極東ゲームレビュー館 > ゲームがツキマトウ我の日記
2020年05月29日

やった!MSX パーフェクトカタログだ!


MSXパーフェクトカタログ 表紙

お馴染みのパーフェクトカタログにMSXがついに登場しました!!
これまではファミコンとかセガサターンといった
家庭用ゲーム機を取り上げてきたシリーズですが、
なんと今回は、当時ホビーパソコンとして親しまれていたMSX!!

共通規格として様々なメーカーから発売されていたパソコンという事もあって、
ゲームもそれこそファミコン以上に出ているのですが、
MSX本体や周辺機器なども合わせて、それを一冊の本にして紹介するというのは、
もう不可能レベルだと思っていました。

そしたらまさかのMSXですよ!

いやはや嬉しいですね!

そんなわけで早速どんな感じなのかっていうのを
軽く紹介していきたいと思います。

MSX パーフェクトカタログの中身!


パーフェクトカタログシリーズなので、
勿論、本はカタログ形式で紹介されています。

各メーカーから発売されたMSX本体の紹介から、
各年代で発売されたMSXのゲーム(MSX,MSX2,MSX2̟+,MSXturboR)まで。

MSX本体はメーカー別になっていて、簡単な説明とチラシ付き。
ゲームは基本的に1ページ10タイトルの構成で、
パッケージとゲーム画面が1枚ずつとなっています。

MSX本体一覧
本体。
数多くの参入メーカからカシオ計算機とキャノンです。
ちなみに私が持っている本体のうちの一つもこの中にあります。
いつか極レビュ展示物の方でも紹介したいですね!


MSXゲーム一覧1
ゲームの方は年代別。
1ページ10タイトルだとちょっとゲーム画面が小さく感じます。


MSXゲーム一覧2
2タイトル分の枠を使って1タイトルを紹介する事もあります。
ゲーム画面の掲載も増え2枚となっています。


こんな感じです。
ゲームの紹介もそうですが、MSX本体の掲載は嬉しいですね。
全部網羅してるのかは分かりませんが、
1冊持っておくとかなり懐かしさに浸れるのではないでしょうか!?

家庭用ゲーム機の方と違って、
なかなかゲームは店頭で目にしませんから
せめて目で見て楽しむなんてのも良いかと思います。

そんなわけで今日はこの辺で。


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 21:54 | Comment(0) | ゲームがツキマトウ我の日記 | 更新情報をチェックする
2020年03月24日

ありがとうソフトハウスキャラ!


18禁ゲームメーカーのソフトハウスキャラ(有限会社キャラ)が、
経営上の理由で今月末で解散・廃業するようですね……。

ソフトハウスキャラといえば私も贔屓にしていたメーカーでしたが、
それだけに残念でなりません。

思い起こせば当時人の勧めで手に取った
『海賊王冠』が同社でプレイした初めてのゲームでしたが、
あの頃はまだ〇〇歳未満(自主規制)だった事を考えると
私にとっても長い付き合いとなったメーカーでしたね。

たぶん人生でプレイした18禁ゲームとしても
最初期10本目以内には入っているゲームだったと思います。
最初はメーカーが好きというより、
とりあえず人の勧めで遊んでいたゲームの一つって感じでしたが、
気づいたら毎作買うぐらいには好きになっていたメーカーでした。

最近はプレイが追い付かなくて、
未プレイどころか買う事すらしていなかったのですが、
ちょっと前に『葵屋まっしぐら』を新古品で再度購入したぐらいには
ファンでありました。
昔、布教活動していた頃、幾つかのソフトを借りパクされた事がありましてね、
それで今は失ったゲームを買いなおしている途上だったわけですが、
全てを買いなおす前にメーカーの方が先に逝ってしまうとは
思いもよりませんでした……。

ソフトハウスキャラの昔のゲームはプレミア化はもちろん、
あればラッキーぐらいのレベルなので、
メーカーが潰れてしまった以上は、
DL販売ですら難しくなってしまうかもしれませんねぇ……。
(ブランド及びこれまでのタイトルはDMM GAMESに譲渡したようですか)。

ソフトハウスキャラ 葵屋まっしぐら
葵屋まっしぐら(第1作)
ソフトハウスキャラの処女作。
まだゲーム性は無いが、この時の設定は後の作品にも影響を与えた。


ソフトハウスキャラ 真昼に踊る犯罪者
真昼に踊る犯罪者(第4作)
初のフルボイス作品。
1作目のヒロインの娘だったり後の主人公の母だったり
後のヒロインの曽婆さんだったりが本作のヒロインという
結構後の作品のヒロインに関係する人物が登場する。
個人的には布教活動時の借りパクでも難を逃れた作品の一つで、
DL販売もしておらずプレミア化しているのでもう二度と手離さないつもり。


ちなみに去年『悪魔娘の看板料理』をプレイしましたが、
作品の順番的には2016年に発売された『プラネットドラゴン』
私の中では一番新しい作品です。
正直、ゲーム部分は色々と問題がある作品ではあるんですが、
個人的には久々に話が面白かった作品でもありました。
ここ10年ぐらいはファンから見てもゲーム的には
首を傾げるような作品も多かったと思いますが(私がプレイしていなかった作品も含め)
それでもソフトハウスキャラが醸し出す雰囲気が
好きって人も多かったんじゃないかなと思います。

『巣作りドラゴン』で一気に人気が出た事で世間ではその知名度が凄く、
ソフトハウスキャラだと巣作りっていうイメージが付きまとっていますが、
ファンから見てもそれを完全に超えたと思える作品が無いのが
正直な所なのではないでしょうか。

巣作りドラゴン近辺の作品に、
『グリンスヴァールの森の中』『王賊』『ウィザーズクライマー』などがありますが
その辺りの作品は勢いがあった頃だっただけに名作も多いのですが、
それでもその牙城を崩すのは難しかったのではと思います。

そして陰りが見え始めたのは2009年『DAISOUNAN』の時ですが、
あの作品は、人によっては「巣作りを超えたんじゃないか?」って言わしめた
『ウィザーズクライマー』の次の作品だっただけに
凄まじい衝撃があったのを私自身今も覚えています。
(私のみならず当時は一部で話題にもなった)。

そしてそれ以降、“まぁまぁ”か、あるいは“思わず首を傾げてしまうレベル”
の作品が混在する様になって、
いつからか、
――今回こそは頼む!
……っていう気持ちにすらなってしまっていた私がいましたね……。
これは過去の良作時代を知っているファンなら、
誰もが同じ様な気持ちになってしまっていたと思いますが、
それは最後まで覆る事はなかったのではないかと思います。

ソフトハウスキャラ グリンスヴァールの森の中
グリンスヴァールの森の中 成長する学園(第11作)
ソフトハウスキャラの良作と呼ばれている内の一つ。
学園経営SLG。
こちらも借りパクされていたものであったが、
プレミア化していたわけでもなかったのですぐ回収ができた作品だった。


ソフトハウスキャラ 王賊
王賊(第12作)
ソフトハウスキャラの良作と呼ばれている内の一つ。
ヘックスマップの戦略SLG。
この辺りの作品は今でも手軽に購入できる。


ソフトハウスキャラ DAISOUNAN
DAISOUNAN(第14作)
当時、――ソフトハウスキャラどうした!?
と誰もが感じた(と思われる)その最初の作品にして全ての始まり。
南国ドミニオンを彷彿とさせたが出来としては少々難があった。
個人的にはキャラや世界観は好きなので世間よりは甘めの評価。


ただソフトハウスキャラといえば
ゲーム性だけでなく、独特な掛け合いが魅力的な作品でもありまして、
ロベルト・カーロンを始めとするアクの強いモブキャラ達も
ソフトハウスキャラのゲームを形成する要素の一つでした。
それと、これは個人的にかもしれませんが、
全ての作品の世界観が繋がっている点も魅力的な要素の一つでしたね。
(後年、開発チームが二つになった為、
別チームの作品は世界観が繋がっていない……、かもしれない)。

例えば、4作目の『レベルジャスティス』の主人公とヒロインの子供が
24作目の『プラネットドラゴン』の主人公だったり、
1作目の『葵屋まっしぐら』に出てくるヒロインの娘達は、
その後さまざまな作品に登場し時にはヒロインになったりもしましたし。
ゲームをやる上では全く必要のない細かい部分の設定なんかも、
後の作品にチョロっと絡んできたりとか、知っていれば思わず楽しめる遊び要素とか、
なんかそういうのが凄い好きでしたね。

よくソフトハウスキャラは、ヒット作品のシステムをそのまま
使い続けていけば良いんじゃないかって言われていた事がありましたが、
恐らく巣作りのシステムをいつまでも使い続けたり、
当たりの作品だけをずっと流用していた様なメーカーであったのなら
私自身は見向きもしなくなっていたんじゃないかと思います。

毎回、色々な遊びを提供していたからこその魅力があったわけで、
微妙な作品でも新しいチャレンジをする発想とアイディアには
毎回脱帽していましたし、個人的にはそこが好きだった部分でありました。
……勿論、それがメーカー的に良かったかどうかは別問題ですけど。

とにもかくにも私が好きだったメーカーの1つが無くなってしまいました。
ゲームではなくメーカーで買うという事はほんと数えるぐらいなのですが、
その数少ない内の一つであったソフトハウスキャラが解散してしまったので
非常に残念です。
……ホント、こんなありきたりな言葉じゃおさまらないぐらいには……。

本当にソフトハウスキャラは私の人生の内、
5分の1ぐらいは何かしらかの影響を及ぼしていたんじゃないかと思います。
それゆえに、このまま終わるとは思いたくはないです。
いつの日かまた違う形で出会う事もきっとあると
私はそう信じています。

今まで本当にありがとうございました。
そして、お疲れさまでした……。

ソフトハウスキャラ 雪鬼屋温泉記
雪鬼屋温泉記(第17作)
温泉旅館を経営するSLG。
ちなみに私が発売日に買ったその最後の作品。
これ以降もちょくちょく買う事は買っていたが、
手が回らなくて最近では数年遅れで買う事もざらであった……。


ソフトハウスキャラ作品のレビュー


・No.244 PCゲーム『ブラウン通り三番目』レビュー


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 22:38 | Comment(0) | ゲームがツキマトウ我の日記 | 更新情報をチェックする
2020年02月28日

ロックマンコレクション完全体!


というわけで、
『ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション』
届きました!!

ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション

そしてこれをちょっと前に買った
『ロックマン&ロックマンX 5in1 スペシャルBOX』の特典を取り出して
空いたスペースに入れてあげると……、

全ロックマン コレクションBOX

ジャーン!!
コレクションが完全体となりました!!

『ロックマン クラシックス コレクション』
『ロックマン クラシックス コレクション2』
『ロックマンX アニバーサリー コレクション』
『ロックマンX アニバーサリー コレクション2』
『ロックマン11 運命の歯車!!』

に、
『ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション』
が追加された形になったわけです。

これで、すべてのロックマンが同一機種でいつでもどこでも遊び放題!

……あっ、いやすべてではなかったか。
あと、どこでも遊び放題ってわけでもなかったな……。

とにもかくにも何とも素晴らしい眺め!
こんだけあってお値段も安価なのがうれしいですね!

私、ゼクスは全くの未プレイなので今から楽しみなのですが、
クラコレやアニバーサリー、それにロックマン11もあるので、
ゼクスをやるまでまだまだ先になりそうではありますね。

今は無印とXシリーズを1からやっている最中ですが、
無印は4、Xも4までクリアしました。
無印シリーズは過去に全てクリアしていますが、
Xシリーズは未プレイも多いのでこちらもなかなか新鮮です。

……まずはこれら2つを頑張っていきたいですね!

ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション - PS4
カプコン (2020-02-27)
売り上げランキング: 52

にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 23:06 | Comment(0) | ゲームがツキマトウ我の日記 | 更新情報をチェックする
2020年01月07日

『ロックマン&ロックマンX 5in1 スペシャルBOX』で始まる新年。


あけましておめでとうございます。

今年の正月はのんびりまったりと
家でヌクヌクゲーム三昧だった管理人です。

例年だと艦これのイベントに翻弄されている時期であるんですけど、
今年はそれが無いのが凄い大きくて
思っていた以上にゆっくりと過ごす事ができました。
体感、倍ぐらいには正月を過ごした気分ですw

いやホント、食べるか寝るか以外は
殆どゲームでもしてたんじゃないでしょうかね。
それぐらいダラけた生活をしてましたわ。

で、ヌクヌクとゲーム三昧だったわけですけど、
具体的には、年末に買ったロックマンの5in1BOXをチビチビ進めてました。

5in1BOXというのは『ロックマン&ロックマンX 5in1 スペシャルBOX』の事ですが、
今まで発売されたロックマン関連のコレクションと
最新作の全てを含んだコレクションBOXなんですよね。
(なお、私はPS4版を買いましたがSwitch版もあります)。

BOXの内容物としては、

『ロックマン クラシックス コレクション』
『ロックマン クラシックス コレクション2』
『ロックマンX アニバーサリー コレクション』
『ロックマンX アニバーサリー コレクション2』
『ロックマン11 運命の歯車!!』


の上記5本のゲーム(あと特典)が含まれています。
クラコレは無印ロックマンのナンバリングタイトル1〜10を。
アニコレはXシリーズのナンバリングタイトル1〜8
それと最新作のロックマン11、これらが含まれたBOXとなります。

01161.jpg
5本に加えとりあえず元々持っていたアニコレ1+2も収納してみた図。

ご存知の通りこれらは、PS4とSwitchで単体で出ていたコレクションを
BOXにして発売したものですが、
実は『ロックマン クラシックス コレクション』だけは
日本だと初のパッケージ化になるんですよね。
PS4はダウンロード専用だったし、
Switchもセットじゃなければ売って無かった様なので……。

アニコレは両方ともディスク化されてたのでセットのパッケージを買ったんですけど、
クラコレは2だけパッケージなのも中途半端で嫌だったし、
どのみちゲーム自体は全部持っているので購入自体スルーしていました……。

で、この前プレイステーションの公式サイトで、
ロックマン5in1BOXが発売していた事を知って即購入してしまいましたw
値段もこれだけ入って1万円を切っていたので凄く良い買い物でしたよ!
まぁ正直、どうしてもBOXだとダブっちゃうから、
単体で出してくれや!って思わない事も無かったですけどね!
(関係ないけど、プレステの公式サイトは発売スケジュールを復活させるべき。
今後発売するゲームが直近しか分からないってのは不便すぎる!)

しかも、同梱のグッズを取り出せば、
2月に発売する『ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション』
収納する事も可能なんですぜ。
いやはや、恐れ入ったぜ……。
DSでコレクション持ってるのにまた買わなきゃいけないじゃないか!!

まあ、一つの機種でナンバリングの全てとゼロやゼクスが遊べるというのは、
それだけで素晴らしいのでどの道買うつもりではいたけどね……。
それにゼクスは未プレイだし、多少はね?
ただまた近い将来、
今度はワールドとかロクフォルを含んだ完全版とか出そうで恐いけどw

とりあえず正月中はそんなBOXからX4と無印の1〜3を遊んでましたね。
クラコレはデータベースから好きな時に自由にボスと戦えるのが良いですな。
子供の頃、ボス戦連チャンとか自由に戦いたかったものなので、
ようやく夢がかなったとw

ロックマン以外にも色々と積みゲーを遊んだり、
ストアなどのセールで買ったゲームを始めてみたりと、
やはり例年の正月以上にゲームをやりまくっていましたなぁ。。。

まあ、正月に限らず年がら年中ゲームしてますけど!!

てなわけで走り書きでしたが、今年のお正月はそんな感じでした。
本年もまったり更新していきますんで、
当、極東ゲームレビュー館をよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 23:19 | Comment(2) | ゲームがツキマトウ我の日記 | 更新情報をチェックする
2019年12月15日

今年も終わりが近づいたので購入したレトロゲーム関連の本を一気に紹介だぞぃ!


さて、今年も終わりが近づいたという事で、
まだ紹介していなかったレトロゲーム関連の本を幾つか紹介していきます。

なお、パーフェクトカタログ関連については
前回の記事で取り扱いましたのでそちらをご覧いただければ幸いです。

レトロゲーム本 まとめ

任天堂コンプリートガイド コンピュータゲーム編


まずトップバッターは、過去にも紹介した『任天堂コンプリートガイド』、
そのコンピューターゲーム編です。

任天堂コンプリートガイド コンピューターゲーム編

前は玩具編でしたが、今回は任天堂が過去に発売した
コンピューターゲームに特化した本です。

ファミコン、ゲームボーイ、スーパーファミコン、バーチャルボーイ、
NINTENDO64、ゲームボーイアドバンス、ゲームキューブ、
ニンテンドーDS、Wii
など、
過去の任天堂ハード(ファミコン以降)で
任天堂自身が出したゲームが色々紹介されていますね。

勿論、ディスクシステムなどの周辺機器のゲーム、
またDSiウェアなどの配信タイトルもカタログ形式で掲載されております。
正直、全部紹介されているかは分かりませんが、
200ページ以上に亘るボリュームとその掲載数は圧巻の一言。
一時代を気づいた任天堂ならではの歴史といえます。

またゲームだけではなく、周辺機器やらちょっとしたコラムなど、
見るべき所はとても多く任天堂好きやゲームファンなら
一見の価値があるのではないでしょうか。

レトロゲーム 一覧
ディスクシステムのソフトは勿論、

DSiウェア 一覧
DSiの配信タイトルも!

ハード毎のゲームカタログは色々出ていますが、
一企業が出したゲームの歴史に特化した本はなかなか無いので、
それだけでも面白かったです。

ゲームボーイコンプリートガイド


ゲームボーイコンプリートガイド

こちらは、ファミコンコンプリートガイドや、
PCエンジンコンプリートガイドと同じ所が出している本ですね。

ゲームボーイに特化したカタログ本ですが、
今まで発売したゲームボーイのソフトが全て掲載されています。
各タイトル毎にゲーム画面が幾つかと
パッケージ付きで紹介されており、全ページカラーなのも嬉しいです。

ゲームボーイカタログ ソフト
ゲームボーイのソフトを網羅!

ゲームボーイカタログ 本体
本体や周辺機器も!

ゲームボーイのカタログ本は過去にも色々出ていたので、
ちょっと買う際に悩みましたが、
コンプリートガイドシリーズは、手頃なサイズで読みやすく、
既に似た様な本を持っていても満足度は高かったです。

80年代AVGガイドブック


80年代AVGガイドブック

続きましては、80年代のアドベンチャーゲームに焦点を当てて紹介をしている一冊。
当時のパソコンやゲームハードで発売された35タイトルがセレクトされています。

こちらはカタログ本とは違いますが、
各ゲームを重点的に紹介しているので、
当時のゲームに触れた事のある人なら懐かしさに浸れるのではないでしょうか。
全ページカラーで1タイトルに付き3ページ紹介されています。

デゼニランドやらタイムトンネルといった当時のパソコンで発売されたゲームや、
ポートピア連続殺人事件サラダの国のトマト姫の様な
コンシューマにも移植された作品。
それにファミコン世代には懐かしいさんまの名探偵ファミコン探偵倶楽部
そんな80年代に発売されたアドベンチャーゲーム各種が紹介されております。

80年代AVGガイドブック ポートピア連続殺人事件
ファミコンにも移植された『ポートピア連続殺人事件』。

80年代AVGガイドブック コラム
ゲームの紹介以外にもコラムなんかも。

重点的に絞っている事もあって、
扱っているタイトルはやや少なく感じますが、
それでも読み物としてはゲーム画面付きで
色々紹介されているので面白いは面白かったです。

ただ、この時代のアドベンチャーに色々親しんできた人達にとっては、
物足りなさは感じるかもしれませんね。
やはり80年代のアドベンチャーといえば、
私でも当時のパソコン各種で発売されたゲームの紹介に期待する所が大きかったのですが、
コンシューマの比率(特にファミコン)も高かったので、
そこまで知らない作品があったわけでもありませんでした。

とはいえ、こういったコンシューマ以外の部分に
触れられる本自体が少ない為、それだけでも貴重といえるかもしれません。
デゼニランドやタイムトンネルなどは私でも知っていましたが、
そういったゲームに思い入れのある人は手にとってみるのも面白いかもしれませんね。

アーケード脱衣麻雀 美少女コレクション


アーケード脱衣麻雀 美少女コレクション

こちらはアーケードの脱衣麻雀を色々特集した一冊。

収録タイトル数は50と、多いのか少ないのかは個人的には分かりませんが、
全ページカラー、1タイトルに付き2ページを取り扱っており、
ゲーム画面は1ページ丸々以上使って掲載されているのが特徴です。
その為、文章量は少ないですが、
それを補って余りある満足度は得られるのではないでしょうか。

アーケード脱衣麻雀 一部
非18禁という珍しいゲームも。

コラムなどは個人的に面白かったですし、
コンシューマと違いアーケードの脱衣ゲームはなかなか触れる機会も無いので、
充分満足できました。

発売当初は、すぐ品切れになってAmazonなどでは高騰していましたが、
現在は値段も落ち着いたので、脱衣麻雀に興味のある人は
手に取ってみるのも一興かと。

レトロゲーム美少女グラフィティー


レトロゲーム美少女グラフィティー

こちらはゲームに登場する美少女キャラクターに重点を絞った
そんな作りになっている本です。

記事の書き方や構成こそ
前述の『アーケード脱衣麻雀 美少女コレクション』とソックリですが、
内容は全くの別物ですね。

ゲームの紹介ではなくキャラクター、
とりわけ美少女キャラクターの紹介という事ですので
これまでのとはちょっと趣向が違います。

キャラクターを紹介するという内容自体は、
昔、ユーゲーだったりその他書籍でも扱った事のある感じですが、
一冊の本として、レトロゲームの美少女キャラオンリーで紹介した本というのは
なかなかに珍しいかもしれません。

勿論、美少女キャラクターの紹介と言っても、
ギャルゲーからだけというわけではなく、
とにかく様々なハード、ジャンルのゲームからピックアップされている形式です。

例えば、ワンダーモモの神田桃だったり、ローリングサンダーのレイラだったりと、
レトロゲーム好きにはどこか懐かしいキャラクター達が色々紹介されておりますよ。

レトロゲーム美少女グラフィティー レイラ
レイラっていうとファミコンのレイラが印象的ですが、
ローリングサンダーもレイラでした。


ゲームを美少女キャラクターの観点から紹介するというのも面白いので、
個人的にはなかなかに満足できた本でした。
一つ難点をあげるとすれば、本自体の質があまり良くないといった所でしょうか。
カバーも付いていない為、個人で付けないとすぐにボロボロになりそうです。

とまあ、前回のパーフェクトカタログに引き続き、
レトロゲーム関連の本を紹介してきましたが、
ほんと今年は色々な本が出ました
(今年発売した物じゃないのも混じってたかもしれないけど)。
色々と出た反面、面白い本に出会う事ができたのは良かったけど、
反面、ブームに乗っただけの本とかも色々あって、
まさに玉石混淆という片鱗を味った今日この頃なのも正直な所。

そういった本は記事にはしていませんが、
自分自身が買って満足したと思った本もまだまだあるので、
その辺もいつか紹介できたらなと思います。
人によって好みもあるのでアレですが、
少しでも購入の際のお役に立ったのなら幸いです。

それではまたの機会に!

任天堂コンプリートガイド -コンピューターゲーム編-
山崎 功
主婦の友社
売り上げランキング: 116,408

ゲームボーイコンプリートガイド

主婦の友社
売り上げランキング: 13,671

80年代AVGガイドブック (G-MOOK)

ジーウォーク (2019-05-28)
売り上げランキング: 274,378

アーケード脱衣麻雀美少女コレクション (マイウェイムック)

マイウェイ出版 (2019-02-19)
売り上げランキング: 84,989


にほんブログ村 ゲームブログへ人気ブログランキングへブログ王ランキングへ
記事が気に入ったらクリックお願いします☆やる気に繋がりますデス。
posted by 二条ジョウ at 23:50 | Comment(0) | ゲームがツキマトウ我の日記 | 更新情報をチェックする