>  > No.91 ゲームボーイ『シーサイドバレー』レビュー
2008年02月10日

No.91 ゲームボーイ『シーサイドバレー』レビュー


友達同士で海に行ったはいいけど、周りはスイカ割りに熱中しちゃって、
ビーチバレーが出来ないって事、多々ありますよね?
せっかくみんなが楽しく遊んでいるのに、

「おい!ビーチバレーやろうぜ!」

なんて言うのも気が引けますし……。
でも、モヤモヤを溜め込んでおいてもそれはそれでイライラして、なんかムカツクのです。
そうなると、精神衛生上も非常によろしくない訳です。
私なんかは別にビーチバレーなんてどうでもいいし、むしろスイカ割り派だったりするのですが、
中にはビーチバレーに命かけている人もいるのです。
周りが気づいてあげられればいいんですけど、スイカ割りに熱中してる時って、
どうも周りが見えなくなってしまうんですよね。
別に目隠ししてるからとかそう意味じゃなくて。
もっとより深い意味としてね。
だから、せっかくの夏に、ビーチバレーをやりたくてやりたくてしょうがない時には、
やっぱ自分自身で何とかしないといけません。

せっかく海に来たんですし!

で、自分自身で何とかするとなるとやっぱコレ!
手軽さが売りのゲームボーイ!
そしてソフトは「シーサイドバレー」!!
砂浜でわいわい楽しめるビーチバレーが、ゲームボーイでもプレイできるって寸法です。
ゲームだから、周りがスイカ割りで楽しく遊んでいる最中に無理やりビーチバレーに誘わなくても、
1人で気兼ねなく遊べるのです。

00313.gif

アメリカ、ブラジル、イタリア、日本から好きな国と選手の性別を選びます。
ビーチバレーという事もあって、選べる選手は皆水着姿になっていますので、
より一層、ビーチバレーらしさがここにはある訳です。
もちろん背景は砂浜(だったらいいな)。
夏の醍醐味ですな。

00314.gif

まぁ、そんな感じの内容です。
前フリがめちゃくちゃ長かった割にはレビューがちょっと短い感じもしますが、
前フリをなくすと僅か5行ですからね。
致し方がありません。

そうそう。
これだけは言っておきますが、周りがスイカ割りをやっている時に、
1人でゲームボーイも実は悲しいものがあります。
参加できるのであれば、参加したほうが楽しいと思いますよ。
つまりぶっちゃけ、スイカ割りヤレヨ!
……って事です。

つか外、雪が積っているのに今気づいたのですが、
今回のレビュー、随分季節無視してましたね。

『シーサイドバレー』評価:☆☆☆
発売・トンキンハウス
ジャンル・スポーツ
発売日・1989年10月31日
定価・2,980

posted by 二条ジョウ at 00:33 | Comment(4) | TrackBack(0) | ゲームボーイ レビュー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは持ってましたよ。
任天堂のテニスゲームみたいな感じで、結構楽しめました。
シーサイドにする必要は無かったかもしれませんが(笑)
Posted by クリームころすけ at 2008年02月11日 18:07
89年っていうとけっこうゲームボーイでは初期のほうですかね?
これは知りませんでしたわ〜。
テトリスと魔界塔士sagaはよくやってましたが・・・。
それにしても、この季節感無視は最高です(笑
なぜこの時期に!?みたいな(笑
Posted by ふじおか at 2008年02月11日 21:24
ビーチバレー…確かに季節感無視ですね(笑)
シーサイドバレーっていう名前からビーチバレーは想像できませんね〜
89年頃にはビーチバレーって言わなかったのかな…
Posted by ココマル at 2008年02月12日 23:47
>クリームころすけさん

ほんと任天堂のテニスゲームでしたw
おっしゃるとおり、シーサイドにする必要はなかったのかもしれませんね。

>ふじおかさん

なぜこの時期にしたのかといわれると、ホント唯の気まぐれだったりします。
何も考えていないんでw

わりと最初の頃の作品ですが、
テトリスも含めて、あの頃のゲームって意外に中毒性が高いのが多かったですよね。

>ココマルさん

逆にシーサイドって言う言葉のほうが珍しいですよね。
89年頃も普通にビーチバレーって言っていたような気もしますし。
Posted by 二条ジョウ at 2008年02月13日 03:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック