないもんかのぅ……。

と、そんな感じで家の中を物色していたら出てきました。

私の嫁が!!

00215.png

ご存知ときメモ(SS版)です。
もはや説明は不要ですね。
もしかしたら未プレイな方や全く知らない方もいるかもしれないので簡単に説明しますと、

このゲームはギャルゲー!

です。

3年間の学校生活で女の子と仲良くなっていき、卒業式に告白されればO.K!
な感じのゲームです。
藤崎詩織と言えばピンとくるでしょう。

あっ、知らない?
そうですか。

とにかく、誰も癒してはくれなさそうなので今日はゲームの世界へ現実逃避する事にします。
まぁその間皆様には、私と嫁との馴れ初めでも聞いてもらいましょうか。


中学時代のあの頃はとにかくピュアな少年でした。
ギャルゲーのギャの字も知らない、それはもう心が澄み渡っていたぐらいに。
そんなピュアな少年の心を乱しまくった元凶は、全て友人のH君にあるのです。

〜豆知識〜
H君とは、私の幼稚園時代からの親友。
それは中学生になっても変わらず、今でも時たま会っていたりする。
当時は野球少年だったが、今では頭がボンバヘッドのホストだったりもするから
人生は分からないものである。


二条メモリアル〜木漏れ日の中で〜

ある日の学校の帰り道。
その日は今月何のゲームが欲しいかをベスト5で発表する日であった。
(ベスト5云々の詳細はこちらの記事にて)
中学に入ってからは、新しくS君もこれに加わったが
やる事は小学生の頃と変わらず、ただ互いに買いたいゲームを発表するだけ。
しかし、そんな事でさえも私たちは楽しんだものである。

いつもと変わらないこの恒例のイベント。
ただ1つ違う事があるとすれば、今回H君があのゲームを1位にもってきた事だ。

「第1位はときメモかな?」

H君が第1位にもってきたソフトはときメモと言うソフトだった。
今では当たり前のように知っているソフトでも、あの頃はピュアな少年の為、全く知らない。
なもんだから、あの頃の私はそれについてH君に聞いてみるのだけど
なかなかゲームの内容を教えてはくれなかった。
聞けば、どんな内容なのかを当てたら教えてやると言う始末。

――どんな内容なのかが分かったらそもそも聞かねーよ。

……と言うツッコミは心の中にしまいこんで、とにかく考えてみる。
色々考えた結果、そのゲームはパズルゲームなのではないかと言う答えに行きついた。
その理由は−解くメモ−だから。

自分でもいい線いっている答えだと思ったのだけど
勿論当たっている筈もなかった。

「てゆーか、オメーそんなもん欲しいの?あれエロゲーじゃん」

私が考え込んでいると横からS君が口を開いた。
S君の口ぶりからすれば、どうやらそのときメモと言うゲームは
なにやらトンでもないゲームだと言うことが分かる。

――と言うか、エロゲー!?

私が驚愕する眼差しをH君に向けると、彼は必死に弁解をする。

「違うよ!あれはエロゲーじゃなくて恋愛シミュレーションゲームなんだよ!」
「恋愛しゅみれーしょん?」
「そう。今後の為に勉強しようかなとおもってさ」


ようするに、そのときメモと言うゲームは恋愛しゅみれーしょんで
恋愛の勉強が出来るゲームであるとH君は言いたいようである。
私は、世の中便利になったな〜とか感心して、S君にも話を聞いてみようとしたのだが
S君は我々2人が考えているよりもずっとゲーマーだったのだ。

「……オメーセガを馬鹿にしているのか?」

気づけば、彼は怒りに満ち溢れていた。
我々2人がゲームは楽しければ良いと言う考えの持ち主ならば
このS君は生粋のゲーマー。
特にセガに対する入れ込み具合はハンパではなく
彼の前でプレイステーションの話をしよう物ならば、鉄拳が飛んでくる程だ。
……勿論、格ゲーの鉄拳を投げつけてくるわけではない、ホンマもんの鉄拳である。

そのS君の前で、ときメモと言うギャルゲーの話をしたのがそもそも間違いだったのだ。
(ちなみに、このH君が買おうとしていたときメモはSS版)

「あんなナンパゲーやるようじゃ、オメーもクソだな!」
「……べ、別にいいじゃんか。人の勝手だろ?」


だんだんと空気が重くなってきていたのが分かった。
幾らこの私がバカでも、ここは何とかしなければいけないと本当に思った程だ。
私は、この嫌な空気を払う為、必死にS君のご機嫌を取る事に勤める。

何せチキンゆえ。。。

「そ、それよりS君。バーチャ2のあいつの倒し方分かる?」
「はぁ?オメーにバーチャの何が分かるんだよ!」

余計にキレられた。
もはや事態は収拾のつかない状況へと追い込まれていたのである。

そして……。

「いいか、ときメモなんか買ったらぶっ殺すからな!!」

と言う捨てゼリフを吐いてS君は、我々2人を残して先に帰ってしまったのであった。

夜。
私はH君が言っていた、ときメモなるゲームの事がかなり気になっていたので、
家に帰ってから買いに行ったゲーム雑誌を読んでいた。

「ときメモ、ときメモ……、あった!」

………………。
…………。
……。

「何これ!めっちゃオモシロそうやん!!」

初めて見るゲーム内容は、私には全てが新鮮だった。

このゲームで恋愛の勉強ができるかどうかは別として、非常に興味を引かれたのだ。
そしてコレは私も買わねばと、決意新たにした訳である。

しかし、コレを買う為には幾つかの問題を解決しなければいけない。

一つは、S君の存在。
一つは、何処で買うか。
一つは、隠す場所。


私がこのゲームを購入する為には
幾つかの課題をクリアーしていかねばならなかったのだ。

何故かと言うとそれはチキンゆえ。
ぶっちゃけS君に関してはスルーしてもいいとして、買う場所と買った後にゲームを隠す……、
もとい保管する場所を考えておくことは急務なのだ。

翌日、休日と言う事もあってか、早速ときメモを購入する神機が到来した。
親も競馬に行っていないし、買うなら今を置いて他にはないと判断したのだ。
私は、ゲームショップを探す為に自転車を走らせた。
勿論、下調べなんてしていないからなかなか見つからない。
一応、買う店の条件としては、
@40代後半の男性がレジに入っている店。
A裏路地にあり、目立たないような店。
B自分の住んでいる地域からかなり離れている店。

以上の3つである。
一つでも欠けてはいけないのだ。
その為、いつも買いに行っている店にはいかない。
知り合いに会う可能性があるからだ。

数時間かけてもなかなか良い店が見つからなかったのだが、不思議と辛くはなかった。
それは何かをなそうとしている自分がとてつもなくカッコよく感じた為かもしれない。
例え動機が不純であれ、この時の私は輝いていたのだ。

そしてそんな私を天は見捨てはしなかった。

「らっしゃい!」

ようやく見つけた一件のお店。
店員は40代後半のおっちゃん、店は目立たない所にあり、
自分の住んでいるところからもかなり離れている。
そして、今は私以外にお客はいないときた。

――チャンスだ!!

次第に胸が高鳴ってくるのが分かった。
棚に並べられたSS版ときめきメモリアルを手にレジへと向かう。
全てが無駄のない動き。
自分自身で褒めてあげたいぐらいである。
とっとと会計を済ませてこの地域からおサラバすれば全ては完了。
あとはバラ色の未来が待っているだけである。

しかし……。

「ほぅ……、ときめきメモリアルねぇ〜。兄ちゃんも好きだね〜」

あろうことかこの店員は、私に話かけてきたのである!!

「アレだろ、伝説の木がどうたらとか言うゲームでしょ?」
「……ええ、まぁ」
「ふーん(ニヤニヤ)」
「…………」


なかなか会計をさせてくれないおっちゃん……。
それどころか私はおっちゃんにからかわれつつあった。
しかも店内には、いつの間にやら入ってきていた何人かの女性客の姿が……。
コレは予想もしなかった事態である。
何とかしなければ末代までの恥なので必死に、

「お会計をお願いします!」

と催促するが、おっちゃんはなかなか話を切り上げない。
そうこうしているうちに、その女性客がレジへと向かってきていた。

「あーだこーだだわよねー」
「そーよねー」


広いお店ではなかったので、至近距離まで来る女性客。
私が買っているものも勿論、モロばれだった。

「あの〜、他のお客さんも来たみたいですし……」
「ああ、そうだったね」


そして、ようやく会計を済す。
わざわざ遠出して来たと言うのに
結局は恥をかいてしまう結果に終わってしまったのだ。

この日の恥ずかしさは
それはもう何とも言えないぐらいのことであった。
初めて買うギャルゲーを、あろう事か女の人に見られて
あげくに、見ず知らずのおっちゃんにからかわれるなんて
なんとツイていなかったことだろう。。。

きっと、いつもギャルゲーばっかプレイしている男の子と思われていたに違いない。
ああ、最悪である。

そんな最悪な1日を体験した私は
静かに家に帰って初体験となるギャルゲーをプレイする。
そして、その初体験はとてもテンションがあがるものであった。
最悪かと思われていた1日であったが、ときメモで全ては払拭され
一人遅くまでプレイし続けるのである。

色々あったが、ときメモは面白い!

と、その様に感じた中学時代の私であった。

続く。

……かもしれない!?


以上が馴れ初めです。
つか、馴れ初めと言うか、買ったキッカケなんだけどね。
色恋沙汰とかと勘違いした人ゴメンなさいねw

まぁでも楽しくプレイしましたよ☆
もうね、プレイ前から心臓バクバクだったのが、
プレイを始めると突き抜けちゃうぐらいに高鳴っていましたね。
あまりに藤崎詩織が可愛かったんで、ビデオに録画したりもしたし
ここでは言えない様な事もしたりね。
あっ、もちろん健全な意味でですよ。

とにかくね、コレはやばかった。
当時、こういうゲームはやった事がなかったので、
もう心が病むぐらいはやったんじゃないでしょうか。
良い思い出です。

ただ、このゲームを買った事は誰にも言えなかったんですよ。
本当は、俺達のアツアツぶりを見せ付けてやりたかったのですが
それをやってしまうと、イタイ人になってしまうので、それはできませんでしたw

でも、本当に色々な思い出があるんですよね。
2人で遊園地に行ったり、プールに行ったりとか。
そうそう、クリスマスに行ったパーティーの帰りには
雪が降って来て何ともロマンチックでしたよ☆

……コホン。

さて、今日久々に嫁と会ってきた訳ですが
どう言う訳かなんか虚しくなったんで即効でお開きにしてきちゃいました。
やっぱ現実が一番って訳ですよ。

現実が!!

00216.gif00217.gif

『ときめきメモリアル〜forever with you〜』評価:☆☆☆☆
発売・コナミ
ジャンル・恋愛シミュレーション
発売日・1996年7月19日
定価・6,800

posted by 二条ジョウ at 00:36 | Comment(5) | TrackBack(0) | セガサターン レビュー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ときメモはPCエンジン版からのお付き合いで、サターン版まで手を出しております。
幸い、隠す場所を確保する必要もなくプレイできましたよ。
と言うより、周りは既に諦めムード?! 誰もツッコミ入れません。
これはこれで寂しい気もします。
Posted by sergeant at 2007年12月25日 20:25
はじめまして、ファミ吉です。
なつかしいゲームサイト(ファミコン・スーファミ)を運営しているのでお暇ならご覧ください。

あと、相互リンクをお願いします。
Posted by ファミ吉 at 2007年12月25日 23:46
友人宅のパソコンでプリンセスメーカーとかはやったことがあったんですが、
当時、割とストイックなゲーマーだった私は、
ファミ通でこれの情報を始めて見た時は、あまりの衝撃に立ち直れなくなりそうでした。

ただ、何かのラジオで聞いたこのゲームのOP、EDの曲は凄く気に入ってしまい、
半泣きでCDの購入に踏み切った記憶があります。

今は、その手のコーナーに入るのもまったく抵抗ないですけどね(笑)
Posted by そうてん at 2007年12月26日 00:34
私もはじめはこのゲームのことをいかがわしいゲームだと思ってました( ̄ー ̄;
当時このゲーム買うのに、相当苦労されたんですね〜 
先ほど、違うところで『ときメモ2』のバッドエンディングの曲を紹介されていたので、その曲をBGMにこの記事を読ませていただきました。せつない…
Posted by ココマル at 2007年12月26日 22:45
>sergeantさん

PCエンジン版ももっているとはスゴイ!
よくPCエンジン版は素晴らしいとの話を聞くのですが、私は未プレイです(汗)
現在では隠さずに堂々と置いているのですが、逆にこちらのほうが目立たないもんなんですね。

>ファミ吉さん

どうも初めまして!
早速リンクのほうさせて頂きますね!

>そうてんさん

OP,EDの曲は私も好きなのですが、当時はなかなかそこまで買う勇気がありませんでした。
ああ言うのって、ゲーム買う以上に苦労が絶えないんですよねw
後に抵抗が無くなった時は勿論買いましたがw

>ココマルさん

ときメモ2のバッドEDの曲は初期以上に切ないですからね……。
ただ、2の時は買うのには全然苦労しませんでしたけどw

Posted by 二条ジョウ at 2007年12月27日 00:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック