>  > No.88 ファミコン『1999 ほれ、みたことか!世紀末』レビュー
2008年01月18日

No.88 ファミコン『1999 ほれ、みたことか!世紀末』レビュー


「最近、人生ゲームや桃鉄も飽きてきたし、ほれ、みたことか!をやってみっか!」

と思っているボードゲーム好きな方に、同じくボードゲーム好きな私から一言。
このゲームだけは避けて通ってもいいんじゃないかなと。
小・中学生の頃はよくパーティー系ゲームで遊んでいましたが
間違いなくダントツで盛り上がらなかったゲームでございます。

我が友人らの感想と行動は、

「つまらないね」byH君
「頭が痛くなってきた」byHちゃん
「班遊びだったのに、なんか時間を無駄にしたね」byMちゃん
「クソだろコレ!!」byオギくん
「チェスト!!」
と、叫びながら、私のカセットを投げ捨てたS君。


みんな反応は芳しくはありませんでした。
それぞれ時代こそ違えど、その反応は殆ど同じ。
最近プレイさせたドゥ君だけは唯一、

「稀にみる良作!」

とか言って喜んでくれましたが、まぁそれは大人ゆえ。
子供の頃だったら、彼もキレていたことでしょう。

しかし、私的には結構重宝もしました。
何せ、出会った人物には片っ端からプレイさせて
その反応を見て楽しんでいた訳ですからね。

おっと、話が脱線しました。
とにかくこのゲーム、とんでもない代物と言う訳でございます。

00303.gif

ゲームの目的は、1999年にノーム星人が地球に襲来してくるので、
その時までに宇宙パワーを集めピンキー星人の科学力で地球を脱出する事にあります。
この宇宙パワーが何であるかは知りませんが
とにかく宇宙パワーがでかい人が勝ちと言う訳ですので
ゲーム中はコレを上げる事に終始します。

一見面白そうな設定ですね。
ここまでだったらまだ、楽しそうなゲームだな〜。
とも思えるかもしれません。
なにせ見た目も人生ゲームですから。
しかし、内容には雲泥の差があります。

00304.gif

まずマップ。
年代が変わろうが、何しようが、基本的には同じマップをグルグルと回るだけ
一応世紀末が近づくにつれ、マップに多少の変化はあるものの、
最初から最後まで同じマップで競いあっていきます。
しかも世紀末が近づくにつれ、
マップにあるイベントマスが徐々に劣悪なものへと変わっていきます。
人生ゲームでは、良いマスと悪いマスの割合が大体バランスよくなっている訳ですが
このゲームだと大体90パーセントは悪いマスという訳です。
イベントはそれなりにありますが、殆どがノイローゼーになりそうなクレイジーイベント
新興宗教ネタとかあったり、子供に求めても知らんよって感じです。

また、強制4人プレイな点もすさまじい。
ただでさえ長ったらしく、鬱要素満載だと言うのに1ゲームに膨大な時間を使います。
学校から帰ってきて、友達と2人でこのゲームをプレイしようものならば
その日はこのゲームのみで解散と言うオチになってしまいます。
(大抵は途中で自主的に強制終了しますが)

その他には、転職の為に偉く操作性の悪いミニゲームをプレイしなければならず、
一度フリーターになったら、最悪ずっとフリーターのままだったり
自キャラはランダム決定で大抵ハ〇だったりデ〇だったり
金は核シェルターだけを買うぐらいにしか使う道が無かったり
どんなに頑張っても、必ず新興宗教に加入させられたりなど色々ありますが
まぁ、スゲーんですわ。

で、あまりに凄まじかったので、今まではエンディングを見た事がありませんでした。
だってメンドクセー以外の何ものでもないじゃないですか。
でも、先ほど出てきたドゥ君の反応があまりにも良かった為に
つい調子に乗って最後までプレイしてしまったんですよ。

私も、

――実は面白いんだよコレ!

と、思うようにしてたらなんか面白くなってきちゃったし。
でもドゥ君は途中で、

「なぁ、いつ止める?」

とか言って歩調を乱し始めた訳ですよ。
さっき言っていた、

「稀にみる良作!」

は、やはりネタだったんだとか思いつつも、そこで止められる訳がないじゃないですか。
私だってようやく自分の心を惑わすのに成功したのに。
だから、強制的にプレイさせましたよ。
私も段々、面白くないものはやっぱ面白くないっていう風に気づき始めていましたが、
もう意地でしたねアレは。

で、プレイ約5時間。
感動のエンディングを迎えたわけです。
私が1位、ドゥ君が2位で。

でも、1位だろうが2位だろうが、結局全員バッドエンディングなんだけどね!!

そんな訳でこのゲーム。
システム的にもゲーム的にも難がありますが、話のネタに取っておくと、
10分ぐらいは盛り上がりますので、一度はプレイしてもいいかもしれませんね。

00305.gif

『1999 ほれ、みたことか!世紀末』評価:☆
発売・ココナッツジャパンエンターテイメント
ジャンル・テーブル
発売日・1992年9月18日
定価・7,300

posted by 二条ジョウ at 03:21 | Comment(8) | TrackBack(0) | ファミコン レビュー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またお邪魔しています(^^)ノ
タイトルのセンスもさることながら、見るからに面白く無さそうなすごいゲームです・・・(^^;
でもそれを5時間も我慢してやったのが凄い(o_ _)ノ彡☆ダンダン
恐るべしココナッツジャパン・・・
Posted by みきたんたん at 2008年01月18日 05:34
出会った人物には片っ端からプレイさせて・・・・・ある意味スパム行為的な気がしますが
それよりも、5時間も続けられた事のほうに感心しました。
ノイローゼになりませんでしたか? ちょっと心配です。

Posted by sergeant at 2008年01月18日 21:36
ええ!?エンディングまでいったんですか?

これ、紹介しようとプレイしたんですが、文中にもあるように、途中で無理!と思い、ほったらかしにしてます。

エンディングまで5時間か…ネタに困ったらやりましょうかね…。

しかし、お疲れ様でした。ドゥさんはまだ「稀に見る良作!」と言っておられますか?
Posted by gunchang at 2008年01月19日 01:18
>みきたんたんさん

やっぱ、タイトルのセンスはすごいですよね。
今だったら、考え付かないって言うかw
でもファミコンならではで好きですね。
ゲーム云々は別としてw

>sergeantさん

ノイローゼになる一歩手前でしたw
今までは出会った人物に片っ端からプレイさせていましたが、ほんと最後までやったのは初めてだったんで……。
軽く死ねますねw

>gunchangさん

途中でほったらかしにしちゃいましたか!
分かりますよその気持ちw
私も1人だったら無理ですもんw

ドゥ君は、プレイ途中からクソとか言い始めていましたw
Posted by 二条ジョウ at 2008年01月20日 00:32
これはスゴイですねぇ
噂には聞いてましたが、エンディングまで5時間かかるゲームだったとは…
おつかれさまでした!

私だったらエンディングまでたどり着ける根性ないかも…
でも、どんなゲームなのか、実際にはプレイしてみたいですね。

最後に書かれている定価を見ると… 当時、発売日に買った人は怒りがおさまらなかったのでは〜( ̄ー ̄;
Posted by ココマル at 2008年01月20日 17:10
地球が滅ぶんじゃないかと思っていたあの頃が嘘のようです(笑)

噂には聞いても持ってる人はいなかったゲーム。
まさか現実に目にする日が来るとは思いませんでした。

プレイヤーキャラからして凄いですね。

いや、でも、見るだけでいいですよね?
Posted by そうてん at 2008年01月20日 20:35
話のネタで10分ぐらいってウケます(笑
しかしこれを5時間って、ひょっとしてこのソフトについて日本で一番詳しい人かも知れませんね、二条ジョウさんは(笑
Posted by ふじおか at 2008年01月21日 01:11
>ココマルさん

私の場合は新品購入ではなかったのでまだ良いほうでしたが、定価で買った方はほんとご愁傷様です。
定価7300円は、ファミコンソフトとしてみても普通に高いですし……。
値段で怒りゲームで怒る。
二段構えとは脱帽ですわw

>そうてんさん

プレイヤーキャラが可愛かったり、かっこよかったりすればまだ救いがあったのですが、期待にこたえてくれますw
しかも職業の医者はこの後すぐフリーターに……。
勿論見るだけで充分ですが、買うのはお止めいたしませんよw

>ふじおかさん

日本で一番って、そんな筈はw
というより、一度しかエンディング見てませんしwww
でも、ほんとだったら喜んでいいのやらと、複雑ですね。
Posted by 二条ジョウ at 2008年01月23日 01:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック