>  > No.99 プレイステーション2『しばいみち』レビュー
2008年04月16日

No.99 プレイステーション2『しばいみち』レビュー


00346s2.gif

USB対応のマイクを使って、お芝居を楽しむゲーム。
いわゆるアフレコってやつを体感できます。
用意されたお芝居は全部で16本あり、
ラブコメやら時代劇やら、バラエティー豊かなお話がテンコ盛りです。
また、どれも聞いたことのあるようなお話なので、
内容を理解しやすく、役に徹する事ができます。
勿論、好きなお話から選んでプレイすることも可能です。

00348.gif00349.gif
こういった物語がテンコ盛り!

プレイヤーは、画面に表示されたセリフに合わせてしゃべればO.Kなのですが、
カツゼツが悪かったり声が小さかったりすると、
芝居のうまさを表すハートのメーターが下がってしまうので、
ただしゃべれば良いという訳にもいきません。
勿論、演技力もそうですし、マイクの使い方一つとってもとても重要なことです。
ハートのメーターが一番下まで到達してしまうと、
強制的に芝居は終了してしまうので気が抜けません。

しかし、そんな技術面の事はまずはおいて置いて、
とりあえず勢いでやってみるのもいいかと思います。
何だかんだで結局楽しくプレイする事が一番であって、
技術面ばかり考えてもしょうがないですからね。
それよりも、恥ずかしがらないでやる事が大事かな〜と思います。

仕事の都合上いつも深夜にゲームをプレイする事になるので、
このゲームをオモイッキリプレイする機会が少なくあまりやりこんでいませんが、
それでも前に友人らとプレイした時には結構盛り上がりました。
友達同士で配役を決めてプレイできるモードもあるので、
機会があれば是非プレイしてみてください。
誰かのプレイを見ているだけでも楽しいので、
自分はちょっとって言う人でも芝居の楽しさを実感できるかと思います。

00347.gif
注※ ↑必須ナリ。

『しばいみち』評価:☆☆☆☆
発売・ソニー・コンピュータエンタテインメント
ジャンル・おしばいバラエティ
発売日・2003年2月13日
定価・5,800

posted by 二条ジョウ at 01:33 | Comment(5) | TrackBack(0) | プレイステーション2 レビュー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へ〜!!
こんなゲームが出ていたなんて知りませんでした!
テレが生じそうですが、ぜひやってみたいです。
家族の前で熱演できませんけど、友達となら盛り上がれそう〜!!
Posted by ココマル at 2008年04月16日 19:23
声優になった気分に浸れそうですね。
自分は滑舌が悪いのと、シャイなのでプレイするのはチョッと無理みたい。
だけど、新しいアイデアのゲームは大好きなので一度挑戦してみたいなぁ。
Posted by sergeant at 2008年04月16日 21:37
はじめまして。黒猫と申します。
前々から何度も訪れていたのですが、今回初カキコしてみました。

レトロゲームはマリオとかドラクエなどの有名どころしか分かりませんが、PS2は良くやっています。
しばいみちもとある声優に感化されて発売日に買った口です(笑)

これからも楽しみにしていますのでPS2のレビュー数も増やしてもらえると嬉しいです。
それでは。。。
Posted by 黒猫 at 2008年04月17日 13:45
これは普通に面白いでしょ!絶対!
なんかの余興とかで使えそうですかね!(笑
いや〜いろんなゲームがあるもんスね〜。
Posted by ふじおか at 2008年04月18日 21:10
>ココマルさん

家族の前ではさすがに私も無理ですw
友達同士なら問題ないんですけどね。
2人プレイだと一緒にやるので、テレも半減するかもしれませんよ。

>sergeantさん

新しいアイディアが盛り込まれたゲームは私も好きですね。
試したくなります。
でも今回のように恥ずかしさが付きまとうものは、なかなか難しいですよね。
周りに聞こえないように音楽を爆音でかけてカムフラージュするとい方法もありますけど。

>黒猫さん

はじめまして。
カキコありがとうございます。
私自身もPS2のソフトをどんどん紹介していきたいと思っていましたので、なるべく多く取り上げたいと思いますが、結構気まぐれで紹介していますのでどうなるかは分かりませんw
でも、せっかくの意見ですので善処してみますね。

>ふじおかさん

余興で充分使えると思いますよ!
自分が楽しむのもそうですが、
罰ゲームで誰かにやらせてみたりとかでも、周りは盛り上がると思いますし、余興にはもってこいだと思いますw
Posted by 二条ジョウ at 2008年04月19日 01:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック